ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略

マリオカート8デラックス ファーストインプレッション レビューbyとも

2017/05/08

概要

【発売日】2017年4月28日
【発売元】任天堂
【開発元】任天堂、インテリジェントシステムズ、バンダイナムコゲームス、レトロスタジオ
【ハード】Nintendo Switch
【ジャンル】アクションレースゲーム
CERO】 A (全年齢対象)
【公式サイト】https://www.nintendo.co.jp/switch/aabpa/
画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの

マリオカート8デラックス

Nintendo Switch用ソフト『マリオカート8デラックス』(以下、『デラックス』)と、「Joy-Conハンドル」を購入しました!
WiiU『マリオカート8』からの変更点や、オススメの周辺機器である「Joy-Conハンドル」の使い勝手等を含め、ファーストレビューいたします!

1992年にスーパーファミコン用として発売された『スーパーマリオカート』。
家庭用ゲーム機 としては、今作は9作目にあたる、長寿タイトルです。
今作は8作目にWiiUソフトとして発売された『マリオカート8』のバージョンアップ版。

 

Nintendo Switch本体1機で遊べる人数は、1人~4人。
また、インターネットに繋げると世界のプレイヤーとも対戦が可能。
なお、メインモードは以下の通り。

  • ひとりで
  • みんなで(2-4人)
  • インターネットで
    最大12人対戦。なお、2017年の秋以降は、オンラインプレイ(インターネット対戦)の利用は有料となります。
  • ローカル通信で(1-2人)
    Nintendo Switch本体を持ち寄って行う。Nintendo Switch本体4台で最大8人まで対戦が可能。

なお、遊べるモードは以下の通り。

  • グランプリ
  • タイムアタック(1人用)
  • VSレース
  • バトル

「バトル」に関する共通の仕様はこちら

マリオカート8デラックス バトルモード解説

マリオカート8デラックス バトルモード解説

「バトル」専用コースの紹介はこちら

マリオカート8デラックス バトル専用コース紹介

マリオカート8デラックス バトル専用コース紹介

 

スポンサーリンク

記事下広告1

プレイ状況

【ソフトウェア】パッケージ版
【プレイ時間】7時間(17年4月28日時点)
【プレイに使用した周辺機器】
 Joy-Conハンドル、Joy-Conグリップ(必須ではない)

【シリーズのプレイ状況】
 スーパーマリオカート(SFC

 マリオカートDS(DS)
 マリオカートWii(Wii)

 

周辺機器

Joy-Conハンドル2個セット

レースゲームに特化した、ハンドル型の周辺機器です。
中央部分にJoy-Conを挿しこんで使います。
+は右から、-は左からスライドさせます。
外すときは、中央の凹みから外します。

▼外箱サイズ

縦13.5㎝×横13.5㎝×奥行き6.5㎝

Joy-Conハンドル

▼ハンドルサイズ

直径 約13㎝
厚さ 約2.5㎝(突起部分含めず)

Joy-Conハンドル

中央にJoy-Conをはめこみます

Joy-Conハンドル

裏側。中央の左右の出っ張りがSLボタンとSRボタン。

 

 

ゲーム内容1 『マリオカート8』からの変更点

キャラクターに関して

1.追加コンテンツが収録済み

『マリオカート8』で、有料の追加コンテンツだったキャラクターが全て収録されています。
そのキャラクターは7体。
むらびと(男)、むらびと(女)、しずえ、ほねクッパ、リンク、タヌキマリオ、ネコピーチです。

また『マリオカート8』で、第1弾、第2弾の両方の有料コンテンツを購入した方のみの特典だった、ヨッシー8色とヘイホー8色の色違い。(計9色)
『デラックス』では、これらも収録済みです。

 

2.全キャラクター開放済み

『マリオカート8』では、隠しキャラがいましたが、『デラックス』では、最初から全キャラクターが開放済みです。

 

3.キャラクターが増えた

『スプラトゥーン』より、ガールとボーイが参戦しています。
それぞれ3色の色違いが収録されています。
また、過去作からの復活組として、クッパJr.、キングテレサ、カロンが参戦しています。

というわけで、キャラクターは総勢42体。(Mii含む)
公式サイトにも42体と書いてありますので、隠しキャラはいないかと思われます。

マリオカート8デラックス

レーシングスーツが増えた

amiiboを読み込ませることで、amiiboのキャラクターやゲームをモチーフにしたレーシングスーツをMiiに着せることができます。
『デラックス』では、2つのレーシングスーツが増えています。
それが、『スプラトゥーン』シリーズと、『どうぶつの森』シリーズ。
どうぶつの森のamiiboカードでもレーシングスーツをゲットできます。

マリオカート8デラックス

どうぶつの森のレーススーツ

マリオカート8デラックス

スプラトゥーンのレーススーツ

 

Nintendo Switchへamiiboを読み込ませる方法

トップメニュー画面の下の「amiibo」を選択。
右のJoy-Conのスティック部分にamiibo、またはamiiboカードをタッチ。

マリオカート8デラックス

 

コース、モードについて

『マリオカート8』で、有料の追加コンテンツだったコースが全て収録されています。
というわけで、全48コースです。
なお、初回から全てのコースで遊べます。

また、ミラーモードも初回から開放済みです。

マリオカート8デラックス

200CCクラスについて

『マリオカート8』で、無料アップデートで追加された200CCクラスが、収録されています。
また200CCクラスのタイムアタックも実装されました。

 

ウルトラミニターボ

ドリフトを続けると火花が飛び出て、その状態でドリフトを止めると加速をする「ミニターボ」。
前作までは2段階目の「スーパーミニターボ」まで可能でしたが、今作から3段階目の「ウルトラミニターボ」が追加されました。
「スーパーミニターボ」よりも長く加速ができます。

 

アイテムについて

1.アイテムを2つ持てる

なんと、アイテムを2つも持てるようになりました。
大きい丸の中のアイテムから使用していきます。
ブーメランの場合は、投げている間に2つ目が1つ目に移動してきて、返ってきたブーメランは2つ目に移動します。

マリオカート8デラックス

奥に見える、アイテムボックスが2個重なっています。

マリオカート8デラックス

コインとバナナをゲット。大きい丸のコインから使用できます。

 

2.過去作のアイテムが復活

テレサとハネ(羽根)が復活です。
テレサはDS版以来、羽根はスーパーファミコン版以来です。
なお、羽根はバトルモードのみです。

  • テレサ 一定時間、透明になり、バナナや甲羅をすり抜けます。ランダムで、他のプレイヤーのアイテムを奪います。
  • 羽根 カートが高くジャンプして、バナナや甲羅を飛び越えます。

 

バトルについて

バトルが大幅に改良そして、追加されました。
8種類のバトル専用コースでの戦いになります。

バトルモードの解説はこちら
→ マリオカート8デラックス バトルモード解説
 マリオカート8デラックス バトルモード解説「ふうせんバトル」編
→ マリオカート8デラックス バトルモード解説「パックンVSスパイ」編
→ マリオカート8デラックス バトルモード解説「ドッカン!ボムへい」編
→ マリオカート8デラックス バトルモード解説「あつめてコイン」編
→ マリオカート8デラックス バトルモード解説「いただきシャイン」編

 

▼バトル内容

  1. ふうせんバトル
    アイテムをぶつけて、プレイヤーの風船を割るミニゲーム。ダッシュキノコやスーパースターで体当たりすると風船を奪える。また、羽根で相手を飛び越すことでも風船を奪える。
  2. パックンVSスパイ
    パックンチームとスパイチームに分かれます。パックンチームはスパイチームを全員捕まえたら勝ち。スパイチームは、1人でも残っていたら勝ち。パックンに捕まると、牢屋に入る。しかし、牢屋の下のスイッチを押すと、仲間を助けられる。
  3. ドッカン!ボムへい
    アイテムはボムのみ。ボムで相手の風船を吹き飛ばす。
  4. あつめてコイン
    制限時間内に集めたコインの数で順位を競う。ミニマップにコインの場所が記載されている。
  5. いただきシャイン
    コース上にあるシャインをとって、タイムアップまでに逃げ切れば勝ち。ただし、シャインを持っているカートはスピードが少し遅くなる。
マリオカート8デラックス

いただきシャイン

▼バトル専用コース

バトル専用コースの詳しい内容はこちら
→ マリオカート8デラックス バトル専用コース紹介

マリオカート8デラックス

ハンコについて

『マリオカート8』にあったハンコ。
今作では実装されていません。
Miiverse」に非対応だからだと思われます。

 

ハンドルアシスト機能についてと、設定の仕方

今作から、実装された「ハンドルアシスト機能」。
実にわかりにくい。
まず、パーツ選択画面で、+を押す。(2人なら-または+)
1人モードなら、こんな感じ。

ここで設定ができます。
パーツの性能も、ここで確認できます。

しかし右側に出ていますが、よくわかりません。
レース中(走り出した後)にも、同じく+を押すと、このように出てきます。

マリオカート8デラックス

マリオカート8デラックス

しっかり、どのイラストが、どの意味なのか出ています。

2人モードならこんな感じ。

マリオカート8デラックス

マリオカート8デラックス

▼ハンドルアシスト機能

  • アシスト ONにすると、左右の壁がない場所でも、落ちないようになる。
  • ジャイロ ONにすると、コントローラーを傾けると、同じように傾く。逆にOFFにすると、スティックで左右に動くことになる。
  • オートアクセル ONにすると、アクセルボタンを押さなくても、アクセルが入った状態になり、勝手に進んでくれる。

それぞれに対応しているボタンを押すことで、オンオフの切り替えができます。

かなり初心者に親切になり、子どもでも簡単にプレイできます。
オートアクセルをONにして、放っておいても8位くらいになります。(50ccで、コースにもよる)

 

ゲーム内容2 『マリオカート8』で追加されたアイテム

私たちは『マリオカートWii』までしかプレイしておらず、それ以降のシリーズで実装されたアイテムを知りません。
そこで覚書として、ここに書いておきます。
知っている方は、スルーして次へお進みください。

アイテムについて

  • ブーメランフラワー その名の通り、ブーメランで、投げると再び戻ってくる。3回まで使うことができ、当たったプレイヤーはスピンする。
  • パックンフラワー 一定時間カートの前に付く。何かに噛みつくとその勢いで、少しダッシュする。
  • ミラクル8 8つのアイテムがカートの周りを回る。SLボタンでカートの前にあるアイテムを使用する。
  • スーパークラクション 周囲のアイテムやプレイヤーを大音量で吹き飛ばす。マリオカート8デラックス

コインについて

『マリオカート7』からの仕様ですが、分かりづらい効果なので改めて書きます。

1枚持つことにより、0枚よりスピードが増す。
最大10枚まで持てる。
落下した時は3枚ジュゲムに取られ、スピンした時は3枚落としてしまう。
コインの累計獲得枚数によってパーツを入手できる。
[17年4月30日追記]

1コースあたり最大10枚が入手できるので、1カップあたり最大40枚のコインがゲットできます。
また、タイムアタックで得たコインも換算されています。
なお、順位結果でもらえる数字は、ポイントの数字であって、コインの枚数ではありません。

マリオカート8デラックス

 

ゲーム内容3 その他

ターボスピン[17年4月30日追記]

反重力状態になると、タイヤが横になります。
この時、他のプレイヤーや青いオブジェに体当たりするとスピンターボで速くなります。

マリオカート8デラックス

 

コースクリア後の左上のマーク[17年4月30日追記]

