ゲームレビュー

ファンタジーライフLINK! レビューbyとも

2017/08/02

ファンタジーライフ LINK

王国兵士、傭兵、狩人、魔法使い、採掘師、木こり、釣り人、料理人、鍛冶屋、大工、裁縫師、錬金術師の12のライフ(職業)を変えながら、ストーリー、クエストをこなしていく。

それぞれのライフにはランクがある。
ランクは、かけだし → いっぱし → うできき → たつじん → マスター → えいゆう → でんせつ → 神みならい → ゴッド。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2013年7月25日
発売元 レベルファイブ 
開発元 ブラウニーズ、ハ・ン・ド
ハード ニンテンドー3DSシリーズ
ジャンル RPG 
CERO A(全年齢対象)
公式サイト ファンタジーライフ リンク!
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの

 

ゲーム内容

やりこみ要素がかなり多い。
住民のクエストはもちろん、それぞれのライフ(職業)のランクを最高まであげようとするとかなり時間がかかる。

前作「ファンタジーライフ」からの変更点

前作「ファンタジーライフ」と今作「ファンタジーライフLINK!」の違いは、マルチプレイになっただけ、というレビューを見たことがあるが全くの嘘。

  • 追加ストーリー
  • 追加クエスト
  • 新マップ
  • 仲間やペットの追加
  • 新たな髪形やパーツ
  • アバターの変更(新しいマップの住人にお願いする。男女の変更はできない)
  • 新しい称号
  • 仲間の信頼度設定
  • 新たな場所の別荘購入可能
  • 新レシピ

など、ファンタジーライフで不便だなと思っていたことがLINKでは解消されている部分が多々あるのではないかと思う。
かといってファンタジーライフはプレイしていないので、実際のところは不明。

 

イメージイラスト

パッケージ等で使われているイメージイラストは天野喜孝さんが書いたもの。
しかし、アバターを始めとするキャラクター達は、もっとかわいい感じで描かれている。
天野さんの絵は、あくまでイメージイラスト。
天野さんの絵のキャラクターが動くわけではないです。

 

あいことば

公式サイト等で、家具などが入手できる「あいことば」が紹介されているので、集めたい方はどうぞ。

 

ゲームについて

クエスト重視か、ストーリー重視か

ストーリーよりもクエストやライフのレベル上げの方が楽しくて、ストーリーそっちのけでプレイしていた。
しかし途中でつまづいた。
ライフの試練の中に「スキルを(レベル)15まで極める」というとてもやっかいなものがあるのだが、これがなかなかクリアしない。
どんどん製作しなければならないし、材料は買ったり、拾ったり、 アイテムドロップ させたりしなければならないし、なにより、製作時のミニゲームが飽きる!!

仕方なく、ストーリーを重視にし、終わらせた。
そして、私は衝撃を受けた。
なんとストーリークリア後に発生するイベントで、「製作経験値特大UP」という効果を持つ、素晴らしいアイテムが、ランダムだが、ゲットできるのだ。

この「製作経験値特大UP」があればどうだろう。
約倍の経験値が入るではないか!!
今まで頑張ってきたのはなんだったのかと、膝をついたね。
ちなみに崖の神殿の女神像がくれるアイテムで、ゴールドマ―ズコイン10枚くらい使って、やっと出た。
なので、さっさとストーリー進めるのがオススメ。

 

ライフを極めるコツ

ライフを早々と極めるには、夜、とあるしゃべる辞書にパラメータをリセットしてもらい、そのライフに特化したパラメータの割り振りをするといい。
ちなみに「うん」は攻撃時のクリティカルや、製作時の完成度に関わるので、ライフによっては高めたいところ。

この素敵なパラメーターリセット、何度も行いたいところですが、お金がかかる。
そこで登場、ロイヤルパス。
ロイヤルパスは300円の追加コンツテンツで、パラメーターリセット料金無料、アバター作り変え無料、交通費、宿代も無料と素敵コンテンツなのだ。

 

集めることに苦労したもの

意外と釣りで苦労した。
まず魔王コイが全然釣れなかった。
2匹必要なのだが、まったくヒットなし。
釣っては寝て、釣っては寝ての繰り返し。
初めて釣れた時は感動したが、もう一匹釣らなければならないと思い、落ち込んだ。
なお、ダルスモルス郊外の中央の池で釣れる。

あと、レイトウマグロ。
山頂の池にいるのだが、そこまで歩いて行くのが面倒だった。
王国兵士やパイロットに頼めばキリタチ山まで運んでくれるのだが、山のふもと止まり。
馬も、ふもとまでなので、そこからは徒歩(ダッシュ)。
歩き続け、やっと山頂にたどりついても、ノーマルの黒い魚影しかいないというパターンばかりだった。

 

良い点

自由

なにやっても自由!!
ストーリー進めても、クエストやっても、ランク極めようともよし!!ってのがいい。

 

アバターがいい

追加コンツテンツでさらにパーツは増えるそうですが、細かく設定できるし、パーツやボイスの種類も豊富。
お気に入りのアバターが必ずできると思います。
なお、アバターを変更するにはハッピーボーナスで解放する必要があります。

 

魚拓などの模様替え

大きい魚は魚拓が取れ、部屋に飾れる。
模様替えもでき、自分で製作したもの、購入したもの、もらったものなど、自由に飾れる。
ファンタジーライフLINK!

