映画レビュー

映画「バットマン ビギンズ」 レビューbyとも

2017/04/18

イメージ画像

映画のイメージ

3DS「バッジとれ~るセンター」でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS「バッジとれ~るセンター」のレビューは『HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも』にて。

 

概要

【原題】「Batman Begins」
【公開年】2005年
【ジャンル】アクションドラマ
【監督】クリストファー・ノーラン
【主なキャスト】クリスチャン・ベール、リーアム・ニーソン

あらすじ

ブルース・ウェインは、実業家ウェイン家の一人息子。
幼馴染のレイチェルと遊んでいる最中、誤って、古井戸に落ちてしまう。
そこに潜んでいたのは、コウモリ。
このことがきっかけで、彼にとってコウモリは、恐怖の存在となってしまった。

 

映画について

今作は3部作となっている。
3部作を1つの映画として見ると、より楽しめると思う。
3部作とも、夫婦で映画館で観た。

アメリカのDCコミックス『バットマン』が原案。

2部、3部の映画レビューはこちら。
映画「ダークナイト」 レビューbyとも
映画「ダークナイト ライジング」 レビューbyとも

バットマンのゲームのレビューはこちら → 「バットマンシリーズ

 

今まで私が観た、クリストファー・ノーラン監督の監督作品

『メメント』(2000年)
『プレステージ』(2006年)
ダークナイト』(2008年)
『インセプション』(2010年)
ダークナイト ライジング』(2012年)
『インターステラー』(2014年)

 

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

バットマン=ブルース・ウェイン

バットマンといえば、コウモリ。
直訳して言えば、コウモリ男だ。
よく、バットマンのゲームでも「コスプレ野郎」と罵られる。
ある意味、間違ってはいない。
バットマンは、スパイダーマンのような特殊能力ではなく、自らの肉体を鍛え、精神を鍛錬し、卓越した知力とテクノロジーで戦っている。
監督曰く「弱点を備えた生身の人間」である。
バットマンは、人間らしい、心に闇を抱えたブルース・ウェインそのものである。

 

1人の人間としてのバットマン

過去の「バットマン」シリーズで、バットマンの過去が語られるのは、両親が殺されたことくらい。
しかし今作は、
▼なぜ、ブルース・ウェインの戦闘技術が優れているか。

▼バットスーツやガジェットは、どう作られているのか。
▼どうして、コウモリなのか。
▼プレイボーイを装うことの謎。
など、語られなかったことを丁寧に伝えてくれている。
つまり「バットマン」の誕生秘話の映画で、「バットマン」という超人ではなく、「ブルース・ウェイン」という一人の人間にスポットを当てている。

 

カメラテスト

ブルースとバットマンの二役をこなさなければいけない、今作。
そこで、キャスト決めの際、その二役でカメラテストをしたのです。
イメージにぴったりだったのが、クリスチャン・ベール。
実は彼、ブルースとバットマンの時の声色を変えて、カメラテストに臨んだのです。
これが決め手となったのかはわかりませんが、かなりの高評価だったようです。

またジョナサン・クレイン役のキリアン・マーフィー。
実は、ブルース・ウェイン役としてカメラテストをしていたのです。
バットマンのイメージからは、遠かったらしいのですが、その演技力に脱帽したそうで、ジョナサン・クレイン役を射止めました。

 

本物

バットスーツのマントですが、形状記憶繊維生地でできていて、本当に電流を流しています。
また、バットモービル(車)も本物で、動きます。
映画を作る為とは言え、そこまでするとは。脱帽です。

 

まとめと評価

ブルース・ウェインの気持ちを探りながら観ると、よりハラハラするし、切なくなったり、泣けます。

もちろん、アクションシーンはあるし、カーアクションもある。
しかし、ただのアクション映画ではないので、アクション映画として期待して観るのなら、注意した方がいい。

伏線が所々、見受けられます。
その伏線は、2部3部へと続くものもあり、今作を見たならば、2部『ダークナイト』、3部『ダークナイト ライジング』を是非、観てほしいです。

総合★★★★★
脚本★★★★★
演出★★★★★
映像★★★★★

-映画レビュー
-, ,