ゲームの旅路 解説・操作方法・攻略

嘆きの胎 調査記録 第五圏【メガテンDSJ】

嘆きの胎

2017年10月26日に発売された、3DS用RPG『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』。

『メガテンDSJ』の主人公が、調査記録をつけていたら

というコンセプトで、攻略日記を作成しています。
記事の性質上、ネタバレありです。

前回の記録はこちら
→ 嘆きの胎 調査記録 第四圏【メガテンDSJ】

画像は、ゲーム内や公式の画像をスケッチ調に加工したものです。
公式サイトはこちら → 真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY
[権利表記 ©ATLUS ©SEGA All rights reserved.]

スポンサーリンク

記事下広告1

フォルナクスとグルース

種の記される地 フォルナクス

この記録が続いている時点で察してはいるだろう。

セクター「エリダヌス」にて、バニシングポイントより試みた「シュバルツバース脱出作戦」。
結果的には、失敗に終わった。
合同計画による破壊作戦も、同時に失敗したようだ。

このままでは、脱出も破壊もままならない。

再び流浪の身となり、辿りついた地は「フォルナクス」。
幾何学的な、黄金の壁。
地球上とは、とても思えないような場所だ。

 

フォルナクスでの調査は、これまで以上に困難ではあった。
しかしそれ以上に我々調査隊を苦しめたのは、あのジャック部隊だった。

彼らとのいざこざに関しては、ここで詳しく記録をするのはよそう。
アーサーが細かくデータにしていてくれているはずだ。

ともかく、この事件でクルーの1人・ヒメネスの身体に重大な変化があった。
本人はいたって元気だが、見た目はかなり問題がありそうだ。

 

ちなみに、フォルナクスの語源は炉座だそうだ。

 

 

想の揺れる地 グルース

次なるセクター「グルース」は、幻覚が支配する妖しい地だ。
これまでのセクター「アントリア」「ボーティーズ」「カリーナ」「デルファイナス」の光景が混在している。

このセクター攻略中も、ジャック部隊に悩まされた。
結果として、科学士官のゼレーニンの身体にも重大な変化がもたらされた。

グルースでは、ゴアも隊長としての自覚を取り戻した。

 

調査隊全体に大きな影響を及ぼした、グルース攻略。
手に入れたメインアプリ「アンロックC」で、このセクターの主に会うことができそうだ。
同時にこの「アンロックC」でようやく、「嘆きの胎」第5圏の調査も再開できる。

 

グルースの語源は、鶴座

まだセクターが続くとすれば、次の頭文字は「H」。
ついでと思い、頭文字が「H」の星座をゼレーニンに聞いておいた。

  • Hydra(うみへび座)
  • Horologium(時計座)
  • Hercules(ヘルクレス座)
  • Hydrus(みずへび座)

この4つ。
この中なら、ヘルクレスを希望したい。
勇ましいし、隊の士気も上がりそうだ。
今からアーサーに進言すれば通るだろうか。

 

第5圏の調査

ワープする花の壁

第5圏で早々に遭遇する、真っ白な壁。
これに触れるとワープするようで、開けた場所に飛ばされた。

ワープなら、サブアプリ「ミチビキエンゼル」と「ヨカンムシ」が役にたつ。
丁寧に調べながら進めば、それほど脅威ではないだろう。

そう思いながら次のワープに触れる。

飛ばされない。

良く見ると、壁にはいくつか花が描かれている。

嘆きの胎

周りを見ると、似たような壁はいくつもあり、花の数に違いがあった。
別の壁に触れてみる。

飛ばされない。

また、別の壁に触れてみる。
―――今度は、飛ばされた。

 

それからしばらくは、壁に触れては飛ばされ、また触れては飛ばされず。
を、繰り返して法則を検証してみた。

 

どうやら、ワープした時に描かれていた花の数が、次にワープが作動する壁を決めていたようだ。
具体的には、花が「1」の壁でワープをすると、次は「2」の壁でワープが可能。
ワープをした時に描かれていた花の数に、1を足した数が、次に作動するワープの花を示している。
例外的に、「0」の壁はいつでも使えるが、使用は「0」で上書きされてしまう。

以上の法則を踏まえ、サブアプリも使い、なんとかこのエリアを攻略していった。

 

デモニホブートキャンプ 6回目

嘆きの胎

第5圏での、デモニホブートキャンプ。
ワープで飛んだ先の小さなエリアで、彼は待っていた。

ここでの条件は、ブートキャンプ共通の条件に加え、合計レベルが180以下のパーティーで倒すというもの。

相手は、デモニホ。
遂に教官との対決だ。

お供として、「デモニカもどきL」「デモニカもどきC」という悪魔も連れている。
調査隊のクルーではなさそうだ。
どの悪魔もこれといって弱点はないが、デモニホは「物理」「銃」「火炎」に耐性があるため、別の属性の攻撃が有効であろう。

