映画レビュー

映画「大逆転」 レビューbyとも

2017/04/18

イメージ画像

映画のイメージ

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューは「HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも」にて。

 

概要

【原題】「Trading Places」
【公開年】1983年
【ジャンル】コメディ
【監督】ジョン・ランディス
【主なキャスト】ダン・エイクロイド、エディ・マーフィ

あらすじ 

大富豪のデューク兄弟が賭けをする。
大金持ちである、ルイス・ウィンソープ3世(ダン・エイクロイド)は、全てを失ったら、悪の道を走るのか。
逆に、貧困のビリー・バレンタイン(エディ・マーフィ)に正当な環境とチャンスを与えたら、立派に育つのか。

こうして、賭けの実験に利用された2人の運命は・・・。

 

今まで私が観た、ジョン・ランディス監督の監督作品

『ブルース・ブラザース』(1981年)
『星の王子 ニューヨークへ行く』(1988年)

 

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

想い出の1本

幼いころに見た映画。
よく弟とエディ・マーフィの声真似をして遊んでいた。
想い出の映画の1本。
という訳で、この映画は、音声吹き替えで観る。
やはり、エディ・マーフィの吹き替え声優は下條アトムに限る。
そして、彼はやっぱり面白い。

 

吹き替えの注意点

実は、DVDだとテレビ放送時にカットされていたシーンが字幕に切り替わります。
カットされているシーンは吹き替えていないので、当然といえば当然ですが、ちょっと残念な仕様です。

 

対比

どんどん、どん底に下っていくウィンソープ。
どんどんと、絶頂に向かっていくバレンタイン。
この対比がものすごく面白い。

 

商品ブローカー

商品ブローカーのお話が絡んでくるので、一見難しそうだが、わからなくても大丈夫だと思う。

 

デューク兄弟

今作の悪党、デューク兄弟。
今作と同じく、ジョン・ランディス監督の「星の王子 ニューヨークへ行く」で、デューク兄弟として出演しています。
どのようなことで出演されているか、今作を見てから、「星の王子 ニューヨークへ行く」を見ることをオススメします。

 

評価

以下ネタバレの為、評価を先に。

総合 ★★★★☆
脚本 ★★★★☆
演出 ★★★☆☆
映像 ★★★☆☆

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

ラストのオレンジの売り買いの場面。
現在では、このような取引は行っていない。

さて、そのラストの場面。
オレンジの売り買いが始まった時、吹き替えだと「オレンジジュースが下がるぞー。早く売れ―」とウィンソープが言い、テレビ速報の後は、「買い戻せー」とウィンソープが言います。
この吹き替えがちょっと、誤解を招く表現になっている。
「早く売れ」と言っているのだから、彼らは買っているように見え、「買い戻せ」と言っているので、売っているように見えるのだ。
しかし、字幕だと、「142で売り」。そしてテレビ速報後は「買いだ」。
つまり、自分たちは売りに徹し、テレビ速報後は、買いに徹している。
大事な場面だから、誤解のないようにしてもらいたい。

 

余談だが、執事であるコールマンの吹き替えを、穂積隆信さんが行っている。
バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズのドク役(エメット・ブラウン博士)の吹き替えも担当している方である。
その方に「科学的な実験を?」とか言わせてて、面白い。

 

-映画レビュー
-, ,