コースクリア後、左上になにか表示されています。

マリオカート8デラックス

これ、MKTV(マリオカートテレビ)のハイライトにメモリアルとして登録できる機能。
たった今のプレイした、自分のプレイ(ハイライト)を記録しておきたい場合、↑ボタン、またはXボタンで登録出来る。
星マークが黄色になったら、登録する印です。
なお、メモリアルで登録できるのは6つまでです。

 

1人モードでJoy-Conハンドルをプレイする時に注意すること[17年4月30日追記]

トップ画面に「Press LR to start」と書かれています。
1人モードでJoy-Conグリップでプレイする場合や、2人以上でプレイする場合は縦持ちでLRを押して大丈夫です。
しかし、1人モードでJoy-Conハンドルを使ってプレイする場合は、横持ちにしてSL、SRを同時押ししてください。(Joy-Conハンドルを装着でも可)
この画面で、縦持ちで二つのJoy-Conを使ってLRを押すと、横持ちに対応しません。

マリオカート8デラックス

 

操作方法一覧[17年4月30日追記]

操作方法をまとめました。
なお、レース中やバトル中の操作方法のみです。

▼本体にJoy-Conを挿してプレイ / Joy-Conグリップを使ってプレイ

  • 移動 ジャイロ機能をオフにした場合、左スティック
  • 移動 ジャイロ機能をオンにした場合、コントローラーを傾ける
  • アクセル Aボタン
  • ブレーキ Bボタン
  • 後ろを見る Xボタン
  • ドリフト Rボタン長押し
  • ジャンプ Rボタン
  • アイテムを使う Lボタン
  • アイテムをカートの後ろにつける Lボタンを押し続ける
  • アイテムを前に投げる Lボタン
  • アイテムを後ろに投げる 左スティックを下に倒しながら、Lボタン

▼Joy-Conを横持ちでプレイ / Joy-Conハンドルを使ってプレイ

  • 移動 ジャイロ機能をオフにした場合、左スティック
  • 移動 ジャイロ機能をオンにした場合、コントローラーを傾ける
  • アクセル Xボタンまたは→ボタン
  • ブレーキ Aボタンまたは↓ボタン
  • 後ろを見る Yボタンまたは↑ボタン
  • ドリフト SRボタン長押し
  • ジャンプ SRボタン
  • アイテムを使う SLボタン
  • アイテムをカートの後ろにつける SLボタンを押し続ける
  • アイテムを前に投げる SLボタン
  • アイテムを後ろに投げる 左スティックを下に倒しながら、SLボタン
マリオカート8デラックス

ジャンプ台などで、Rボタン、またはSRボタンを押すと、リアクションがあり、少し加速する。

 

ハイライトでの操作方法[17年5月3日追記]

レースやバトルの終了後や、MKTVで閲覧できる「ハイライト」。
そこでの操作方法を記します。

▼本体にJoy-Conを挿してプレイ / Joy-Conグリップを使ってプレイ

  • 早送り スティック右またはスティック上→ボタンまたは↑ボタン
  • 早戻し スティック左またはスティック下←ボタンまたは↓ボタン
  • メニュー Aボタン
  • スロー再生 Bボタン
  • 頭から再生 SLボタンまたはLボタン
  • モニター拡大(MKTV時) Xボタン

▼Joy-Conを横持ちでプレイ / Joy-Conハンドルを使ってプレイ

  • 早送り スティック右またはスティック上
  • 早戻し スティック左またはスティック下
  • メニュー →ボタン
  • スロー再生 ↓ボタン
  • 頭から再生 SLボタン
  • モニター拡大(MKTV時) ↑ボタン

なお、「メニュー」→「ハイライトをリメイク」で、映像の再生方法の変更ができます。
注目ドライバーを4人まで設定でき、注目するイベント、再生時間などを変更できます。

 

気になった点・感想

おすそわけプレイでの、SLボタンとSRボタン

ストラップを装着し、2人でプレイしていたのですが、SLとSRが押しにくい。
SLはアイテムを使用する際に使い、SRはドリフトを使用する際に使う。
これは、かなり頻繁に使用するボタン。
このままでは、いけないと思い、「Joy-Conハンドル」を購入しました。

 

Joy-Conハンドルの使用感

やはり「Joy-Conハンドル」の方が使いやすいです。
SLボタンとSRボタンが大きくて、押しやすいです。

おすそわけプレイで「押しにくさ」を感じたならば、ストレスになる前に「Joy-Conハンドル」の購入を勧めます。

 

スリープ状態からの復帰

Joy-Conの右の丸いHOMEボタン。
それを長押し→「スリープ」を選択することによって、ゲーム途中でも、電源を切らずに、画面を消すことができます。
そして、復帰する際は、HOMEボタンを長押しします。
なお、本体の電源ボタン長押しでも、スリープ、スリープ解除ができます。
このおすそわけプレイで慣れた横持ち。

これをこのトップメニューでも使ってしまう。
つまり、トップメニューは縦持ちで、両方のJoy-Conで操作しなければならない。
またJoy-Conハンドルに入れっぱなしだと操作ができない。ちょっと面倒である。

▼横持ちから縦持ちに切り替わってしまうトラブルを回避する方法

横持ちでプレイ中に、HOME画面に入ってからスリープにしてしまうと、スリープを解除した際、縦持ちに切り替わってしまいます。
ですので、HOME画面ではなく、ゲーム画面でスリープにしましょう。
また、HOME画面になってしまった場合は、HOME画面ではなく、一度、HOMEボタンを押して、ゲーム画面に切り替わってから操作しましょう。

 

取扱説明書

今のところ、紙の説明書も、電子説明書もない。
あるのは、メインメニュー画面から選択できる「ヘルプ」のみ。
あまりにも不親切ではないだろうか。

マリオカート8デラックス

 

意外にミニゲームが楽しい

レースそっちのけで、バトルのミニゲームばかり。
種類も5種類と多く、かなりの時間遊べます。

 

こだわりが見えるコース

まだ全てのコースをプレイはしていませんが、コースはかなりいいです。
演出も、コースデザインも好きです。

マリオカート8デラックス

まさか、ウツボ(?)の上を走るとは。

 

釣り上げが早い

高い場所から落ちると、ジュゲムに助けてもらいますが、これの釣り上げが早い。
これは嬉しいです。

 

Miiについて(移動方法)

WiiUやNew3DS(NFC リーダー/ライターがある3DS)から、Nintendo Switchへ、Miiのアバターを移動したい場合、amiiboを使う方法しかありません。
その方法はこちらの記事で書いていますので、ご参考にしてください。
→ 
ニンテンドースイッチは、こんな感じ!「Miiについて」

 

まとめ

『マリオカート』は久々の購入ですが、良い買い物をしたと思います。
そろそろ大型連休ですし、子どもとも遊べそうです。

全キャラ・全コースが最初から開放されているのもイイですね。

まだまだ良く分からない部分や、遊んでいないモードもありますが、じっくり楽しんでいきたいと思います。

とにかく、これからプレイする人には言っておきます。
おすそわけプレイをする場合は、Joy-Conハンドルの使用がオススメです!

もちろん、無くてもプレイできますが、あった方が快適ですよ。

関連記事はこちら
→ マリオカート8デラックス バトルモード解説

→ マリオカート8デラックス バトル専用コース紹介
 マリオカート8デラックス バトルモード解説「ふうせんバトル」編
→ マリオカート8デラックス バトルモード解説「パックンVSスパイ」編
→ マリオカート8デラックス バトルモード解説「ドッカン!ボムへい」編
→ マリオカート8デラックス バトルモード解説「あつめてコイン」編
→ マリオカート8デラックス バトルモード解説「いただきシャイン」編

 

-ゲームレビュー, 解説・操作方法・攻略
-, , , ,