ゲームレビュー

ピックス3D レビューbyみなと

2017/08/02

ピックス3D

テヨンジャパンが贈る、新感覚パズルゲーム「ピックス3D」のレビューをいたします。
立体的にバラバラにされた ドット絵 を回転させ、平面のドット絵に見える位置にするとクリア。
解けば解くほど、新しい問題が開放される。

メインとなるクラシックモードでは、問題はカテゴリー毎のパックになっており、早く解けば、星を3つ獲得できる。
パックの最後には大きい絵を6分割した問題を解く。

その他、スピードを求められる別モードや、問題を自作できるモードがある。

[16年9月21日追記]
テヨンジャパンはその名前の響きから、韓国の会社を想像してしまいますが、ポーランドの会社です。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2013年4月17日
発売元 テヨンジャパン
開発元 Gamelion
ハード ニンテンドー3DSシリーズ
ジャンル パズル
CERO A(全年齢対象)
公式サイト ピックス3D
画像の出典 画像は全て上記サイトより引用
権利表記 ©2013 Gamelion. Licensed to and published by Teyon.

 

良い点

とてもスピーディー

1問あたりにかかる時間は早ければ2、3秒。
次の問題へも直ぐに行ける。
ロード時間なし。

 

膨大な問題数

今作に収録されている問題は、1000問以上。
とにかく多い。
問題を作成する機能もあり、問題数に困ることはない。

ピックス3D

 

問題チョイスがおもしろい

「ツェツェバエ」や「難破」、「肝臓」など、マニアックな選出。
なかなかお目にかかれない問題チョイス。

 

不満点

単純すぎるシステム

バラバラになった ドット絵 を回転させて、平面のドット絵にする。以上。
何問も何問もこなしても、やっていることは絵の回転のみ。飽きる。
早く完成させれば評価が高くなるが、初期状態がランダムなので戦略もなんもなし。
手数少ない位置でスタートすればラッキーってだけ。

 

ドット絵自体が微妙

問題のチョイスはおもしろいが、そこに ドット絵 の技術が追い付いてない感じ。
「きゅうり」と「豆」との区別がつかなかったり、そもそも、そう見えなかったり。
「注射器」と「ワクチン接種」なんて、回転させただけで両方「注射器」じゃん。
16×16ピクセルでは表現に制限があるかもしれないが、大きい絵でも上手いとは言えない。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 5時間

 

総評

パズルゲームのアイデア自体は良い。
が、それをおもしろさに発展させることは、できていない。
値段相当ではあるかな。低額で新しいパズルゲームをしたいなら丁度良いかと。

あまりにも多い問題数が、人によっては評価点にも難点にもなるだろう。

パズルの性質上、3D表示はONの方が解きやすい。

全体評価   ★★☆☆☆

シナリオ   ーーーーー
操 作 性  ★★★☆☆
システム   ★★☆☆☆
キャラクター ーーーーー
ビジュアル  ★★☆☆☆
音   楽  ★★☆☆☆

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , ,