ゲームレビュー

イラロジVOW レビューbyとも

2017/07/31

縦と横の数字をヒントにイラストを完成させるパズルゲーム。
白黒の問題はもちろん、カラーの問題もある。
難易度は全体的に高い。
セーブはオートセーブで、途中保存もできる。
問題数は300問。
内訳はこちら
→ 問題数の内訳

また、1本のソフトで4人まで通信対戦が可能。
同じ問題を解き、誰が一番早く解けるかを競争できる。

『VOW』とのコラボで、イラロジを解くと「VOWネタ」が見られる。
1問につき1つの「VOWネタ」が見られるので、全て解くと300個の「VOWネタ」が見られる。
『VOW』とは、宝島社発行の「街で見つけたヘンなもの、や、おもしろい誤植」などの投稿写真を紹介した書籍のこと。
約20年の歴史から厳選した「VOWネタ」が収録されている。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2007年5月22日
発売元 フロム・ソフトウェア
開発元 不明
ハード ニンテンドーDSシリーズ
ジャンル パズルゲーム
CERO A(全年齢対象)
公式サイト イラロジVOW(フロム・ソフトウェア)
イラロジVOW(任天堂)
画像の出典 画像は全て上記サイトより引用
権利表記 ©Conceptis Puzzles ©2007 Shockwave Entertainment, Inc. All rights reserved.  ©2007 TAKARAJIMASHA, Inc.  ©2007 FromSoftware, Inc.

 

操作方法

問題時の操作は、ボタン操作、 タッチペン 操作どちらでも可能。
問題時の操作方法をまとめておく。

ボタン操作

  • 十字ボタン → カーソルの移動
  • Aボタン → マスを塗る
  • Bボタン → マスを空白にする
  • Xボタン → 「×」を書く
  • Yボタン → フィールドの切り替え
  • LRボタン → カラー時、色の切り替え

タッチペン操作

タッチペン で、パレットにある、「塗る」「×」「消す」、カラー時は色を選択して、マスを塗っていく。
何度も同じマスをタッチすると、「塗る → × → 消す」をループする。

 

問題数の内訳

  [15×15] [20×20] [25×25]
初級 モノクロ 33 22
初級 カラー 39 6
中級 モノクロ 42 3
中級 カラー 55
上級 モノクロ 35
上級 カラー 6 59

 

良い点

難易度

難易度は全体的に高め。
初級の問題でも詰まりそうになる。
高難易度の問題を求めていたので、今作はうってつけだった。
しかし、ヒントがない為、イラロジやピクロス初心者には厳しいと思われる。

 

戻るボタン

間違ったら、戻るボタンがオススメ。
最大100回前まで戻れます。
なお、戻り過ぎたら、進むボタンで。

 

カラー問題

イラロジゲームは多々発売されているが、カラー問題が収録されているのは、少ないと思われる。
なので、カラー問題が収録されているということだけで、貴重である。

イラロジVOW

 

VOW

解くと見られるVOWネタもおもしろい。
また、つっこみコメントもおもしろい。

イラロジVOW

 

不満点

小さい

20×20でも小さいと感じるのに、25×25ともなると、かなりの小ささ。
縦と横の位置を見間違えたり、書き間違えたりする。
また数字も見にくく、目が痛い。

イラロジVOW

 

壁紙によっては

壁紙が10種類から選べる。
しかし壁紙によっては、5マス毎に引いてある「色の違うグリッド線」が影響し、見にくくなる。
つまり、マスの色と、グリッド線の色が同じで、同化してしまうのだ。
グリッド線は、見にくくならないような色で統一してほしかった。

 

プレイ状況

ソフトウェア パッケージ版
プレイ時間 不明
クリア状況 全問クリア済み

 

総評

姉妹品として数独の『ナンプレVOW』もDSで販売しています。
ちなみにそちらは未プレイ。

今作は、本当に難易度が高いので、高難易度のを求めている方にぴったりだと思います。
ただし、マスが小さい為、目を酷使する可能性も否定できず・・・。
できれば、本体はLLサイズのものでプレイすることをオススメします。

全体評価   ★★★☆☆

シナリオ   -----
操作性    ★★☆☆☆
システム   ★★★☆☆
キャラクター -----
ビジュアル  ★★★☆☆
音  楽   -----(BGMをオフにしている為評価しない)


↑当ブログの人気・イチオシ記事はこちら!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, ,