レベル制限は私にも適用されるため、メンバーに悩むところ。
4人パーティーだと、弱い仲魔を入れる必要があるな。
相手は3体だ。
ここは思いきって、3人パーティーで挑んでみる。

補助魔法を怠らず、マハジオダイン等の全体魔法で攻撃すれば、問題ないだろう。

 

この試合に勝つと、デモニホの雰囲気が変わった。
口調も変わり、威厳のある様子だ。
「次の階層にて、最後の試練を与える」とのこと。
デモニホブートキャンプは、次で卒業試験だ。
その時、彼の正体も判明するようだ。

 

アレックスの睡眠

探索中に、眠っているアレックスを見つけた。

彼女の持つAI・ジョージに、近づかないよう頼まれた。
こちらとしても、無益な争いをしたいとは思わない。
デメテルから「実り」の回収を頼まれてはいるが、寝ている相手を襲ってまで手に入れるつもりはない。

おっと、誤解を招きそうな言い方になってしまったな。

ともかく、この場で彼女の眠りを妨げる必要はないだろう。

ジョージは、彼女の境遇を少し話してくれた。
単身でこの地に乗り込み、孤独な戦いを続けている。と。
一体、何が彼女をそうさせているのだろうか?

 

魔神ゼウス

その後、しばらくワープを繰り返し、第5圏の奥地に到達した。
戦闘音が聞こえる。

先客がいるようだ。

 

戦っているのは、アレックス。
相手は、黒白の巨体。
奴が魔神ゼウスか。

ゼウスの攻撃・ケラウノスを受け、アレックスが膝をつく。
ジョージの機能も停止してしまったようだ。

嘆きの胎

今まで散々苦しめられた相手だが、見過ごせなかった。
なぜか自然と足が動き、気づくと私は、両者の間に立っていた。

機嫌の良いゼウス。
戦いに喜びを感じているようだ。

嘆きの胎

ゼウスとの戦いは、苛烈を極めた。
これが、ギリシャ神話の主神。
先のアレックスとの戦いの疲弊など、微塵も感じさせぬ猛攻。

特に危険なのは、「神雷」というスキル。
こちらの全員に攻撃をしつつ、「魔封」を付与するスキルだ。
「神雷」という名だが、属性は電撃ではなく万能
ダメージを防ぐ手立てはない。
ただし「魔封」はアクセサリーやスキルで対策ができる。
わざと「毒」になっておき「魔封」を受けない。という方法もある。

弱点は疾風で、電撃を反射する。
ゼウスの他の攻撃は物理属性と電撃属性なので、それらの属性に対する対策は立てておくべきだ。

 

なんとか、ゼウスを倒した。
消え際、「姉上に気を付けろ」と言い残す。
ゼウスの姉?
誰のことだ?

 

アレックスのAI・ジョージはなんとか修復を終えて再起動。
しかし彼女のスーツは戦える状態ではとてもなく、そのまま撤退した。

その時、何か落ちているのに気づいた。

これは、以前アレックスが使っていた物だな。
指輪のようだが、チェーンが通されペンダント状になっている。
あの時はホログラム映像のようなものが投射されていたが、使い方がわからないな。

ひとまず、持っておこう。

 

あとがき

いかがでしたか?
今回の攻略は、「嘆きの胎」第五圏でした。

特殊な法則のワープが出てきました。
こういったギミックは本編では登場しないので、少し新鮮です。
その分、頭を悩ませましたが。

次回は第六圏。
比較的すぐに攻略が開始できますが、メインアプリが揃わないうちは、不便になります。

この記事は『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』を題材にした小説風のジョーク記事ですが、攻略情報等に関しては正確な内容です。

今作で初めてシリーズに触れる人のための、『メガテン』講座記事はこちら
→ メガテン初心者のための『ディープストレンジジャーニー』講座 基礎知識・バトル編
→ メガテン初心者のための『ディープストレンジジャーニー』講座 育成・シナリオ編

その他の関連記事はこちら
→ 真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY(ディープ ストレンジジャーニー) レビュー byみなと
→ 真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY(ディープ ストレンジジャーニー) レビュー byとも
→ 真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY(ディープ ストレンジジャーニー) ファーストレビューbyみなと
→ 限定版『真・女神転生 25周年記念 スペシャルボックス』開封紹介
→ 真・女神転生 STRANGE JOURNEY レビューbyみなと(オリジナル版)

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームの旅路, 解説・操作方法・攻略
-, ,