映画レビュー

映画「JUNO/ジュノ」 レビューbyとも

2017/08/01

イメージ画像

映画のイメージ

3DS「バッジとれ~るセンター」でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS「バッジとれ~るセンター」のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

原題 JUNO
公開年 2007年
ジャンル ドラマ
監督 ジェイソン・ライトマン
主なキャスト エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー、ジェイソン・ベイトマン
Amazonビデオのページ JUNO/ジュノ (字幕版)
PSストアのページ JUNO/ジュノ (字幕版)  

 

あらすじ

16歳の高校生ジュノ(エレン・ペイジ)が想定外の妊娠をする。
中絶を留まったジュノは、赤ちゃんを養子に出すことを決意する。

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

日本とアメリカの事情の違いがよくわかる映画でした。

賛否両論ある映画だと思います。(アメリカなら、ないのかもしれないが)
色んな意見があっていいと思う。
妊娠するということ、子どもを産むということを真剣に考えられるきっかけづくりの映画にならばいいなと思いました。

 

ネタバレと評価

以下ネタバレの為、評価を先に。

総合★★☆☆☆
脚本★★☆☆☆
演出★★★☆☆
映像★★★☆☆

Amazonビデオのページはこちら
 JUNO/ジュノ (字幕版)

PSストアのページはこちら
→ JUNO/ジュノ (字幕版)  

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

胎内にいる赤ちゃんは母と胎盤でつながっています。

赤ちゃんは、そのつながっている人物を母だと思います。
母の心臓の鼓動を聞き、声を聞き、安心するのです。
しかし、生まれてきたら、全然違う声の人に抱っこされる。
ミルクを与えられる。
「本当のお母さんどこー」って泣いているかもしれない。

で、この映画って、結局は、代理出産の話。
赤ちゃんの立場を考えると、どうしても私は代理出産は受け入れられないので、ラストはただただ悲しかったです。
(代理出産で子どもがほしいと思っている方や、代理出産した方を非難しているわけではないです)

 

ラスト、赤ちゃんの母と父が、元の仲に戻ります。
でも赤ちゃんは、赤ちゃんが欲しいと望んでいる女性に手渡します。
元の仲に戻るなら、なぜ赤ちゃんを他人に渡すのか、共感できませんでした。

主人公も主人公をとりまく人々も「産みたいときにまた産めばいいや」という考えがあります。
本当にそうでしょうか。
将来、彼と結婚できたとしても、病気や事故で、彼も彼女も子どもができない体になってしまうかもしれない。
不妊治療にのりだすかもしれない。
本当に子どもが欲しいとなった時には、遅いことだってあるんです。

「今」は確かに赤ちゃんはいらないでしょう。
学生生活も残っているし、自分の好きなように生きてみたいって気持ちもわかる。
かといって、学校を辞め、自分で育てても、虐待や育児放棄するかもしれない。
でも、映画では、若くして産むことを反対する超音波技師に反論した継母がいるんだから大丈夫な気もする。
赤ちゃんの為になんとかならなかったのかなぁと、見終わった後もずっと考えてしまった映画でした。

 

もう一度言いますが、色んな意見があっていいと思うし、妊娠するということ、子どもを産むということを真剣に考えられるきっかけづくりの映画になればいいと思います。

 

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-映画レビュー
-, ,