映画レビュー

映画「チェイス!(オリジナル全長版)」 レビューbyとも

イメージ画像

映画のイメージ

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

原題 Dhoom 3
公開年 2014年
ジャンル アクション
監督 ヴィジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ
主なキャスト アーミル・カーン、カトリーナ・カイフ、アビシェーク・バッチャン、ウダイ・チョープラ
Amazonビデオのページ チェイス!日本劇場公開版(字幕版)

 

あらすじ

アメリカ・シカゴ。
サーカス団を率いていた父が自殺した、サーヒル。
大人になったサーヒルは、サーカス団を率いる一方、自殺の原因となった銀行への金庫破りを実行する。
金庫に書かれたメッセージにより、インドから刑事のジャイとアリが捜査協力にやってくる。

 

映画について

インド・ムンバイの警察官コンビ、ジャイとアリのアクションシリーズ「Dhoom」の第3弾。
しかし今作だけを観ても十分、楽しめる。

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

『チェイス!』がインド映画2本目の視聴。
1本目の『きっと、うまくいく』で、オススメのインド映画を聞いたのですが、そこで読者の方に教えていただいたのが、この『チェイス!』。

まだ2本目ですが、インド映画ほんとにイイ!!
インド映画って「歌って踊る」のイメージが強いですが、それだけじゃないんですよ。
さすが、映画大国という感じ。
まぁ、いい映画に当たっているだけなのかもしれないけど。

見て良かった1本です。
教えていただき、ありがとうございました。

 

マッチョと美女とイケメン

サーヒル役アーミル・カーンは、かなりのマッチョ
アーリア役のカトリーナ・カイフは、かなりの美女
ジャイ役のアビシェーク・バッチャンは、かなりのイケメン

それらを目的に鑑賞してもいいくらい。

ちなみにアーミル・カーンは『きっと、うまくいく』では、マッチョではなかった。
おそらく、映画によって肉体改造できる俳優なのだと思う。

 

身体能力

みなさま、身体能力がすごすぎ。
特にアーミル・カーンと、カトリーナ・カイフ。
ダンスシーンはもちろんのこと、サーカスのシーンも目をみはるばかり。
どう撮影しているかはわからないが、スタントではなく、本人たちが演じているように見えた。

 

バイクでのカーアクション

私、カーアクションとか、カーチェイスはあまり好きじゃないのだけれど、これは観ていて飽きず、好きだった。
主にバイクでのアクションになるのだが、普通のアクションではなく驚いた。
見せ方も工夫されているし、バイクのギミックも観ていて楽しかった。
「『バットマン』か!」って突っ込まずにはいられなかったけど。

 

秘密

この映画、ある秘密があります。
私は、途中で気づきましたが、それは「とある映画」の秘密と同じだったから。

その「とある映画」を観ていない方が今作を観ると、とてもびっくりするかと思われます。

ちなみに本当は「とある映画」のタイトルを言いたいのですが、ネタバレすると楽しさが半減してしまうので、「とある映画」とだけしか言えません。

 

ラスト

ラストは「このロケーションを使いたいから、ここにしたな」という感じ。
いや、とってもいいラストだったんですよ。
でも「なぜココだとわかったんだ?」と最初は冷静に観てしまいました。

 

まとめと評価

私、この映画を観て、泣きました。
泣ける映画だとは思いませんでした。

そして、これから観る方は、ぜひともアーミル・カーンの演技力に注目していただきたい。
「彼の演技力がすごいから、完成した映画」といっても過言ではありません。

そうそう。
インド映画でオススメのタイトルがありましたら、コメント欄で教えてくださいね。

総合★★★★★
脚本★★★★☆
演出★★★★★
映像★★★★★

Amazonビデオのページはこちら
 チェイス!日本劇場公開版(字幕版)


↑当ブログの人気・イチオシ記事はこちら!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-映画レビュー
-,