映画レビュー

映画「この世界の片隅に」 レビューbyとも

イメージ画像

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

公開年 2016年
ジャンル 長編アニメ
監督 片渕須直
主なキャスト のん(旧・能年玲奈)、細谷佳正、小野大輔、稲葉菜月、尾身美詞、潘めぐみ
Amazonビデオのページ この世界の片隅に
PSストアのページ この世界の片隅に

 

あらすじ

昭和19年(1944年)に広島市江波から呉(くれ)に18歳で嫁いだ主人公すず(のん)。
戦時下の困難の中、ひたむきに生きる姿を描く。

 

原作 

こうの史代さんによる同名漫画

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

公開当初は、ほとんどのマスコミで取り上げなかったが、口コミで話題となり、一気に有名作品になったことを覚えている。
そして公開時期と相まって、『君の名は。』と比較されていた。
しかし、この映画は『君の名は。』と比較するものではない。
全然別物。

 

リアルな生活

この映画は、戦時中のリアルな様子を1人の女性目線で追っている。

スタッフは、資料を集めたり、時代考証をしているため、リアルな様子に嘘偽りはない。
このことは素晴らしいのだが、人によっては何をしているか分からないだろう。
だからある程度の知識は必要かと。
「千人針」や「瓶づき精米」とか、「間諜」などの言葉とか・・・。

なので、鑑賞する際は字幕をONにしたほうが、わかりやすい。

 

のんがいい味出している!

主人公すずの声をあてた、のん。
のんの天然っぽさが、すずととても合っていて、違和感がない。

この映画が成功したのは、のんの力も少なからずあると思う。

 

戦争映画、本当は苦手

私は、戦争系の映画を見ると、恐怖や悲しみが襲うため、苦手な方。
しかし今作は、「そこまでの恐怖はないだろう」と余裕で観始めたのだが、しだいに様々な事柄が私を苦しめ始めた。
やはり戦争映画なので、苦手な方はご注意を。

ちなみに今まで、戦争映画で観たのは3作品のみ。
『プライベートライアン』『戦場のピアニスト』『シンドラーのリスト』。
『シンドラーのリスト』は好きで、5回くらい見ているのだけれど・・・今見るとキツイだろうなぁ。

 

演出がいい

すずの想像の中で描かれたカラフルな爆煙。
あの演出はとてもよかったです。
すずの性格がよくわかる場面でした。

また、とあるできごとを黒と白で表現したり、絵で表現したり・・・。
様々な場面の演出がよかったです。

 

内容に対して、時間が短い

主人公すずの半生を描いているのだが、その内容に対して、 129分は短いと感じた。

最初は、登場人物の関係性や名前を覚えていくのに精一杯で、パラパラと早く流れる展開に付いていくのが必死だった。
しかし、見終わってから見返すとそうでもない。

だからオススメは2回以上鑑賞すること。
よりわかるし、再発見もあるはず。

しかし、内容に対して、時間が短いと感じた。
あと30分くらい長くてもよかったんじゃないかな?

 

情緒や心情がわかるかどうかが、カギ

今作は、すずや周作(細谷佳正)の気持ちが、わかるかどうかにかかっていると思う。
例えば、水原哲(小野大輔)の場面とか、終戦を迎えた後の場面とか。

展開が早いので、心情まで考える時間が正直ない。
だから2回以上鑑賞して、じっくり彼らの気持ちを考える時間が必要だと思う。

 

豊かさってなんだろう?

あなたは文明に麻痺していませんか
石油と水はどっちが大事ですか
車と足はどっちが大事ですか
知識と智恵はどっちが大事ですか
批評と創造はどっちが大事ですか
理屈と行動はどっちがが大事ですか
あなたは感動を忘れていませんか
あなたは結局何のかのと云いながら
わが世の春を謳歌してませんか

倉本聰

富良野塾起草文から引用

『北の国から』の脚本でも知られる、倉本聰さんの言葉です。

今作を見ながら、この言葉を思い出していました。

「便利=豊かさ」ではないことを改めて、感じました。

 

ネタバレと評価

以下ネタバレの為、評価を先に。

総合 ★★★★☆
脚本 ★★★★☆
演出 ★★★★★
映像 ★★★★★

Amazonビデオのページはこちら
 この世界の片隅に

PSストアのページはこちら
→ この世界の片隅に 

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

原作にある、すずと周作とリン(岩井七世)の三角関係。
「もし映画の企画段階で十分な予算があれば、本編に盛り込まれていたはずの内容」との文章を発見してびっくりした。

いやいやいや、その三角関係はあの映画には不要だと思う。
テーマが散漫になるし、正直見たくないよ。
まぁ、原作を見ていないから、なんとも言えないけれど・・・。

 

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-映画レビュー
-, ,