映画レビュー

映画「ソナチネ」 レビューbyとも

2017/09/15

イメージ画像

映画のイメージ

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

公開年 1993年
ジャンル バイオレンス
監督 北野武
主なキャスト 北野武、国舞亜矢、渡辺哲、勝村政信、寺島進、大杉漣

 

あらすじ

村川(北野武)は、北島組の傘下、村川組の組長である。
ある日、北島組組長(親分/逗子とんぼ)から、「兄弟分である、沖縄の中松組が阿南組と抗争をしている。手打ちになるだろうから、沖縄に行ってくれ」と頼まれる。

北島組の手下と共に、沖縄に来た村川組一行。
早々と阿南組による攻撃を受ける。

 

今まで私が観た、北野武監督の監督作品

  • 菊次郎の夏』(1999年)
  • BROTHER』(2001年)
  • 『座頭市』(2003年)
  • 『アウトレイジ』(2010年)

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

当ブログ読者のC-rexさんからオススメされて観たのですが、「オススメしてくれてありがとう!!!」です。
オススメされなかったら、観なかった映画でした。
ほんとに観て良かった。

 

カメラワーク

おもしろいカメラワークで、独創性があります。
「ここ撮らないで、ここ撮るの?」という箇所もあり、驚きながら観ていました。

 

ヤクザって意外と大変

観ていてふと思ったのですが、ヤクザって仕事、意外と大変な気がしました。
いろんな車を運転できなきゃならないし、縄の縛り方も覚えなきゃならないし、たくさんいる組員の名前、組の構成図も覚えなきゃならない。
ナワバリの状況も逐一チェックして、兄貴分(子分)のお世話もある。
頭の回転も必要だし、私には絶対無理です。

 

とても良かった

演出もおもしろいし、脚本もいい。
観客をいい具合に裏切ってくれ、予想がつかない展開。
いつ何が起きても、不思議ではなく、一瞬足りとも、見逃せない。

コメディ部分とシリアス部分、この静と動の時の、自分の感情の起伏が激しかったです。
コメディ部分では笑い、安心して観られるのに、シリアス部分になると、ハラハラして、怖かった。

 

向いている人、向いていない人

銃の撃ちあいがあるので、出血がダメな人は観られませんが、同じ北野映画の『アウトレイジ』より、残虐性は少ないです。
また、想像力も必要だと思います。
なぜ、その行動をとったのか、なぜ、その発言をしたのか、など、心情や性格を読み取る力がない人は、きっとつまらないで終わります。

 

ゲーム『龍が如く3』

冒頭で「沖縄」と聞いて、PS3『龍が如く3』を思い出した。
ストーリーが進むにつれ、『龍が如く3』との類似点が見つかった。
きっと、この映画をオマージュしている。
だって『龍が如く3』の登場人物の一人、名嘉原茂が、上地役の渡辺哲さんにそっくりだもの。

 

まとめとネタバレと評価

ヤクザの抗争やバイオレンス部分から、目をつぶりたくなるようなシーンもありますが、男気に惚れました。
皆、かっこいいです。

以下ネタバレの為、評価を先に。

総合 ★★★★★
脚本 ★★★★★
演出 ★★★★★
映像 ★★★★★

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

▼優しさと、愛情と、男気

村川の優しさ、愛情、男気。これに惚れる。
ラストはびっくりしたけれども、あれが村川の愛情だよね。

ケンの男気もよかった。
「自分は逃げずにその場にいる」ということが重要で、あのシーン、とてもよかったです。

 

▼本当にあれは亭主だったのか

幸(国舞亜矢)が車の中で「だってこの車、私の亭主のだもん」というセリフがある。
それを受けて、ウィキには「とある人物」が(幸の亭主)と書かれている。
本当にそうだろうか。

会話は、

「なんで俺が送ってかなきゃいけねぇんだよ。俺、運転あまり、うまくねーんだぞ、おめー」
「いいじゃない、べつにー」
「よかねーよ」
「だってこの車、私の亭主のだもん」
「なんだ、おまえそれ」

村川が運転中に「あんまり運転したくない」という意味で言った後、言うセリフ。
この亭主というのは、「とある人物」のことではなく、村川のことではないだろうか。
運転を嫌う、村川に、「私の亭主である村川が、何言ってんの。自分の車なんだから運転してよね」という意味で、冗談ぽく、好きだとアピールしているシーンではないだろうか。

この映画について調べたわけではないので、「とある人物」が本当に幸の亭主かもしれない。
しかし、私はこう考察してみた。

 


↑当ブログの人気・イチオシ記事はこちら!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-映画レビュー
-, ,