 

ペット

ペットが飼え、ペットも戦闘員の一員なのがいい。
レベルアップも信頼度も他のキャラクター同様あります。
なお、ペットは最大3匹所有でき、犬、猫、鳥、ドラゴン(子)の4種類。

ファンタジーライフLINK!

私の愛鳥の名はアギダインとザンダイン。愛猫はブフダイン。

 

その他の良い点

  • レベルファイブにしてはストーリーがよかったと思う(笑)
  • ワープ機能がいい。マスターの所、ライフギルド、自宅、別荘へは一発で飛べる。
  • 会話(セリフ)のセンスが光る。
  • 製作時、失敗して途中であきらめても、素材が減らない。

 

不満点

愛馬の不便さ

チョウチョにハッピーチェックで愛馬をもてるようになるのだが、どうせなら、笛のひと吹きで、馬がやってくる方がとっても楽だったなぁと思う。
そんな追加コンツテンツがあったなら、即買ってたな。
あと、馬は敵の攻撃があたると帰ってしまう。
また、街、山、ダンジョン等、入れない場所がある。

ファンタジーライフLINK!

私の愛馬。その名も、はっそうはっぱ(八相発破)

 

地図が見にくい

拡大地図ではないので、よくわからない。
新マップでは、何度歩いてもよくわからないままでした。
ファンタジーライフLINK!

 

製作時の作業感がある

まぁ、製作しているんだから、作業感があって、リアルでいいかもしれませんが、ランクが「でんせつ」になっても、製作オートスキルが5止まりなのは、いかがなものかと。

ファンタジーライフLINK!
Aボタンを長押ししたり、連打したり、リズムよく押したりして製作していく。

ファンタジーライフLINK!
ある程度レベルがあがるとできるようになる自動オート作成。
左にある浮いている黄色い球を取ったり、製作時のポイントで右下の自動オートのポイントがたまっていく。

ファンタジーライフLINK!
完成。レベルが高いものになると、それだけ製作に時間がかかる。

 

ダッシュ機能

ダッシュを使うとSPが減る。ダッシュのスキルが上がると、減りにくくなるけれども、最初の頃は苦労した。
ちなみに追加コンツテンツでSPが減らないアイテムがありますが、それを追加コンテンツにしますか・・・という感じ。

 

ポケットの不便さ

回復薬等をポケットに入れておくと、すぐ使えるのですが、薬の画像しかないため、どの薬がなんなのか、覚えなくてはいけない。

 

わかりにくいキャラの居場所

魚拓をしてくれるキャラ・クチビルユリオが、どこにいるのかわかりにくい。
地図にアイテムを売ってくれる人のアイコンが出る人と出ない人がいて、わかりにくい。
まさか動物からアイテムを買うことになるとは思わず、中盤まで、気がつきませんでした。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード版
プレイ時間 112時間
購入した追加コンテンツ ロイヤルパス(300円) 
購入した関連本 ファンタジーライフ 公認 充実ライフコンプリートガイド
シリーズのプレイ状況(とも なし

 

総評

プレイ中はかなりハマり、夢中でプレイしていました。
ものすごく楽しかった。
大変なことでも楽しくプレイしていた。
でも、作業ゲーになった途端、熱が冷め、その後プレイしていません。
まだまだやり込み要素が残っていることは、わかっているのですが、私はもう十分楽しみました。

ちなみに狩人と釣り人が好きでした。
狩人は遠くから弓で攻撃するので、仲間に近距離攻撃をしてもらって、自分は遠くでぬくぬくと弓攻撃ができるので、かなりやりやすかった。
釣り人は、釣り自体好きだし、ランクを上げやすかったので。

ファンタジーライフLINK!

全体評価   ★★★☆☆

シナリオ   ★★★☆☆
操作性    ★★★☆☆
システム   ★★★☆☆
キャラクター ★★★★☆
ビジュアル  ★★★★☆
音 楽    ★★★☆☆


↑当ブログの人気・イチオシ記事はこちら!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, ,