ゲームレビュー

スーパーマリオ オデッセイ レビューbyとも

2017/11/19

Nintendo Switch『スーパーマリオ オデッセイ』、クリアしました!

ものすごく楽しかったので、ずっとプレイしていました。
誰にでもオススメできる傑作です!

わたしなりに、良い点・不満点はありますので、レビューしていきます。

おおよそのゲーム内容はこちらでまとめてあります。
→ 2人プレイも楽しい!最高の箱庭!なぜCERO B?スーパーマリオ オデッセイ ファーストレビュー

関連記事はこちら
 旅行ブログ『マリキャとみー』【スーパーマリオ オデッセイ】

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 17年10月27日
発売元 任天堂
開発元 任天堂
ハード Nintendo Switch
ジャンル アクション 
プレイ人数 1人~2人(インターネット通信プレイは1人。 / 2人でプレイする場合、2Pはアシスト)
対応コントローラー Proコントローラー
プレイモード TVモード、テーブルモード、携帯モード
CERO B(12才以上対象)
公式サイト スーパーマリオ オデッセイ
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの

 

良い点

広い!けれどサクサク

国にもよるが、広いところはかなり広い。
しかし、中間ポイントの旗を取って入れば、ワープができるし、移動手段も用意されている国もある。

パワームーン集めに翻弄され、あっちへ行き、こっちへ行きとなるが、そこまで苦痛は感じなかった。

 

やりこみ要素が満載

  • パワームーンを集める
  • コインを集める(エンディング後、かなり必要になる)
  • 衣装を集める
  • おみやげを集める
  • ミニゲームをする

ただ単にパワームーンを集めるだけではなく、アスレチックなことをしたり、どうやって取るか、どういう道のりを選ぶのか、など、かなり歯ごたえがある。

そして、ボスを倒す前と、倒した後では ギミック が増えていたりします。
行ける場所も増えたりしています。

 

キャプチャー

今作の目玉でもある、キャプチャー。
つまり乗っ取りのシステム。
これがかなり楽しかった。

え?こんなものまで!?

と思うくらい、様々なものにキャプチャーができてしまう。

キャプチャーすることによって、新たな発見、新たなギミックの解決方法が浮かび、本編そっちのけで、寄り道ばかりしていた。

 

2Dマリオ

2Dマリオのステージ用意されているのだが、これがまた楽しい!
懐かしいと思いながらプレイしていました。
お子さんより、大人の方が感動を覚えるのではないでしょうか。

また、3Dと2Dの融合や、曲がり角など、新たな見せ方で楽しませてくれました。

 

グラフィック

細かいところまで、丁寧に作られています。
思わず、すみずみまでチェックしてしまいます。

 

ボスを倒さなくてもいい

ボス戦をクリアしなくても、パワームーンを指定の枚数集めるだけで、次の国へ行けちゃいます。

私は、ボスを倒さないと、なんだかスッキリしなかったので、ボスを倒してから、次へ進んでいました。
しかし、ボス戦が難しい、ボス戦が面倒という方でも楽しめるよう、倒さなくても大丈夫な仕様になっています。

しかし、ボスを倒さないと、出現しない ギミック がたくさんあるので、ボス戦もクリアしていくほうがオススメです。

 

衣装

様々な衣装が用意されています。
それに合わせて、2Dマリオでも、イベントでも、今着ている衣装のままになっています。

 

クライマックスへの盛り上げ方

クライマックスに向けて、胸が熱くなるものがありました。
アクションも、ストーリーも、エンディングへ向けて、素晴らしいものがありました。

すでにネタバレがネット上で出回っているかもしれませんが、あまり調べずに、ご自身の目でクライマックスを体験してほしいです。

 

不満点

スーパーマリオ~オデセー

タイトルコールが、なんだかダサい。
「スーパーマリオ~オデセー」にしか聞こえない。
英語の発音に近いのはわかるが、なんだか違う気がする。

 

Joy-Con2本持ち

公式でのプレイスタイルはJoy-Con2本持ち。
その方が「振り操作」の幅が広がるのはわかるが、さすがに外出先で2本持ちは無理。
というわけで、ずっとJoy-Conグリップスタイルでプレイしていました。

Nintendo Switchの特徴は、プレイスタイルが色々選べるところにあると思います。
だから特殊なゲームソフト以外は、どんなプレイスタイルでも平等に遊べる方がいいと思う。

まぁ、Joy-Conグリップでも「振り操作」はある程度は可能でしたけど・・・。

 

ギミックが小出し

ボス戦をする前にあちこち寄り道をして、十分満足して、ボス戦をクリア。
すると、 ギミック が増えている・・・。

たくさん冒険したのに、また新たに冒険し直しです。

 

気になった点

CERO「B」

『マリオ』シリーズなのに、CEROが「B」。
つまり、年齢制限があります。

こちらの記事でも触れているのですが、改めて。
→ 2人プレイも楽しい!最高の箱庭!なぜCERO B?スーパーマリオ オデッセイ ファーストレビュー

なぜ「B」なのか。
おそらく以下のようなことができてしまうから。

車の上に立ってジャンプしてみたり、人の頭をふんづけたり、テーブルの上に乗ったり、車の前に飛び出したり・・・。

「ゲームの世界だということを認識して、現実の世界ではやらない」なら、大丈夫なのです。

しかし、お子さんの年齢によっては、現実の世界でやってしまう可能性がある、ということで、年齢制限があるのだと思います。

かと言って・・・『マリオオデッセイ』をプレイした影響で、こんなことをするような子どもはいないと思うのだが・・・。
まぁ「なにかあってからでは遅いから」ということでしょうね。

 

プレイ状況

ソフトウェア パッケージ版
プレイ時間 約20時間(クリア時)
シリーズのプレイ状況(とも
※アクション系のマリオに限定
スーパーマリオブラザーズ(FC)
スーパーマリオブラザーズ3(FC)
スーパーマリオUSA(FC)
マリオ&ルイージRPG2(DS)
New スーパーマリオブラザーズ(DS)
New スーパーマリオブラザーズ Wii(Wii)
スーパーマリオ 3Dランド(3DS)
New スーパーマリオブラザーズ2(3DS)
スーパーマリオ 3Dワールド(WiiU)

 

総評

様々なアクション、様々な ギミック が用意されています。
ぜひ、様々な場所へ寄り道して、楽しんでほしいと思います。

私はクリアしましたが、クリア後もかなり遊べるので、これからもしばらくは楽しみたいと思います。

関連記事はこちら
→ 2人プレイも楽しい!最高の箱庭!なぜCERO B?スーパーマリオ オデッセイ ファーストレビュー
 旅行ブログ『マリキャとみー』【スーパーマリオ オデッセイ】

全体評価   ★★★★★

シナリオ   ★★★★★
操作性    ★★★★☆
システム   ★★★★★
キャラクター ★★★★★
ビジュアル  ★★★★★
音  楽   ★★★★★

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , ,