映画レビュー

映画「舟を編む」 レビューbyとも

2017/08/01

イメージ画像

映画のイメージ

3DS「バッジとれ~るセンター」でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS「バッジとれ~るセンター」のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

公開年 2013年
ジャンル ドラマ
監督 石井裕也
主なキャスト 松田龍平、宮崎あおい、小林薫、オダギリジョー
Amazonビデオのページ 舟を編む
PSストアのページ 舟を編む

 

あらすじ

時は1995年。
玄武書房の辞書編集者として働く、荒木(小林薫)が自身の都合で、退職することになった。
しかし、辞書編集部に最良の人材は、彼以外いない。
そこで、後釜を探すことにした、荒木と西岡(オダギリジョー)。
社内で様々な社員に声をかけても、見つかりそうになかった。

ひょんなことから、マジメ君と呼ばれる男に白羽の矢が立つ。
マジメ君は馬締光也(松田龍平)と名乗る。
馬締は、営業ではさっぱり才能はない。
しかし、辞書編集部に異動した馬締は、そこで才能が花開く。

 

原作について

三浦しをん氏の小説が原作。

スポンサーリンク

記事下広告1

感想と評価

辞書作りという、普段見ることのない珍しい世界が舞台の今作。
辞書作りのイロハがわかっておもしろい。
また、コミュニケーションが苦手で、不器用な馬締が、辞書作りや恋を通して、人間として成長していく過程がおもしろい。
恋のお相手が宮﨑あおいで、その佇まいが美しく、惚れ惚れしてしまう。

馬締が作ろうとする辞書「大渡海」は、24万語の言葉を扱い、訂正がないように何度も校正をする。
気が遠くなりそうな作業と年月をかけて作る辞書。
この映画を見ると、辞書を見る見方も変わってくる。

時々コミカルで、時々シリアス。
人間模様や人々の成長も、上手く丁寧に作られていて、涙を誘う映画です。

総合★★★★★
脚本★★★★★
演出★★★★★
映像★★★★☆

Amazonビデオのページはこちら
→ 舟を編む

PSストアのページはこちら
→ 舟を編む


↑当ブログの人気・イチオシ記事はこちら!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-映画レビュー
-,