映画レビュー

映画「スケルトン・キー」 レビューbyとも

イメージ画像

映画イメージ

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

原題 THE SKELETON KEY
公開年 2005年
ジャンル ホラー、サスペンス
監督 イアン・ソフトリー
主なキャスト ケイト・ハドソン、ジーナ・ローランズ、ジョン・ハート、ピーター・サースガード
Amazonビデオのページ スケルトン・キー (字幕版)

 

あらすじ

老夫婦が住む屋敷で、住み込みの看護士として働くことになったキャロライン(ケイト・ハドソン)。
脳梗塞で動くことができないベン(ジョン・ハート)の看護をする一方、ベンの妻であるヴァイオレット(ジーナ・ローランズ)と生活する上で、様々なことに疑念を抱いていく。
そんな時、屋敷のマスターキーを預かったキャロラインは、マスターキーでも開けることができない、屋根裏部屋を発見する。

スポンサーリンク

記事下広告1

経緯

今回は、読者の方がオススメしてくれた映画をレビューしていきます。

 

てっきり、サスペンス映画だろうなと思っていたのです。
しかし、レンタル屋さんで『スケルトン・キー』を探すと、なんと「ホラー」のコーナーに・・・。

ホ、ホラー!?

ホラー映画は観られなくはないのですが、勇気を振り絞らなければ観られません。
しかし「衝撃のラスト」という話だったので、それを知りたさに観ることにしました。

 

感想

カメラワークがいちいち怖い

なんてことのない場面でも、「怖さ」を引き立てるカメラワークなんです。
別に恐ろしいことが起こっているわけでもない場面なのに、あの「怖さ」。
耐性がないだけかなぁ。

 

なにもかも怪しい

様々な人物や、物、場所などなど、なにもかも怪しく見えて、どうなっていくのか、想像できませんでした。
途中で結末がわかった人、いないだろうなぁ。

 

ケイト・ハドソンがセクシー!

ケイト・ハドソンの女性としての魅力に癒されました。

聡明で優しく、それでいてスタイル抜群。
見どころの1つだと思います。

 

ラストへの仕掛け

この映画、ラストへ向かって、どんどん仕掛けられた脚本なのです。
観た時は、それが何を意味しているのか、その会話が何を意味しているのかはわかりません。
素直に、観たまま、聞いたままを受け取ってしまいます。

しかし、観終わって思い返してみると、あれも仕掛け、これも仕掛けと、仕掛けられた罠に自分がハマっていたことに気づくのです。
この手法は、かなりおもしろかったです。

ちなみに、タイトルの『スケルトン・キー』。
訳すると、透明な鍵ということですが、「キーになる」ということも含まれています。
屋根裏部屋や鏡、家、面接・・・などなど。
たくさんのキーワードが集まって、ラストに全容が見える感じです。

 

胸糞映画?

『スケルトン・キー』を調べている時に、「胸糞」と評価している人を見かけました。
胸糞、つまり、「不快」や「理不尽」という意味ですが、本当にそうでしょうか。

人によっては、不快や理不尽に感じると思います。
しかし私は、それらよりも「感心」してしまいました。

「あー、そうきたか!」と。
目の前に「喝」と「あっぱれ」があったら、たくさん「あっぱれ」を付けたくなる感じでした。

不快や理不尽さよりも、完成された映画です。

 

まとめと評価

この映画について、なにも調べないことをオススメします。
あらすじを観て、私のレビューを観て、「おもしろそうだ」と思ったならば、観るべきです。

ちなみに、観終わった後、「あの後どういう展開が待ち受けているのか」を想像するのもおもしろかったです。

総合★★★★☆
脚本★★★★★
演出★★★★☆
映像★★★☆☆

Amazonビデオのページはこちら
→ スケルトン・キー (字幕版)

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-映画レビュー
-,