ウルトラマン 映画レビュー

映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」 レビューbyとも

イメージ画像

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

 

概要

公開年 2006年
ジャンル 特撮ヒーロー
監督 小中和哉
主なキャスト 五十嵐隼士、黒部進、森次晃嗣、団時朗、高峰圭二

 

あらすじ

ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエースのウルトラ4兄弟は、異次元人ヤプールの怨念の集合体である、究極超獣Uキラーザウルスと激しい戦いをしていた。
戦いの末、ヤプールの怨念を封印する。

その20年後、ウルトラマンメビウスが地球に降り立つ。

 

映画について

今作は『ウルトラマン』シリーズ、40周年記念として作られました。
なので、出演者が豪華。

  • 『ウルトラマン』のハヤタ役、黒部進さん
  • 『ウルトラセブン』のモロボシ・ダン役、森次晃嗣さん
  • 『ウルトラマンジャック』の郷秀樹役、団時朗さん
  • 『ウルトラマンA』の北斗星司役、高峰圭二さん

が登場します。

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

CGに違和感なし!

映画だからか、CGにも力を入れており、見応えがある。
また、CGとスーツアクターの場面のスイッチにも違和感がない。

まぁ、若干「ゲームっぽさ」はありましたが。

 

ベテラン勢がよい

ウルトラマン・黒部進さん、ウルトラマンセブン・森次晃嗣さん、ウルトラマンジャック・団時朗さん、ウルトラマンA・高峰圭二さんらがとてもよい。
スタッフや他のキャストから「ダンディー4」と呼ばれていたらしいが、ほんとにかっこよかった。

見た目だけでなく、彼らの言葉(セリフ)が1つ1つ重くて、心に来ました。

また途中で挿入される、各シリーズの映像もよかったです。

 

声優が豪華

フリーザやバイキンマンで有名な中尾隆聖さん。
ナレーションや吹替えで有名な玄田哲章さん。
(私の中では『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のビフ・タネンが一番印象的)

他、郷里大輔さん、青野武さんが出演されています。

けっこう豪華で、見応えがありました。

 

熱い展開

敵の戦略が巧妙だったり、ベテランウルトラマン達が参戦したりして、熱い展開がありました。
こういう熱い展開は、映画って感じがしますが、ただいま放送中の『ウルトラマンジード』も負けていないくらい熱いなと改めて感じました。

 

挿入歌や主題歌の違和感

一ヶ所だけ、挿入歌が入る場面があります。
これからシリアスになっていくだろうなと思う場面で、明るい曲がかかります。

大人の都合で、差し込まなければいけなかったのだろうと思うのですが、違和感がありました。

また、主題歌自体も、やはり違和感を感じました。
KIYOSI(氷川きよし)が歌っているのですが、voyager(ボイジャー)で聞き慣れているせいか、「コレジャナイ感」が・・・。

これが、THE ALFEEならば、まだ違和感なく、よかったのに。
とにかく、KIYOSIじゃない感が強いです。

 

これから観る方へ

この映画、テレビ本編の『ウルトラマンメビウス』の第24話へお話が続いていきます。
未だに、テレビ本編の『ウルトラマンメビウス』を見ていないという方は・・・

  1. テレビ本編の第4話までを見てから、今作を見る。
  2. テレビ本編の第20話までを見てから、今作を見る。

のどちらかを選んで、今作を見た方が良いです。
理由は・・・ネタバレになってしまうので、言えません。

ちなみに私は第20話までを見てから、今作を見ました。

 

本編と映画を絡ませる手法に疑問

上記の通り、この映画は、まず「本編」→「映画」→「本編」と見なければなりません。
この作りはいかがなものかと思いました。

そういうシナリオを作りたいというのはよくわかりますし、映画も見てほしいという思いもよくわかります。
しかし、当時のことを考えると、本編見て、映画館へ足を運び、また本編へ。
全てのメビウスファンが映画館へ足を運ぶとは考えにくく、映画を見ていない方は、24話以降「ん?」と思ったと思うのです。

レンタルという手もありますが、レンタル開始日は2007年1月26日のこと。
翌日の1月27日の『ウルトラマンメビウス』の放送話は41話。
・・・24話からだいぶ過ぎてしまっています。

これは、不親切な作りだと思いました。

 

ネタバレと評価

以下ネタバレの為、評価を先に。

総合 ★★★★☆
脚本 ★★★☆☆
演出 ★★★☆☆
映像 ★★★★☆

 

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

▼最後まであきらめず、不可能を可能にする。それがウルトラマンだ。

ウルトラマンらのセリフの中で、一番印象に残った言葉です。

今放送している『ウルトラマンジード』でも、それを感じます。

 

▼犬・アルトが繋がれている

犬のアルトが、柱にリードが繋がれたまま居たのが、違和感がありました。

誰がここに、つなげたのかな・・・。
それを想像で組みたてることは容易ですが、やはり「脚本の都合上」ということを感じてしまい、残念です。

 

▼エンドロールの映像が豪華

  • 『ウルトラマン』アキコ隊員役・桜井浩子さん
  • 『ウルトラセブン』アンヌ隊員役・ひし美ゆり子さん
  • 『帰ってきたウルトラマン』南猛隊員役・池田駿介さん
  • 『ウルトラマンA』南夕子隊員役・星光子さん

が友情出演として、エンドロールに登場します。

恥ずかしながら、桜井浩子さんしか、すぐにわからなかったのですが、ちょっと感動しながら見ていました。

40周年記念としての特別演出で、とてもよかったです。

 

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ウルトラマン, 映画レビュー
-, ,