ゲームレビュー

月英学園 -kou- レビューbyみなと

月英学園

今日のレビューはこちら、『月英学園 -kou-』。
17年8月のフリープレイで配信された、アークシステムワークス製のアドベンチャーゲームです。

テキストと絵で読み進め、選択肢によりエンディングが分岐するタイプの、いわゆる「ビジュアルノベル」に当たります。

原作は、なんと声優の杉田智和さん。
彼が所属する同人サークルの作品を、家庭用ゲーム機用に移植したもの。
音楽は伊藤賢治さんです。

2015年には、PC版も発売されています。

極力ネタバレなしで、レビューいってみます。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2013年10月10日
発売元 アークシステムワークス
開発元 アークシステムワークス
ハード PS VITA
ジャンル 学園伝奇アドベンチャー
CERO C(15才以上対象)
公式サイト 月英学園 -kou-
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
PSストアのページ 月英学園 -kou-

 

ゲーム内容

月英学園

主人公・遠山浩は、桃生町(ももうちょう)の「月英学園」に転校した。

この桃生町では、夜になると鬼のような異形の怪物「ハザード」が現れる。
月英学園の生徒会は、それぞれが異能力を持ち、この「ハザード」と戦う。

遠山浩は、この生徒会やハザードと関わりながら、この町の謎にせまる。

 

システム・操作方法

月英学園

システムは、オーソドックスな「ビジュアルノベル」と同様。
「バックログ」や「オートリード」、「スキップ」などが可能。

月英学園

今作はVITAのタッチスクリーン操作にも対応していて、

  • 画面タップで「メッセージ送り」
  • 横フリックで「システムメニュー」
  • 縦フリックで「バックログ」
  • 「メニュー」や「バックログ」画面から、ゲーム画面に戻るには、横フリック

月英学園

バックログ画面では、そのセリフの音声を再生できる他、戻りたいシーンからゲームを再開できる「シーンバック」も可能。

ここもタッチ操作が可能で、

  • 再生したいセリフをダブルタップで、セリフ再生
  • 戻りたいセリフを長押しで、「シーンバック」

 

エンディング分岐

今作は、途中途中の選択肢によって、エンディングが分岐する。

各キャラクターがメインのエンディングが、8つ。
それらを全て見ると、タイトルの「はじめから」に新たなエピソードが現れる。

そのエピソードをクリアすると、また「はじめから」に最後のエピソードが現れる。

 

良い点

動きのあるアクションシーン

月英学園

絵と文章のみで進めるタイプのゲームだが、恋愛やギャグより戦闘シーンが多め。

でも「紙芝居」っぽさは少なく、動きやエフェクトを多用した「迫力のあるシーン」になっている。
アニメや3Dモデリングを用いずに、可能な限りアクションを魅せる工夫をされているようで、良い。

 

超豪華声優陣

声優の杉田智和さんが関わっているからか、今作の声優陣はとても豪華。

参考までに、今作に登場する声優さんを全員挙げておきます。
ネタバレを避けるため、役名は伏せます。
エンドロール順です。(敬称略)

  • 早見沙織
  • 細谷佳正
  • 中村悠一
  • 悠木碧
  • 茅野愛衣
  • ゆかな
  • 石田彰
  • 坂口大助
  • 安元洋貴
  • 丹下桜
  • 佐藤利奈
  • 中井和哉
  • 石川界人
  • 山口立花子
  • KENN
  • 沢城みゆき
  • 桑島紀子
  • 杉田智和
  • 山本匠馬
  • 銀河万丈
  • 鍋井まき子
  • 中田譲治
  • 津田美波
  • 内田真礼
  • 高森奈津美
  • 田中敦子
  • 井上喜久子
  • 竹内良太
  • 伊智生士冶
  • 宮内敦士
  • 江川大輔
  • 小野友樹
  • 潘めぐみ
  • 木村昴
  • 近藤浩徳
  • 加藤美佐
  • 青木瑠璃子
  • 岩崎諒太
  • 原英士
  • アジルス
  • マフィア梶田
  • 碓氷剛史

どうでしょう、知っている名前がけっこうあるのでは?

その使い方も贅沢。
中井和哉さんは、ほとんどまともに喋らないキャラだし、潘めぐみさんなんて名前もない生徒。ペガ・・・。

 

充実したライブラリ

月英学園

  • タイトル画面で「開放の間」を選択すると、ライブラリを閲覧できる
  • ゲーム中のCG鑑賞、BGM鑑賞はもちろん、各キャラクターのプロフィールも分かる
  • 本編クリア後なら、各キャラクターを担当された声優さんのメッセージも聞ける

 

不満点

やや強引なシナリオ

月英学園

読み進めていく毎に、小さな「矛盾」がちょいちょい見られ、気になってくる。
「こっちのエピソードと、あっちのエピソードでは言っていることが違う」という部分もある。

「演出重視」で設定的におかしいところ、うまく繋がらないところもあり、プレイ中はかなりモヤモヤした。

しかし、最終エピソードで、その矛盾はほとんど解決する。

けれど、その解決もけっこう無理矢理。
「どんな問題でも説明できてしまう万能の設定」であり、強引さはいなめない。

最終エピソード以外のエンディングは、ほぼ全て「謎を残したバッドエンド」なので、最終エピソードを読むことでスッキリはする。
今作を始めたのなら、最後までプレイすることを強く勧める。

 

長い・テンポが悪い

月英学園

今作をトロコンしたプレイ時間は、38時間。
この手のジャンルのゲームとしては、長い部類に入ると思う。

複数のエンディングをこなすことで「真エンディング」へ行けることを考えると、当然の長さではある。
まぁ、「これ必要か?」というエピソードもあったけど・・・。

ただ、シーン毎にエフェクト等が用いられているためか、「スキップ機能」のスピードが遅め。
プレイ時間の38時間の内、2~3時間は「既読スキップ」での放置時間に取られているかと思われる。

他にも、「バックログ」や「メニュー」を開いた時のノイズの演出など、細かいところでテンポの悪さがみられる。

 

モノローグ?

月英学園

主人公のセリフは、黄色い文字で表示される。
主人公以外のセリフは、白い文字。
モノローグは、灰色の文字。

これ、ちょっとわかりづらい。
しかも、主人公・浩のモノローグは、「それ、しゃべってんじゃないの?」というのが多い。

心の中で突っ込みすぎ。
浩のセリフにボイスが入ってたり、入ってなかったりする点も、わかりづらさに拍車をかけている。

 

プロフィールの情報が音声のみ

月英学園

「開放の間」で閲覧できる、各キャラクターの「プロフィール」。

この内容は、全てそのキャラクターが「しゃべって」伝えてくる。
文章では表されない。

キャラクターの個性がよく出る手法ではあるけど、テキストとして出てくれないと分からんでしょ。
キャラクターによってはボソボソと小さい声でしゃべるので、ホント何言っているか分からない。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード版
プレイ時間 38時間 
トロフィー 状況 100% 
トロコン 難易度 簡単

 

総評

月英学園

突っ込みどころは多々ありましたが、なんだかんだ上手くまとまっていた印象です。
それぞれのキャラクターも個性的で、話の展開の仕方が良く、先が気になりました。

主人公も好感が持てるキャラ。
この手のゲームの場合、主人公の魅力が特に大事です。個人的には。

女性キャラでは、「麻生さつき」がお気に入り。
後方支援サポートだけど、使い方次第では強力。
彼女のエピソードも好き。
巨乳だし。

逆に苦手なのは「執行律」。
年齢以上に幼いキャラは、苦手なんです。
乱暴で一方的な点も、マイナス。

そうそう、参加声優の中に「マフィア梶田」さんがいます。
『メガテン』好きで、アトラス関連の生放送等でよく見かけますが、ライターなんですよね。
作中、彼にそっくりのキャラが出てきますが、声優さんは別の方・安元洋貴さんです。
安元さんいわく、梶田さんは「フリー素材」らしいですね。

月英学園

本編をクリアすると、プロフィール画面でトレードマークの「色メガネ」をかけさせることもできます。
この時だけのお遊び要素です。
なにやってんだかー。

ちなみにマフィア梶田さんは、特に名前のない男子生徒役です。

PSストアのページはこちら
→ 月英学園 -kou-

全体評価   ★★★☆☆

シナリオ   ★★★☆☆
操作性    ★★☆☆☆
システム   ★★★☆☆
キャラクター ★★★★☆
ビジュアル  ★★★☆☆
音  楽   ★★★★☆


↑当ブログの人気・イチオシ記事はこちら!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , ,