映画レビュー

短編映画「アサシンクリード リネージ」 レビューbyとも

2017/07/27

イメージ画像

映画のイメージ

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

原題 Assassin's Creed: Lineage
公開年 2009年
ジャンル アクション
監督 イヴ・シモノー
主なキャスト ロマーノ・オルザリ、マヌエル・タドロス

 

映画について

ゲームソフト『アサシンクリードⅡ』(以下『Ⅱ』)の前日譚を実写映画化したもの。
『アサシンクリード』シリーズを手掛けているUBIソフトが製作した。

『Ⅱ』の前日譚ということで、『Ⅱ』の発売前に公開された。
『Ⅱ』の主人公は、エツィオ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェだが、今作の主人公はエツィオの父、ジョヴァンニ・アウディトーレである。

今回、PS4『アサシンクリード エツィオコレクション』を購入。
その特典として収録されていたのが、今作の『アサシンクリード リネージ』である。
なお、『アサシンクリード エツィオコレクション』についてはこちらを
→ アサシンクリード エツィオコレクション レビューbyとも

アサシンクリード リネージ

この画像は、PS4のスクリーンショット機能で撮影したもの

 

あらすじ

ジョヴァンニ・アウディトーレは、子ども達には秘密にしている稼業がある。
それはアサシン。つまり暗殺業である。
ある夜、謎のスペイン人の暗殺を試みる。

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

操作方法などなど

まずはこのことに触れておかなくてはなるまい。
PS4『アサシンクリード エツィオコレクション』に収録されているということで、ゲームのディスクから起動。
いきなり、日本語吹き替えで、話しだした。
「待て待て早まるな。英語音声に切り替えるから」と思いつつ、設定を探すも、ない!
もちろん字幕設定もない!
あちこちボタンを押すが、『アサシンクリード エツィオコレクション』のメニュー画面に戻ってしまう。

つまり、日本語吹き替え版しか収録されていない!
かなりショック!!

しかも、一時停止もできない。
「PSボタンを押せば止まるんじゃない?」と思った方、甘い。
PSボタンを押すと、確かにPS4の画面になる。
しかし、映画は止まらずに、進行している。
もちろん、早戻しも早送りもない!
どこかボタンを押したら、また最初から。
つまり、一度再生したらノンストップで観るしかないのです。
なんて不親切設計!!!!!

 

俳優

俳優さんがゲームの世界から飛び出してきたと思いました。
実は、ゲームを製作するにあたり、実際の俳優さんのモーションを作って、ゲームの中に登場させているのです。
で、この映画では、その俳優さんらを起用しているので、ゲームと同じ顔ぶれ。
鳥肌が立ちました。

ちなみに『Ⅱ』の主人公であるエツィオは、別の方を起用しています。

 

ゲームの世界

舞台のほとんどがCG。
『アサシンクリード』を手掛けるUBIソフトが製作しただけあって、ゲームの世界そのものです。
「あー、この壁!この屋根!そのまま!!」と興奮しました。
絶賛『Ⅱ』をプレイ中なので、「あ、ここから壁登れる」と思いながら見てました。

またゲームの中の動きも再現されていて、素晴らしいです。

 

まとめと評価

短編映画ということで、30分ほどの映画。
しかし、30分には感じないほど、しっかりとした作りです。
ゲームファンならば、一見の価値ありです。

総合 ★★★☆☆
脚本 ★★★☆☆
演出 ★★★★☆
映像 ★★★★★

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-映画レビュー
-, ,