「 月別アーカイブ:2016年08月 」 一覧

流行り神PORTABLE 警視庁怪異事件ファイル レビューbyみなと

主人公は、怪事件に挑む警視庁の刑事。
基本的には、テキストと絵で読み進めるタイプの、ノベルゲーム。

たまごっちのぷちぷちおみせっち ごひーきに レビューbyとも

社会現象と化した、たまごっち。そのたまごっちのDSゲーム版で、おみせっちシリーズの第2弾。12種類のミニゲームが子どもから大人まで遊べる。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U レビューbyみなと

任天堂が誇るお祭り的対戦ゲーム、スマブラ。今回はその4作目をレビューします。

映画「龍が如く 劇場版」 レビューbyとも

プレイステーション2のゲームソフト『龍が如く』を実写映画化。監督は三池崇史。主なキャストは、北村一輝、岸谷五郎。

龍が如く2 HD EDITION レビューbyみなと

セガの極道ゲーム、龍が如く。今作はPS2で出た1と2をハイレゾ化しPS3版にしたもの。グラフィックを始め、様々な改良がくわえられており、トロフィーにも対応した。

龍が如く1&2 HD EDITION レビューbyとも

PS2用ゲームソフト『龍が如く』と『龍が如く2』を1つに移植し、HD化したソフト。長寿タイトルである「龍が如く」はここから始まる。1と2を同時レビューします。

DmC Devil May Cry(ディーエムシー デビルメイクライ) レビューbyみなと

シリーズは全くプレイしたことがなく、シリーズでの常識とか先入観とかなんもなし。ある意味純粋なレビューになるかと思います。

映画「さよなら歌舞伎町」 レビューbyとも

大胆なシーンもありのオムニバスストーリー。R15+ [15歳以上限定]です。監督は廣木隆一。主なキャストは、染谷将太、イ・ウンウ。

ロマンシング サ・ガ3 レビューbyみなと

今作は、俺がRPG好きになるきっかけとなったゲーム。詰みながら、やり直しながら、攻略本をあさりながら、何度も何度もプレイしました。

朧村正 レビューbyとも

Wii用「朧村正」に追加要素を加えたVITA版。和風の世界観が特徴的で、グラフィックの美しさが断トツ。そして、DLCの『角隠女地獄』に心奪われるのでした。

朧村正 レビューbyみなと

ヴァニラウェア開発の和風2DアクションRPG。ヴァニラウェアの作品は上質なグラフィックの評判が高く、今作はずっと気になっていました。そして、見事ハマるのでした。

映画「ラブ&ピース」 レビューbyとも

予告で「感じたことのない感動」と言っていたけれど、それは嘘ではなかった!監督は園子温。主演は長谷川博己。

大乱闘スマッシュブラザーズX レビューbyみなと

今回のレビューはスマブラX。存在も、評判も知ってはいたスマブラシリーズ。が、やったことはなかった。Wii版の今作が出るとき、Wii本体と同時購入しました。

ファンタジーライフLINK! レビューbyとも

王国兵士、傭兵、狩人、魔法使い、採掘師、木こり、釣り人、料理人、鍛冶屋、大工、裁縫師、錬金術師のライフ(職業)を変えながら、ストーリー、クエストをこなしていく。やりこみ要素もありで、飽きさせません。

コラム 「アドベンチャーゲーム」って何だい byみなと

2016/08/17   -コラム
 

アドベンチャーゲーム(ADV or AVG)というゲームジャンルがある。「アドベンチャー」は、「冒険」。冒険するゲームのことだろうか?考察していきます。

映画「JUNO/ジュノ」 レビューbyとも

16歳の高校生ジュノが想定外の妊娠をする。そして、ジュノはお腹の子を養子に出すことを決意する。監督はジェイソン・ライトマン。主演はエレン・ペイジ。

閃の軌跡Ⅰ&Ⅱ レビューbyみなと

日本ファルコムの英雄伝説・軌跡シリーズのひとつ。話的な繋がりもあり、ほぼ同システムなのでⅠ&Ⅱ同時レビューとします。

閃の軌跡Ⅰ&Ⅱ レビューbyとも

軌跡シリーズ。空の軌跡から始まり、零の軌跡、碧の軌跡(零のⅡ)、そして閃の軌跡。 ⅠとⅡを同時レビュー。

討鬼伝2 体験版 レビューbyみなと

討鬼伝極をクリアした勢いで、討鬼伝2の体験版もプレイ。キャラメイクの強化や武器の種類も増えた。そして、オープンワールド化。前作との違い、気になった点などをレビューします。

映画「リベリオン」 レビューbyとも

戦闘術「ガン=カタ」が魅力のB級映画。監督はカート・ウィマー。主演はクリスチャン・ベール。