映画レビュー

映画「BROTHER」 レビューbyとも

2017/06/14

イメージ画像

BROTHER

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

 

概要

【公開年】2001年
【ジャンル】バイオレンス
【監督】北野武
【主なキャスト】ビートたけし、オマー・エップス、真木蔵人、寺島進、加藤雅也

あらすじ

花岡組に所属している、組長の山本(ビートたけし)。
とある事件をきっかけに、実の弟であるケン(真木蔵人)が住むアメリカへ渡る。

 

今まで私が観た、北野武監督の監督作品

ソナチネ』(1993年)
菊次郎の夏』(1999年)

『座頭市』(2003年)
『アウトレイジ』(2010年)

 

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

BROTHER(兄弟)

タイトルにもなっているBROTHER。
「兄弟」という意味ですが、「兄弟」と言っても、様々な「兄弟」があります。

  • 血の繋がった兄弟
  • 異父母兄弟
  • 義理の兄弟
  • 親しい間柄の兄弟
  • 契りを交わした兄弟

この映画は、その内のどれなのか。または複数なのか。
ご自分で答えを探してください。

 

『ソナチネ』と『BROTHER』

  1. ソナチネ』同様、おもしろいカメラワーク。
    また、いつ何が起きても不思議ではなく、一瞬たりとも、見逃せない。
  2. 『ソナチネ』のアメリカ版が『BROTHER』のように感じた。
    そして、ロケ地であるロサンゼルスの舞台が物語を引き立てていた。
  3. 舎弟達の組長への忠誠心が見たいのであれば『ソナチネ』をオススメする。
    組長と舎弟の絆が見たいのであれば『BROTHER』をオススメする。

 

寺島進

実は、今作を見ようと思ったきっかけは、テレビ東京系列のドラマ『バイプレイヤーズ』でした。
ドラマの中で、寺島進さんの出世作は『BROTHER』だったとかなんとかという話になって、「ならば見なければ!」と思い、見ることにしました。
寺島進さん、『BROTHER』では山本(ビートたけし)の舎弟、加藤役として登場します。
ネタバレになるので言えないですが、とてもいいです。
ラストはもちろんのこと、ラストに向けてまでの人間性もよくわかって、いいです。
寺島進ファンならば、『ソナチネ』『BROTHER』共に見た方がいいですね。

 

向いていない人

一部グロテスクな描写、痛々しい描写があります。
そういうのがダメな人は観られません。
ちなみに、グロテスクな描写の強さは北野監督の映画で言うと、『ソナチネ』<『BROTHER』<『アウトレイジ』かな。
(私が今まで見た北野映画のでいうと)

 

ネタバレと評価

以下ネタバレの為、評価を先に。

総合★★★★☆
脚本★★★★☆
演出★★★★★
映像★★★★★

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

▼原田(大杉連)は、なぜ久松組に移ったのか?

花岡組に所属していたはずの原田があれよあれよで、自分の組長を殺した久松組に入ることになります。
見ていた時は、「なぜ?」と疑問に思いました。
気になったので、ラストまで見た後、もう一度、冒頭から見てみました。

花岡組と久松組は、抗争中。
その抗争の最中に花岡組の親分が殺されます。
通夜の席で、警察が「抗争を終わりにするためにも、これを機に解散しろ」と言ってきます。
「久松組の組長、久松(六平直政)が面倒を見るから」と。
怒る山本(ビートたけし)ですが、警察が相手では逆らえません。

困る花岡組一行。
そこで、兄貴分である原田が立ちあがります。
自分の子分を助けるためにも、手打ちになるためにも、ここは久松組に入ろうと決意をするのです。
再び怒る山本ですが、心情もわかるので、許します。

という具合でしょうか。
一部、想像が入っていますが。

まぁ、原田が久松組に入っても、すぐに打ち解けるはずもなく、山本がアメリカへ行くきっかけを作ったり、痛々しいシーンになったりするのですが、それは、見てのお楽しみということで。

 

-映画レビュー
-, ,