映画レビュー

映画「風立ちぬ」 レビューbyとも

2017/04/18

イメージ画像

映画のイメージ

3DS「バッジとれ~るセンター」でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS「バッジとれ~るセンター」のレビューは『HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも』にて。

 

概要

【公開年】2013年
【ジャンル】アニメーション
【監督】宮崎駿
【主なキャスト】庵野秀明、瀧本美織

あらすじ

飛行機に憧れている少年、二郎(少年期・鏑木海智)。
夢に現れた飛行機の設計家、カプローニ伯爵(野村萬斎)に励まされ、自らも飛行機の設計家になろうと夢見る。
大学生になった二郎(庵野秀明)は飛行機の設計を学んでいた。
そんな時、関東大震災が起きる。
そこで出会った少女、菜穂子(幼少期・飯野茉優)と運命的な出会いを果たす。

 

映画について

1・効果音

この映画、効果音が人の声で作られています。
声色を変えて、それを重ねたりして。
新しい試みのせいか、賛否両論あります。

2・喫煙シーン

賛否両論といえば、喫煙シーンに関して賛否両論あった作品でもあります。
私も夫も、タバコは吸わないですし、タバコの匂いも嫌いです。
しかし、映画やアニメ等で喫煙シーンがあって、「未成年が真似したら、どうすんだ。うんぬんかんぬん」という話はもっと嫌いです。
キャラクターとして形成されるアイテムの1つがタバコだと思うし、時代背景もあります。
ナンセンスな話です。

3・英語版

英語版の堀越二郎役をジョゼフ・ゴードン=レヴィットが担当しています。
好きな俳優さんで、声もいいんです。
日本版のDVDで吹き替えを切り替えられるので、見る前は、どっちでみるか頭を悩ませています。

 

今まで私が観た、宮崎駿監督の監督作品

『ルパン三世 カリオストロの城』(1976年)
『風の谷のナウシカ』(1984年)
『天空の城ラピュタ』(1986年)
『となりのトトロ』(1988年)
『魔女の宅急便』(1989年)
『紅の豚』(1992年)
『On Your Mark〜ジブリ実験劇場』(1995年)
『もののけ姫』(1997年)
『千と千尋の神隠し』(2001年)
『ハウルの動く城』(2004年)
『崖の上のポニョ』(2008年)

 

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

今回は箇条書きスタイルにしてみました。

【良かった点】

▼最初、二郎の声に違和感を覚えたが、慣れた。
というより、二郎の声がもっと聞きたいと思った。
棒読みという他の方のレビューもあったが、あれがいいのではないか。(全て棒読みでもない)
寡黙な感じと、誠実な感じが出ている。
作った声ではなく、素の声だから、なお良い。
私、個人では、ジブリ作品の中の好きな男性キャラ上位に入るくらい惚れた。
菜穂子の声との相性もよかった。素敵なカップルでした。

▼効果音が良い。
一般の普通の効果音に聞き慣れているせいか、この作品に出てくる地震やら飛行機の音が新鮮で、恐ろしくて、怯えた。
効果音でそんな体験は初めてでした。
他の方のレビューでは、気持ち悪い、違和感などの声がありましたが、私は好きです。

▼社会風刺が効いている。

▼主題歌が良い。
主題歌の歌詞を聞きながら、エンドロールを見たら、号泣してしまいました。
作中に主題歌で泣いたのは初めてでした。

 

【不満点】

▼時間の移り変わりが、はっきりしなく、わからなかった。
(「観客の混乱を最小限にとどめつつ、大胆な時間のカットはやむを得ない」と監督は覚書に書いていますが…)

▼淡々とした時間の流れが、飽きやすいかも。
(「日常生活は地味な描写の積み重ねになる」と監督は覚書に書いていますが…)

▼もう少し戦争の悲惨さを出して欲しかった。

 

まとめと評価

切なくて、悲しくも、美しい作品でした。
ジブリ作品=ファンタジーと思ってほしくない。
『風立ちぬ』は大人の為の映画です。

飛行機作りに憧れ、しかし、時代は一般的な飛行機ではなく、戦闘機を欲する時代。
二郎とその背景をどう読み解くか。
ご自分でご覧になって、考えてほしいと思います。

総合★★★★★
脚本★★★★☆
演出★★★★★
映像★★★★★

-映画レビュー
-, , ,