ゲームレビュー

ロマンシング サガ2 レビューbyみなと

2017/07/31

ロマンシング サガ2

1993年にスーパーファミコンソフトとして発売された『ロマンシング サ・ガ2』。
斬新なシステムと、フリーシナリオで帝国史を築ける要素が人気を博し、一定のファンが付いた。

2010年には、携帯電話でプレイできるアプリとして配信された。
スーパーファミコン版にはない追加要素もあり、大変気になる存在であった。
しかし、「携帯電話のゲーム」に対する抵抗もあり、プレイはせず。

そして2016年。上の「携帯電話版」を整えた「 PS VITA 版」と「スマホ版」が配信された。
今回のレビューは、この「PS VITA版」。
タイトルは『ロマンシング サ・ガ2』から『ロマンシング サガ2』に変更されている。(中点・がない)

なお、今作は少し特殊なアプリケーションで、「 トロフィー 」や「ブラウザー」などのアプリケーションと同時起動できない。
通常のVITAのゲームアプリケーションは、起動状態を維持したまま「トロフィー」の取得状況を確認したり、「ブラウザー」でインターネットを閲覧することができるのだが、今作ではできない。
他のゲームアプリケーションとも同時起動できない。
特に重いアプリケーションではないのだが・・・なぜだろうか?

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2016年3月24日
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 アルテピアッツァ
ハード PS VITA
ジャンル RPG
CERO B(12才以上対象)
公式サイト ロマンシング サガ2
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
PSストアのページ ロマンシング サガ2(PS VITA)

 

SFC版と、VITA版の違い

ロマンシング サガ2

携帯電話版とスマホ版は未プレイのため、 SFC 版とVITA版での違いを、分かった範囲で挙げていこう。

 

ビジュアル面の強化

  • 背景画がとても綺麗。
  • フィールドや街並みも大変綺麗になった。
  • 一部の敵が動くようになり、戦闘中動作をする。

ロマンシング サガ2

 

トロフィー対応

低価格のゲームだが、 プラチナトロフィー も用意されている。

 

新ダンジョン、新クラスの追加

「追憶の迷宮」というダンジョンが追加された。
そこの攻略中に新クラス「陰陽師」、「忍者」を仲間にできるようになる。
新たな陣形も習得する。

 

新イベント、新アイテムの追加

一定の条件を満たすことで発生するイベントが追加。
また、このイベントや上記のダンジョンでは、新アイテムを手に入れることができる。

政策では「アバロンの園」という施設を作ることができて、収入が増える。

 

バグや誤表記を修正

全部ではないが、様々なバグを修正している。
ロマサガはバグや誤表記がとても多いシリーズ。
中には有用な裏ワザめいたものもあったが、まぁ修正して当然でしょう。

 

「強くてニューゲーム」の追加

ゲームクリアをしていなくても、選択したセーブデータの記録を引き継いだニューゲームを開始できる。

  • お金、国家予算
  • 技道場に登録された技
  • 各術、武器のレベル
  • 開発済みの合成術
  • 一部を除いたアイテム・装備品

これらは全て引き継ぎ可能なため、手詰まりになることはまずなくなった。

ロマンシング サガ2

 

良い点

パワーアップした数々の要素

上で述べた変更点は、ほとんど満足のいくものである。
特に「追憶の迷宮」では、敵の強さが味方の強さの影響を受けないため、「鍛え直し」や「大幅なレベルアップ」をねらえる。
(「追憶の迷宮」以外の場所では、味方の強さによって、敵もレベルアップする。そのため、ある程度ゲームが進むと会えない敵が出てくる。)

 

自分だけの帝国史を作れる

今作は「フリーシナリオ」を採用しており、プレイヤーの選択次第で物語の展開が変わる。

今作での主人公は、アバロンの「皇帝」。
敵である「七英雄」との戦いと、領土の拡大が目的。
支配下にした領土や施設の収入、ダンジョンで見つけた財宝などが国家予算となる。
施設の建設や、武具の開発は国庫から工面する。
選択次第では収入も増減するし、何を優先するか考えるのもおもしろい。

皇帝は秘法により、その力と意志を次代に伝承し、歴史を紡ぐ。
何百年という歳月を経て、今作の物語は完結する。(通常のプレイであれば)
ゲームクリアした際、「何年に、誰が、何を成したか」が記される。
それは、そのプレイヤーだけの帝国史である。

ロマンシング サガ2

 

革新的な「閃き」システム

今作の SFC 版で、初めて「閃き」システムが導入された。
これは通常攻撃や、技を使用した際、新たな技を閃くシステム。
敵が強いほど強力な技を閃きやすく、閃いた技はその場で使用するため、一発逆転もあり得る。
閃いた時、キャラクターの頭上に電球が点されるが、その瞬間がゲーム中で一番気持ちいい!

この「閃き」があるだけで、評価上がります。
ちなみに「閃いた技」は、年代が進むことで「技道場」に登録され、誰でも使えるようになる。

ロマンシング サガ2

ピコーン!!

 

術が強力

今作は術の有用性がとても高く、効果も様々。
「術法研究所」を建設すれば、「合成術」の開発も可能で、これも非常に強力。
術師の価値が高いゲームである。

 

不満点

移動が不便

街やダンジョンは、ワールドマップから場所を選択することで入口に入る仕組み。
が、そこから先は徒歩。
ダンジョンの奥底でボスを倒して、近くに出口がない場合、ひたすら戻るハメに。

街の場合、ショートカットキーで外に出ることは可能だが、奥に行くにはやはり徒歩。
そのショートカットキーも利く場所と利かない場所がある。
せめて拠点のアバロン内くらいは、自由に施設間ワープができても良かったのではないか。

大して広くないのが救いではあるが。

ロマンシング サガ2

 

キャラクター育成の自由度の低さ

上記のように、シナリオ面では非常に自由度の高い今作だが、キャラクター育成についてはその限りではない。

キャラクターそれぞれに得意な武器が決まっており、得意ではない武器を使わせても、新たな技を閃くことはない。
道場に登録済みの技であれば、覚えさせることは可能。

また、キャラクターの生命力を表す「LP」は、基本的には回復不可である。
一度仲間に入れたキャラクターは、この「LP」が尽きるまで外すことができないため、どうしても「使い捨て」感が出る。というか「使い捨て」を推奨している節がある。
せめて「引退」のようなシステムが欲しかった。

 

表記すべき情報を表記していない

  • 装備品のスペックが、正確にはわからない
  • 技や術の詳細が、戦闘中でなければわからない
  • 「追加効果」などは書かれていないことが多い

など、これでも SFC 版よりは改善されているのだが・・・。

 

面倒くさい「アバロンの園」

戦闘回数に応じて、大樹が成長する「アバロンの園」。
その成長度合いによって帝国の収入が増加するのだが、定期的に見に行き「樹が成長した」という報告を聞かなければ、重ねた戦闘回数が無駄になることが多い。
しかも後半になると、必要な戦闘回数が膨大になる。
まぁ、無視しても良い要素ではあるが、 トロフィー の獲得を目指す場合は必須。

恩恵も「収入が増える」くらいしかないため、どうにもやる気が起きない。
「名産品」が実るとか、イベントが起きるとか、近くにある池で釣りができるとか、なんかあれば良かったのに。
大樹自体も、ある程度大きくなると変化が分かりづらい。

ロマンシング サガ2

画像左が、最大まで成長した「大樹」。言うほど「大樹」でもない。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード版
プレイ時間 40時間
所持しているサウンドトラック Kenji ItoדSaGa” Battle Music Collection+
シリーズのプレイ状況(みなと ロマンシング サ・ガ3SFC
サガ フロンティア(PS)
サガ フロンティア2(PS)
アンリミテッド:サガ(PS2)
ロマンシング サガ ーミンストレルソングー(PS2) 
トロフィー 状況 100%
トロコン 難易度 普通

 

総評

基本的には SFC 版の移植であり、当時の不便さや不親切さ、古臭さは残ってはいる。
しかし、修正点・追加点も多く各段に遊びやすくなった。

「サガ」シリーズに慣れているかどうかで、難易度はかなり上下するであろう。
時間はかかるが「強くてニューゲーム」を駆使すれば、決してクリアは不可能ではないので、SFC版『ロマサガ2』でクリアできずに終わった人とかには、特にオススメしたい。

12月15日には新作『サガ スカーレット グレイス』が発売する。
長らく音沙汰なかった「サガ」シリーズが、復活するきっかけになるだろうか。
そして願わくば、この流れで『ロマンシング サ・ガ3』も移植orリメイクして欲しいものだ。

『ロマサガ3』のリマスター版が開発中とのこと。
こちらの記事で取り上げています。
→ 『ロマサガ3』が、ついにリマスター! みなとも Game News Pick Up 17年3月22日~3月28日

PSストアのページはこちら
→ ロマンシング サガ2(PS VITA)

全体評価   ★★★★☆

シナリオ   ★★★★☆
操 作 性  ★★☆☆☆
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★☆☆
ビジュアル  ★★★★☆
音   楽  ★★★★★

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , , ,