ゲームレビュー

サクッと!勇者食堂 レビューbyとも

2017/05/04

概要 

【発売日】2016年9月2日
【発売元】任天堂
【開発元】プロペ
【ハード】ニンテンドー3DSシリーズ
【ジャンル】食堂経営シミュレーション
CERO】 A(全年齢対象)
【公式サイト】https://www.nintendo.co.jp/3ds/hardware/miiplaza/yushashokudo/
画像はハード本体のスクリーンショット機能で撮影したものと、公式サイトから引用。

先日の当ブログの「ニンテンドーダイレクト 2016.9.1にて気になったゲーム」でも書いた、ニンテンドー3DSの本体内蔵ソフト「すれちがいMii広場」のあそび、第三弾。

どちらかを無料でダウンロードできる『サクッと!スロットカー』と『サクッと!株トレーダー』のレビューは既に書いたとおり。

無料分をダウンロード後、残りの4本の「あそび」をまとめて買うと、税込1200円のところ、900円で購入できるということで、購入。
今回は『サクッと!勇者食堂』をレビューしていきたいと思います。
なお、まとめ買いの購入方法は「まとめ買いの方法」に記述しています。
加えて、ゲームをプレイするには「すれちがいMii広場」を更新する必要があります。

 

スポンサーリンク

記事下広告1

ゲーム内容

すれちがいMii広場、初期のあそびの「すれちがい伝説」と同じ世界にある食堂が舞台。
勇者たちが持参した食材で料理を作って、振る舞う。
お腹を満たした勇者たちは、王様を助けるべく、奮闘する。

サクッと!勇者食堂

すれ違った人、もしくは歩数で稼ぐ「 ゲームコイン 」2枚ですれ違った人を呼び出す、の2つの方法で、そのすれ違った人「勇者」から、食材をもらう。
その、もらった食材で料理を作ることになる。
勇者の注文が表示され、その注文通りの料理を作ると良い。
この注文は一度だけ別の注文に変えることができる。が、変えた料理は、当然勇者の第一希望ではない。
調理自体は、所持している食材から適したものを選び、確定するだけで料理が完成する。
何人勇者が来ようと、料理は一回で全員分同じものを作る。
余った食材は冷蔵庫に。
[16年9月18日追記]
タイトル画面、もしくは、料理研究画面で、右下の『冷蔵庫』またはXボタンで食材の入れ替えが可能。
なお、冷蔵庫から食材があふれている場合に限り、使える。

 

勇者新聞

料理を食べた勇者達は冒険に出かけ、その成果は「勇者新聞」で知らされる。
振る舞った料理の出来や、欲しかった料理かどうかや、勇者の人数等によって、この成果は上下する。
新聞には料理に対するレビューも書いてある。

サクッと!勇者食堂

 

料理研究

勇者新聞を読んだ後は、自動で夜になり、次にすれちがうまで( ゲームコイン で呼び出すまで)、閉店中。
この閉店時間を利用し、「料理研究」が可能。

「料理研究」では、残っている食材と、ゲームコインを使うことで得られる食材を用いて料理を研究する。

  • 注文料理をつくる
    日中、希望通りの料理を振る舞えなかった場合、トライできる。
  • 自由につくる
    所持している食材から、何でもいいから組み合わせ、新しい料理を作る。
  • 目指せ!絶品料理
    持っているレシピにアレンジを加えて絶品料理にする。
  • 食材を追加する
    ゲームコイン2枚で食材を1個、もしくは、ゲームコインを使用しストックが満たされるまでランダムで追加する。

以上4点ができる。

日中でも夜でも、作った料理はレシピ帳に書き記されている。
なお、食材は12種類、レシピは150種類。

サクッと!勇者食堂

 

余っている食材

冷蔵庫に入らず、黄色い台に置かれている食材は、開店すると、一晩経過したことになり、食材が腐ってしまう。
なので、余っていたら、どんどん料理を作るといい。

サクッと!勇者食堂

上の銀色が冷蔵庫、下の黄色が台。

 

良い点

手軽にプレイ

今回も「サクッと」というだけあって、数分で終わる。
チュートリアルもあっという間。
料理研究
などのやりこみ要素は、時間がある時でいいんです。
毎日、たくさんの人とすれちがって処理が追いつかないという方に第三弾のあそびはピッタリです。

 

まとめて呼び出し

ゲームコイン を使って、たくさんの勇者を呼ぶ時、ちまちまと1人ずつ呼び出すより、まとめて呼び出したい!」という声に応えてあります。
最大10人(ゲームコイン20枚分)、一気に呼び出せます。
また「料理研究」の際、食材も一気に追加できます。
最大15個(ゲームコイン30枚分)。

 

料理レシピのゆるさ

なかなか、でたらめ料理をつくることが出来ない。
なぜなら、レシピ1つ1つ、利用する食材の許容範囲が大きく、ちゃんとなにかしらの料理になるから。

例えば、「ギョウザ」は12種類の食材中、必須の食材が2種類、使ってはいけない食材が3種類。残りの7種類は自由に使っていい。
「料理研究」の「自由につくる」の際に、どんな組み合わせでも大体料理が完成する。

必須の食材がわかっても、もちろん難しいレシピもある「サーモンシチュー」は12種類の食材中、必須の食材が3種類、使ってはいけない食材が5種類。残りの4種類は自由に使っていい。

サクッと!勇者食堂

でたらめ料理

 

不満点

レシピ帳

すでに完成レシピが80種類近くあり、「え?そんなに作っていないよ」と思いました。
「ライス」や「パン」などの1つの食材しか使用しないもの、「豚&トマトディッシュ」など、2つの食材しか使用しないものがすでに登録済みでした。
そういう簡単なレシピも自分で発掘したかったのに、残念です。

またレシピ帳には「完成レシピ」「研究中レシピ」「登録済みレシピ」「すべて」の4つのカテゴリーが分かれているのですが、「登録済みレシピ」がなぜあるのかわかりませんでした。

 

やりこみ要素

やりこみ要素としては、「すべてのレシピ開放」ですが、レシピは150種類しかないように見えます。
上述した通り、80種類近くはレシピが開放済みなので、残り、約70種類。
人によっては多く感じるかもしれませんが、私たちにとっては少なく感じました。

 

注文変更時の落とし穴

注文後、注文された料理をタッチすると、レシピの確認ができる。
その時に、「オーダーをへんこうする」ことが出来るのだが、それを押してしまうと、別の料理に変更されてしまい、元に戻らず、注文された料理をすることができない。

変更前に戻れる、もしくは、「変更後、元の料理はできない」ということを教えてほしかった。

 

ゲームコインの使用頻度

このゲームは、勇者を呼び出す際に1人2枚の ゲームコイン の消費がある。
(すれちがった人がいるならば、もちろん消費はない。)
さらに料理研究で、食材を追加できるのだが、その際にも1つの食材に2枚のゲームコインの消費がある。
なお、これはすれちがった人は関係がないので、必然的にゲームコインを消費することになる。
勇者を呼び出す際のゲームコイン2枚は納得できるが、食材1つにも2枚のゲームコイン消費は多くないだろうか。
食材1つにゲームコイン1枚なら納得できたのに。

 

総評

第三弾の中で一番面白そうだなと思っていました。
しかし、すれちがう頻度が低いし、他の第三弾のあそびも購入した私たちにとっては、このゲームはちと辛い。
ゲームコイン がどんどん減っていくからね。
なので、このゲームは人を選びそうです。
自分の環境にあっているなら、いいと思いますが・・・。

【ソウトウェア】ダウンロード
【プレイ時間】料理8回(16年9月11日時点)
【シリーズのプレイ状況】
 ピースあつめの旅
 すれちがい伝説
 すれちがい伝説Ⅱ
 すれちがい迷宮(第一弾)
 すれちがいゾンビ(第二弾)
 クッと!スロットカー(第三弾)
 サクッと!株トレーダー(第三弾)
 サクッと!大砲忍者(第三弾)
 サクッと!探検隊(第三弾)

全体評価   ★★★☆☆    

シナリオ   ーーーーー   
操 作 性  ★★★★☆ 
システム   ★★★☆☆
キャラクター ーーーーー
ビジュアル  ★★★☆☆
音   楽  ★★☆☆☆

まとめ買いの方法

広場の下画面の第3弾と書かれたウサギの穴を選択。
するとウサギが話してかけてくるのだが、「サクッと買う」を選択すると「まとめ買いもできます」とウサギが言ってくるので、それを選択。

 

-ゲームレビュー
-, , , ,