体験版レビュー

世界一長い5分間 体験版 レビューbyとも

2017/11/07

世界一長い5分間

ラスボスである魔王と、これから戦おうとする、その時に、突如として、主人公バックの思い出(記憶)が喪失。
幼馴染でもある、仲間に導かれ、少しの思い出を思い出す。
しかし、完全には思い出せない。
魔王と戦う5分間で、過去の思い出を少しずつ思い出す、というストーリー。 

世界一長い5分間

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

製品版発売日 16年7月28日
体験版配信日 16年7月7日[PSストア]
発売元 日本一ソフトウェア
開発元 日本一ソフトウェア
ハード PS VITA
ジャンル アドベンチャーRPG
CERO B(12才以上対象)
公式サイト 世界一長い5分間
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
体験版のボリューム 20分ほど遊べる
体験版でプレイできる回数 無制限
PSストアのページ 世界一長い5分間(PS VITA)

 

感想とゲーム内容

ドット絵と会話

かわいい ドット絵 が特徴。
またキャラクターの動きもかわいい。
会話もコミカルでいい。
『mother』シリーズを思い出しました。
ただ、このドット絵が、吉と出るか凶と出るかは、人それぞれだと思います。

世界一長い5分間

 

コンセプトとアイディア

コンセプトとアイディアが、とても良いと思います。
まさか、冒頭にラスボスとは。意表を突かれました。

世界一長い5分間

 

思い出チャプター

思い出(記憶)がチャプターとなり、自由に行き来できます。
なので、やり残したことなどを、もう一度過去に戻ってやり直すということができます。

しかし、過去の思い出のできごとなので、装備やお金などは引き継がれません。
ゼルダの冒険 ムジュラの仮面』に似ています。

世界一長い5分間

 

操作

  • スティックで動かすよりも十字ボタンで、操作した方がやりやすい。
     
  • 画面タッチはできない。
     
  • 会話のスキップ機能はあるが、Rボタンを押している間のみ。
     
  • 戦闘のオート機能があるのでサクサクいく。しかし、ボタン一発でオート機能にはならない。
     
  • テキスト表示速度が「はやい」を選択しても、そこそこ早くなるだけ。
     
  • 体験版にチュートリアルはない。もしかしたら、製品版にもないのかもしれない。

住民がヒントをくれます。
また自分で電子説明書を読んだ方がいいと思います。

 

エンカウント率

思い出の中で、敵と戦うことになります。
このエンカウント率が高い。
勇者一行(主人公たち)は、そんなに弱くないので、楽勝なのですが、エンカウント率が高いということは、なかなか進まないということ。

しかし、途中、エンカウント率をゼロにできる魔法を覚えるらしいので、それでかなり楽になるかと思います。

世界一長い5分間

 

クエストやミニゲーム

やり込み要素である、クエストもあります。
またミニゲームもあるそうです。

世界一長い5分間

 

まとめ

タイトルだけ見ておもしろそうと思い、体験版をプレイしてみました。
なにも知らなかったので、「このゲームは、ダウンロードソフトだろうなぁ。1000円くらいかなぁ」と思っていたら、パッケージ版で4,298円もする。
んー、これは高い気がする。

アイディアもいいし、思い出間を行き来して強くなるなんて、おもしろそうです。
しかしRPGとしての要素が薄い気がします。

例えば、仲間を探しながらの旅や、アイテム収集などの醍醐味を味わえなくて、物足りなさを感じます。
通常のRPGに飽きてしまった人にとっては、方向性が違うのでいいかもしれません。
しかし、ガツガツなRPG好きな人にとっては、単調で、ダメかもしれません。
人を選びそうです。

PSストアのページはこちら
→ 世界一長い5分間(PS VITA)

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-体験版レビュー
-, ,