ゲームレビュー

Art Styleシリーズ ORBITAL(オービタル) レビューbyみなと

2017/07/31

Art Styleシリーズ ORBITAL(オービタル)

Wiiウェア『オービタル』をレビューします。

『Art Style』シリーズは、DSiウェアとWiiウェアに展開されているゲームシリーズで、明確な「キャラクター」が存在せず、アーティスティックなビジュアルとサウンドが特徴。

元々ニンテンドーアドバンスで展開されていた『bit Generations』というゲームシリーズの1つで、今作はそのリメイクにあたる。

現在でも「Wiiショッピングチャンネル」にアクセスすれば購入可能。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2009年5月12日
発売元 任天堂
開発元 スキップ
ハード Wii
ジャンル アクション
CERO A(全年齢対象)
公式サイト Art Styleシリーズ ORBITAL
画像の出典 画像は全て上記サイトより引用
権利表記 ©2006-2009 Nintendo

 

ゲーム内容

ルールと操作方法

プレイヤーは「惑星」となり、「重力」と「反重力」を使い分け、ステージクリアを目指す。
自身の「惑星」は、同サイズの惑星(青い惑星)とぶつかることで吸収し、大きくなる。
自身より小さいサイズの惑星(灰色の惑星)とぶつかると吸収するが、自身は大きくならない。
自身より小さいサイズの惑星は、近くを通ることで自身の衛星(サテライト)にできる。
サテライトの数が多いとスコアが上がる。

自身より大きな惑星(赤い惑星)にぶつかると1ミスとなりライフが減る。
自身より大きな惑星の近くを通れば、その惑星のサテライトになり、軌道修正や調整に利用できる。
ブラックホールや巨大隕石など、避けるしかない障害も存在する。

Art Styleシリーズ ORBITAL(オービタル)

ある程度のサイズに成長すれば、ゴール惑星(黄金の惑星)とMOON(月)が出現する。
ゴール惑星をサテライトすればステージクリア。
先にMOONをサテライトしておけば、スコアが上がる。

・・・言っててやたらスケールの大きな話だと自分でも思うが、実際の操作はAで「重力」。Bで「反重力」を発生させるのみ。
ジャンルは「アクション」とあるが、パズル要素が強いゲーム。

 

良い点

独特な操作性・雰囲気

まさか、自身が「惑星」となるゲームがあるとは思わなかった。
「重力」と「反重力」を使い分けるという、単純かつ斬新な操作も魅力。

グラフィック的には簡素な作りだが、宇宙空間を漂う雰囲気はよく出ている。
BGMも、プレイの邪魔にならない程度に情緒がある。
月のサテライトに成功すると、しっとりとした曲が流れ、これまた良い雰囲気。

Art Styleシリーズ ORBITAL(オービタル)

 

なかなかのやり応え

単純なシステムだが、難易度はそこそこ高い。
サテライトした惑星の数でスコアは上下するし、良いスコアをねらう場合は戦略も問われる。
「重力」と「反重力」を交互に連続に発動すると、位置を保ちながらの浮遊「ホバリング」ができるので、そういった技術も駆使することになる。

ある条件を満たせば隠しステージが現れ、そこはかなりの高難度。

Art Styleシリーズ ORBITAL(オービタル)

 

不満点

飽きやすい

独特なゲームではあるが、どのステージもやることは変わらないため、飽きは来やすい。
ギミック も、配置の工夫はあるが種類は少ない。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 不明
シリーズのプレイ状況(みなと DSiウェア AQUARIO[アクアリオ]
DSiウェア PICOPICT[ピコピクト]
DSiウェア nalaku[ナラク]

 

総評

飽きは来やすいが、今作の醸しだすオーラは、他にはない魅力がある。
操作に関して難しいことは一つもなく、誰でもすぐに始めることができる。
攻略自体の何度は高めだが・・・。

全体評価   ★★★☆☆

シナリオ   ーーーーー
操 作 性  ★★★★☆
システム   ★★★☆☆
キャラクター ーーーーー
ビジュアル  ★★★☆☆
音   楽  ★★★★☆  

妻からもちょっと言わせてもらいます

雰囲気がとてもよく、好きなゲームの1つ。
ただ、自分でプレイするとなかなか難しく、上手くいかなかった為、夫のプレイを鑑賞して楽しんでいました。
音楽やSEも心地よいです。


↑当ブログの人気・イチオシ記事はこちら!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , , ,