ゲーム情報

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)予約開始! 最新動画をチェックしよう!

2018/02/17

はじめに

2018年2月15日、ニンテンドーラボの新情報が公開されると共に、予約も開始されました。
公式動画を紹介しつつ、今回の発表で特に気になったところを触れて行きます。

 

公式サイトはこちら
→ https://www.nintendo.co.jp/labo/index.html
画像は上記サイトと公式動画から引用[権利表記 ©Nintendo]

スポンサーリンク

記事下広告1

最新公式動画

まずは、最新の公式動画をチェックしましょう。

バラエティキット

 

ロボットキット

 

ニンテンドーラボ 紹介映像

 

今回公開された内容

今回は、ゲームの中身が明らかになりました。
1つずつ、気になったところに触れてみます。

 

バラエティキット メインメニュー

labo11

ゲームソフト内には「つくる」「あそぶ」「わかる」の三項目のメニューが用意されているようです。
バラエティキットの「あそぶ」のメインメニューは、こんな感じになるようですね。

 

リモコンカー Toy-Con

labo2

Joy-Conを取り付けたリモコンカー。
本体のタッチパネルを使って操作します。

Joy-Conのカメラを利用し、「赤外線カメラ」のような表示ができます。
マーカーに向かって自動操縦したり、暗くても走行したり。

これを応用したら、屋根をつけた迷路のようなコースを作って遊んだりもできそうです。

 

labo21

Joy-Conと、キットが2セットあれば、対戦もできるようです。
デコレーション用のパーツも付属しているみたいです。

 

つり Toy-Con

labo20

釣りざおを作成し、糸を巻いたり動かしたり。
本体の画面では、動かした通りに糸が動きます。

 

labo19

釣った魚は、アクアリウムで鑑賞可能。

いやぁ、素敵!
左下は何でしょう?
魚拓?

 

labo18

自分で紙型を作って撮影し、自分だけのオリジナル魚を作成することもできます。

・・・フォルネウス作ろうかな。

 

おうち Toy-Con

labo17

組み立てたお家に、本体とJoy-Conをセット。
住んでいる不思議生物の反応を楽しみましょう。

花札が貼ってる・・・。

 

labo16

「つまみ」をお家のさまざまなところに挿すことで、異なる反応が起こります。
水が注がれたり、ワープで繋がったり・・・。

複数挿すことでお家の中を別の場所にしたりもできるようです。

 

バイク Toy-Con

labo15

バイク型に作ったToy-Con。
アクセルをひねって発進し、傾けると曲がります。

サーキット等で楽しみます。

 

labo14

カメラで撮影したものの形や、センサーで感知した形のコースを作成できます。
道幅やアイテム配置も自由自在にカスタマイズ。

 

ピアノ Toy-Con

labo13

ピアノでは、はめこんだツマミによって、音が変わるようです。
「ネコ」や「おっさん」などがあるようです。

 

labo12

作曲もできます。
音の効果や、オクターヴも変えられます。

リズムを記したカードをToy-Conに挿してリズムを変えたり、指揮棒に見立てたJoy-Conを振って演奏したりと、幅広いプレイが楽しめそうです。

 

ロボット Toy-Con

labo07

ロボットの「あそぶ」のメニューはこんな感じみたいですね。
「カロリー」って、何でしょう?

 

labo10

背負うタイプのToy-Con。
ヒモに繋いだ段ボールを、両手両足に。
動かした時のヒモの動きを、背中のJoy-Conで感知するのかと。

実際の動きに合わせて、画面のロボットが動きます。
両手を広げて「ヒコウモード」!
しゃがむと車両に変形することもできます。

そして、街を思う存分破壊します。
N64『ブラストドーザー』みたいですね。

 

labo09

ヘッドセットを下ろすと、主観モード。
・・・・疑似VR?

 

labo06

ロボットの色を変えることも可能。

 

abo08

「チャレンジモード」で新たな必殺技を獲得したりもできます。

ロボットをもう一体用意できれば、2人対戦もできるようです。

 

つくる わかる

labo05

組み立てには、ハサミもノリも使わないようです。
段ボールから取り外したパーツを、折って挿しこむ。
基本的にはこれだけで完成するようです。

 

labo04

ソフト内に「動く説明書」が入っていますので、確認しながら組み立てましょう。

 

labo03

遊ぶだけではなく、その仕組みを理解するとさらに楽しめそうです。
ソフト内に、「なぜそうなるのか」を詳しく勉強できるシステムが組み込まれているようです。

構造や作用がわかれば、「発明」につながります。

 

labo02

そして、簡単な作用なら自作することも可能です。

例えば、「Joy-Conを振ると → 音が鳴る 」など、インプットとアウトプットを設定し、自分だけのToy-Conを作成できるようです。

 

ダウンロード版の販売

「ニンテンドーラボ」にはダウンロード版もあります。

しかし、ニンテンドーストア限定商品です。

ニンテンドーストアはこちら
→ https://store.nintendo.co.jp/

 

デコるセット・マスキングテープ

Nintendo Labo デコるセット

素材が段ボールなので、色を塗ったり、シールを貼ったり、モールやビーズなどで飾ってもいい。
そういった自分流のtoy-conを作れるのが魅力。

任天堂では、簡単にデコれるように、「Nintendo Labo デコるセット」を発売します。

【セット内容】

セットの中にある「ステンシルシート」とは、型の上から絵具などを使って、色を塗ることで、その文字などを残せるシート。

また、セットの中にある「シール」にマリオやテレサ、イカやリンクの「目」があるのがいいですね。

価格は980円(税別)。

 

マスキングテープ

さらに「マスキングテープ」も発売します。

ロゴマークやキノコやテレサなどのキャラクターデザインもあります。
価格は500円(税別)です。

 

まとめ

いよいよ、全貌が明らかになりつつある「ニンテンドーラボ」。
ソフト内も、想定してたよりずっと遊べるつくりのようで、安心しました。

ただ、現時点では「段ボールキット単体でのばら売り」は、なさそうです。
段ボールは壊れる素材ですからね、作成前に形を控えておいた方が安心かもしれませんね。

初報をまとめた記事はこちら
→ Nintendo Labo(ニンテンドーラボ) それは、Switch×工作で学び、楽しむ「新しいあそび」

当ブログなりにニンテンドーラボについて思うことを書いた記事はこちらです
→ 「ニンテンドーラボ」への、期待と不安

 

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲーム情報
-,