映画レビュー

映画「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」 レビューbyとも

2017/05/03

イメージ画像

映画のイメージ

3DS「バッジとれ~るセンター」でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS「バッジとれ~るセンター」のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

 

概要

【原題】「ABOUT TIME」
【公開年】2013年
【ジャンル】SFロマンス、ドラマ
【監督】リチャード・カーティス
【主なキャスト】ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス

あらすじ

ティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父(ビル・ナイ)から衝撃な一言を告げられる。
家系の男たちに備わる能力、タイムトラベル能力のことを。

 

今まで私が観た、リチャード・カーティス監督の監督作品

『ラブ・アクチュアリー』(2003年)

 

スポンサーリンク

記事下広告1

感想と評価

▼タイムトラベル系の、恋愛&ドラマ映画。

▼途中、タイムトラベルについて、科学的疑問を抱いたけれども、この映画はそんなナンセンスなことを考えるより、純粋に楽しむべき映画だと思い、考えるのをやめた。
この映画の重点はタイムトラベルではありません。

▼コメディ場面とシリアス場面がうまく移行していて、観終わった後は、なんとも穏やかに優しい気持ちになっていました。
音楽もなかなかよく、観終わったあと、DVDメインメニューで流れる音楽が聞きたくなって、しばらく、メニュー画面をつけっぱなしにしていました。

▼メアリー(レイチェル・マクアダムス)の笑顔がとても素敵で、リアリティあふれる女の子が描かれていて、女性が観ても、男性が観ても楽しめる作品だと思います。

▼1日24時間。その限られた時間、人生をどう生きるか。未来をどう生きるか。

総合★★★★★
脚本★★★★★
演出★★★★☆
映像★★★★☆

-映画レビュー
-,