ゲームの旅路

特集:帽子の国「カブロン」/ 旅行ブログ『マリキャとみー』【スーパーマリオ オデッセイ】

2017/11/22

マリキャとみー

初めまして、旅行ブログ『マリキャとみー』です。
みなさまに、旅行気分を味わってもらおうと企画、立ち上げました。

旅行ブログ『マリキャトミー』シリーズ

取材はマリオ、キャッピー。
レポートはともみなとが担当します。

それぞれの頭文字をとって、『マリキャとみー』です。

『マリキャとみー』が解散するまでは、定期的に更新していきますね。

え?もう解散話あるの?

うるさいよ。

さて、今回の特集は、帽子の国「カブロン」
取材班の1人・キャッピーの地元とのこと。
取材がはかどりそうですね。

画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したものです。
『スーパーマリオ オデッセイ』公式サイトはこちら
→ 『スーパーマリオ オデッセイ』公式サイト

スポンサーリンク

記事下広告1

帽子の国「カブロン」概要

人口 中規模
面積 狭い
民族 カブロン人
通貨 帽子型
産業 帽子、造船
気温 平均22度

 

カブロン人

この国に住む、カブロン人。
男性と女性でかぶっている帽子が違います。

一見、オバケのようで怖そうですが、紳士淑女の国ですので、気軽に話しかけて大丈夫です。

 

通貨(ローカルコイン)

この国の通貨は帽子型。
あちこちに隠されています。
ご自由に取っていいとのことなので、遠慮せずにいただきましょう。

1人50枚まで、集めていいそうです。

 

衣装

帽子の国「カブロン」で手に入れることができる衣装。
その名も「紳士服」
取材班の1人・マリオが着てみました。
なかなか似合います。
女性が着てもかっこいいと思います。

ローカルコインで、買い求めましょう。

 

おすすめスポット紹介

帽子の塔

「カブロン」に来て、まず目に入るのが、帽子の塔ではないでしょうか。
かなり高いです。
ぜひ、一度、塔に登ってその景色をご堪能ください。

 

メガネ橋

通称メガネ橋。
連なったアーチ状の橋です。
橋マニアの方には、たまらない形だとか。

 

街灯

帽子の国らしく、街灯が帽子型。
素敵ですねぇ。
電気が付いていなかったので、取材班の1人であるキャッピーに付けてもらいました。

 

雲海

「カブロン」は雲海に囲まれた国で有名。
この分厚い雲海は去ることがないとか。

下が見えないので、飛び渡る際は高度に気をつけてください。

 

住居兼用の船

この船はカブロン人が住居としています。
こちらも帽子がデザインで素敵です。
中に入らせてもらおうかと思ったのですが、さすがにプライバシーの問題で、入ることはできなかったそうです。
残念。

しかし、屋根は自由に登っていいとのことでした。

ちなみに、この取材時はクッパというカイブツに船を壊されたということで、未だに煙が上がっている船もありました。
近づく際は、お気をつけて。

 

大きな月

この国では、大きな月が見られるということでも有名。
そのため、月を見に遠い国からやってくる人もいるとか。

偶然出会ったこの方は、「キノピオ隊長」。あちこちを冒険していらっしゃるそうです。

 

寄り道しよう

その他にもカブロンでは、帽子をデザインしたものがたくさんあります。

チョットわき道にそれて、色々見て回りましょう。

 

おみやげ店:クレイジーキャップ

「カブロン」にある唯一のお店。

おみやげのラインナップはこの通り。

  • 帽子の国のステッカー

  • カエルのぬいぐるみ
  • カブロンの塔の模型

一番左にあるのが、カエルのぬいぐるみです。

「カブロンの塔の模型は?」とマリオに聞くと、「買い忘れた」との返答が。
みなさまに紹介できずに、申し訳ない。
ちなみにマリオは、ふて寝中。

 

移動方法

帽子の国「カブロン」から、滝の国「ダイナフォー」への移動方法をお伝えします。

この電気ボックスにキャッピーを投げて、渡るそうです。
しかし、この方法は1度だけ。
滝の国「ダイナフォー」では、船「オデッセイ号」が手に入るそうなので、その「オデッセイ号」を使って移動します。

 

パワームーン探訪

通貨と同じく、こちらも様々な場所に隠されているパワームーン。
この国では黄色です。
バナナに似ています。

船を手に入れてからカブロンを訪れると、出現するようになっています。

 

パワームーンが取れない?

ブログ読者のウルフさんからの質問です。

カブロンにある、とても高いところにパワームーンを見つけました。
けれど、高すぎて取れません。
どうすればいいですか?

お答えします。
カブロンの広場付近に2か所ほど、パワームーンがあります。
どちらもとても高い場所にありますね。

カブロンの入り口に、カエルが2匹いることを知っていますか?
彼らはとてもジャンプが得意なんです。
しかも、Joy-Conを振ることによって、さらに高くジャンプができるそうですよ。

足場がないか、足場が出現しないかを確認しながらすると、ゲットできると思います。

 

あとがき

本日から始動した旅行ブログ『マリキャとみー』。
カブロン編はいかがでしたでしょうか。

次回は滝の国「ダイナフォー」を特集します。
大きな滝が有名な「ダイナフォー」。
なんと、恐竜がいるそうです。

怖そうですが、取材班にはがんばってもらいましょう。

関連記事はこちら
→ 2人プレイも楽しい!最高の箱庭!なぜCERO B?スーパーマリオ オデッセイ ファーストレビュー

 イラストbyみなと

※この記事は『スーパーマリオオデッセイ』を題材にした、旅行ブログ風の記事です。
記事の内容とゲームの内容は必ずしも一致しません。

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームの旅路
-, , ,