映画レビュー

映画「さよなら歌舞伎町」 レビューbyとも

2017/07/27

イメージ画像

映画のイメージ

3DS「バッジとれ~るセンター」でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS「バッジとれ~るセンター」のレビューはこちら
 HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

公開年 2014年
ジャンル ドラマ
年齢制限 R15+[15歳以上限定]
監督 廣木隆一
主なキャスト 染谷将太、イ・ウンウ
Amazonビデオのページ さよなら歌舞伎町


あらすじ

舞台は歌舞伎町のラブホテル。
そこを軸として、様々な事情を抱えた人々の愛と仕事と人生が絡み合う。

 

今まで私が観た、廣木隆一監督の監督作品

  • 『ヴァイブレータ』(2003年)
  • 娚の一生』(2015年)

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

  • とある事情で、見るのをずっとためらっていた映画でした。
    意を決して見ると、期待以上でした。
    恋人同士役である、染谷将太さんと前田敦子さんが、作中ずっと登場するものだと思っていたら、思っていたより、前田さんは出てきませんでした。
     
  • オムニバスで紡ぐストーリーで、様々な人生が見れておもしろかったです。
    「主人公は誰?」と問われたら、回答は人によって違うと思います。
    染谷将太、イ・ウンウ、南果歩の3人で、意見が分かれるのではないでしょうか。
    私は、イ・ウンウだと思いました。
     
  • かなり大胆なラブシーンもあります。
    女優さんってすごいです。

 

ネタバレと評価

以下ネタバレの為、評価を先に。

総合★★★★★
脚本★★★★☆
演出★★★★★
映像★★★★☆

Amazonビデオのページはこちら
→ さよなら歌舞伎町

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ[16年9月6日追記]

大胆なラブシーンが3つもあります。3人と言った方がいいかな。
普通の女優さんが演技するって、とても大変だと思います。
でも本気で臨んでいて、プロだなぁと感心してしまいました。

イ・ヘナ(イ・ウンウ)の職業なんですが、お客さんとのやり取りとか、危険な相手の時どうするかがわかって、あの職業の世界を少しだけ覗けたような気がします。
彼氏のアン・チョンス(ロイ)とのお風呂のシーンはとっても切なくて、泣きました。

スカウトの正也(忍成修吾)と家出少女の雛子(我妻三輪子)のストーリーも良かったです。
途中ハラハラして見ていましたが、このストーリーもやっぱり泣きました。

ラスト、徹 (染谷将太)が故郷へ向かうバスに乗っているんですが、後ろの方に女の子が乗っていて、それが誰だかちょっとわからなかったんです。
でもその女の子が妹の美優(樋井明日香)だと後日知り、心が動かされました。
「ああ、そういうことか」と。

機会があればもう一度見たい映画です。

 

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-映画レビュー
-, ,