映画レビュー

映画「ダークナイト ライジング」 レビューbyとも

2017/02/14

イメージ画像

3DS「バッジとれ~るセンター」でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS「バッジとれ~るセンター」のレビューは『HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも』にて。

 

概要

【原題】「The Dark Knight Rises」
【公開年】2012年
【ジャンル】アクションドラマ
【監督】クリストファー・ノーラン
【主なキャスト】クリスチャン・ベール、アン・ハサウェイ

あらすじ

前作「ダークナイト」から8年後の世界。
ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は、とある事情により、バットマンの活動を止め、引きこもり状態。
悲しみから抜け出せないでいた。
そんな彼の元に、警官であるジョン・ブレイク(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)が訪ねてくる。

映画について

今作は3部作となっている。
3部作を1つの映画として見ると、より楽しめると思う。
3部作とも、夫婦で映画館で観た。

アメリカのDCコミックス『バットマン』が原案。

1部、2部の映画レビューはこちら。
映画「バットマン ビギンズ」 レビューbyとも
映画「ダークナイト」 レビューbyとも

バットマンのゲームのレビューはこちら → 「バットマンシリーズ

 

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

色々とツッコミ所があると言われる今作。
そして「ダークナイト」と比べられる今作。
ツッコミのレビューを見ると「なるほど」と思うこともあるし、「そうじゃないだろ」と思うこともある。

今作は「ダークナイト」と比べるものではない。
「バットマン ビギンズ」、「ダークナイト」そして「ダークナイト ライジング」の3作で1本の映画と思ってほしい。
「ダークナイト」は1本の映画として見られるが、「バットマン ビギンズ」を見ていないと、「ダークナイト ライジング」の面白さは半減するので注意してほしい。

なお、今作も映画館で2度鑑賞。

 

3部作の中で1番泣く

ラストはずっと泣いている。
何度見ても、いつも泣いてしまう。
感動して、泣いてしまうというのもあるのだが、ある程度の原作を知っているからでもあると思う。
私は原作は読んだことはないが、映画『ダークナイト』を鑑賞後、ゲーム「Batman: Arkham City」をプレイ。
プレイ後、今作を見たのが良かった。

知識がないと感動できないというのは、欠点でもある。
なので、鑑賞前に、wikiの情報でいいから、登場人物一覧は観ておいた方が、面白さがアップすると思う。

 

ベイン

原作にも登場するベイン。
ゲームや原作では人間離れしたマスクや容姿だが、今作オリジナルのベインマスクは、とても機能的で、かっこいい。
実際にマスクを付けての撮影。
目のみで、あの演技ができることに驚く。
声色もベイン役のトム・ハーディ自身が発案。
ベインの怖さ、哀愁さがよく出ている。

 

キャットウーマン

おそらくベインよりも有名だと思われる。

特徴的なネコ耳。
しかし、今作では、ただのネコ耳ではなく、暗視用メガネ。
頭に上げると、ネコ耳に見えるという、実に機能的に作られていて、必然性がよく出ている。

しぐさやアクション、内面の心情もよくわかり、アン・ハサウェイ以外、考えられない出来である。
プロポーションにおいても、完璧である。

 

バット

ヘリコプターのような新マシン「バット」。
さすがに、このデザインでは実際に飛ばすことはできない。
しかし、実際のマシンを作り、ワイヤーや車に乗せたりして、実際に飛んでいるように見せている。
デザインもかっこいいし、とんでいるSE(効果音)もかっこいい。

 

飛行機と群衆

冒頭に登場する、飛行機。
この飛行機でのスタントは本物です。
また、群衆は本当に数千人を集めて、撮影しています。

 

以下ネタバレの為、評価を先に。

総合★★★★★
脚本★★★★☆
演出★★★★★
映像★★★★★

【Amazon.co.jp限定】ダークナイト トリロジー スペシャル・バリューパック (4枚組) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】ダークナイト トリロジー スペシャル・バリューパック (4枚組) [Blu-ray]

バットマン:リターン・トゥ・アーカム - PS4
バットマン:リターン・トゥ・アーカム - PS4

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

1・タリアとロビン

二人とも原作の登場人物。
タリアはラーズ・アル・グールの子で、ラーズ・アル・グールの意志を継ぐ者。
ロビンはバットマンの相棒として描かれることが多いが、今作では、シンボルとして、継承者として登場。
名前と立場を知らないと、面白さが半減する。

 

2・3つ目の人生

「バットマン」と「ブルース・ウェイン」。
その二つの人生を捨て、3つ目の人生を歩むことになる。
ブルースの願いでもあり、執事のアルフレッドの願いでもあった、3つ目の人生。
ブルースの心情を考えると、涙が溢れてくるのです。

 

-映画レビュー
-, ,