映画レビュー

映画「ピッチ・パーフェクト」 レビューbyとも

イメージ画像

映画のイメージ

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

 

概要

原題 Pitch Perfect
公開年 2012年
ジャンル ミュージックドラマ
監督 ジェイソン・ムーア
主なキャスト アナ・ケンドリック、アンナ・キャンプ、ブリタニー・スノウ、スカイラー・アスティン
Amazonビデオのページ ピッチ・パーフェクト (字幕版)
PSストアのページ ピッチ・パーフェクト (字幕版)

あらすじ

ベッカ(アナ・ケンドリック)の夢は音楽プロデューサー。
しかし、父親のせいで、自分の意に反して大学へ入学することになった。

大学のサークル勧誘活動を見て回っていると、女性アカペラグループ「バーデン・ベラーズ」への参加を勧められる。
しかし、興味がない彼女は断るのだった。
だが、この出会いがベッカの人生を変化させるのだった。

 

原作 

ミッキー・ラプキン氏『Pitch Perfect: The Quest for Collegiate A Cappella Glory』

 

今作に登場する作品について

1985年公開の映画『ブレックファスト・クラブ』が、今作の中で、キーになっている。
『ブレックファスト・クラブ』を観た後に今作を見た方が感動が違っていいのかもしれない。
しかし、今作が先でも、ネタバレしてないので、大丈夫だとは思う。

ちなみに私は『ブレックファスト・クラブ』を観たことが無いので、これを機に観ようと思っている。

 

映画について

続編である『ピッチパーフェクト2』が2015年に公開。
そして『ピッチ・パーフェクト3』が2017年12月22日に全米で公開されることが決まっている。
日本公開日は不明。

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

CD

今作の存在を知った時、まずCDから先に聞きました。
セッション』の時もそうだったのですが、絶対、良作だと思ったのです。
そして、やはり当たり。
かっこいい曲ばかりです。

 

オープニング

ユニバーサルスタジオのオープニング曲をアカペラで歌っていて、びっくりしました。
こういう試みもあるのかと、一驚しました。

 

『Cups』

ベッカ役アナ・ケンドリックがオーディションで歌う曲『Cups』。
プラスチックのカップと手を使い、カップを楽器にして歌う姿は、衝撃的だと思います。

この『Cups』の原曲は1928年のカーター・ファミリーの『Will You Miss Me When I’m Gone?』。
そして、その曲をカーター・ファミリー自身がアレンジしたのが、1935年版。
その1935年版をカバーしたのが、ランプシェード(ルル&ザ ランプシェード)というイギリスの女性二人組。
『You're Gonna Miss Me』として発表していますが、のちに『Cups (You're Gonna Miss Me)』とタイトル変更。
ランプシェードが、カップを楽器として使って、歌っています。

そして、今作の映画の宣伝として製作されたアナ・ケンドリックが歌う『Cups』のPV。
カップを楽器にして歌う姿や、その美声で、一躍有名になり、このカップを楽器にして歌う「カップス」が、世界中で流行になったそうです。

 

観ていて楽しいエンターテイメント

歌もいい、踊りもいい。
観ていて楽しくなってくるし、歌いたくなってくる。
またリフオフ対決※が、おもしろかったです。

※リフオフ対決とは

テーマを決め、それに則って、アカペラで歌う。
アカペラを歌っている最中に同じ歌詞が出てくるタイミングで、別のチームが、別の歌をかぶせ歌う。

つまり、歌のしりとりのようなもの。
間違った単語で繋げたり、テーマに沿っていないと負け。
テーマに沿った歌や歌詞を知らないと勝てない。

 

定番?

大学生の学校生活、交友関係、親子関係、そして、クラブ活動と、大会。
ストーリーは、言ってしまえば「定番」で、都合が良い場面もある。
わかりやすいので、いいのかもしれないが・・・。

 

下品

差別発言があったり、吐しゃ物が出てきたりで、少々下品なので、それらが苦手な方は観ない方がいいです。
ちなみに私も、そういうのは苦手でした・・・。

 

菊池凛子ではなかった

リリー役が菊池凛子にそっくりで、出演してなかったよなぁと思って調べたら、ハナ・マエ・リーという女優さんでした。
・・・似てませんか?

 

まとめと評価

ストーリーは定番で飽きてしまうかもしれない。
けれど、歌や踊りが良く、感動すら覚える。
観始めたのなら、最後まで観るべきです。

総合★★★☆☆
脚本★★★☆☆
演出★★★☆☆
映像★★★☆☆

Amazonビデオのページはこちら
→ ピッチ・パーフェクト (字幕版)
PSストアのページはこちら
→ ピッチ・パーフェクト (字幕版)

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-映画レビュー
-,