解説・操作方法・攻略

協力プレイが楽しい!「サーモンラン」攻略のコツ /Splatoon2(スプラトゥーン2)

2017/08/11

サーモンラン

『Splatoon2』より新たに搭載されたゲーム、「サーモンラン」。

今回は、みんなで協力するのが楽しい「サーモンラン」について詳しく解説していきます。

「サーモンラン」は、素敵で楽しい、明るい職場。
より楽しく働くために、押さえておくべき情報をまとめていきます。

全てのオオモノシャケの対処法

全ての特殊な状況の対処法

これらを網羅しています!

情報量が多く、とっても大事なことも書いています。
いつでも読めるように、ブックマークをオススメします。

スポンサーリンク

記事下広告1

『Splatoon2』概要

発売日 2017年7月21日
発売元 任天堂
開発元 任天堂
ハード Nintendo Switch
ジャンル アクションシューター
CERO A(全年齢対象)
公式サイト Splatoon2 
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの

 

バイトのはじめ方

サーモンラン

まずは、ランクを「4」以上にしましょう。
「ロビー」に入り、「レギュラーマッチ」をプレイしていれば、上がります。

ランク4になったら、ロビー左の路地の奥。
「ヒーローモード」のマンホールより、さらに奥の事業所「クマサン商会」で、「サーモンラン」への参加ができます。

広場メニュー

「Xボタン」で開けるメニューで「クマサン商会」を選択すれば、直接行くこともできます。

スプラトゥーン2

こちら、クマサン商会を取り仕切る「クマサン」。お世話になります!

 

研修

サーモンラン

まずは研修で、基本的なゲーム内容を学びます。
キホンの「キ」と「ホ」を学びます。

「『ン』はどうした」って?
クマサンが教えてくれますよ。

「ホ」で、ボス格の「オオモノシャケ」との戦い方を、クマサンが丁寧にレクチャーしてくれます。

 

研修がひと通り終わったら、いよいよバイト生活のスタートです。

 

バイトの時間、場所確認

サーモンラン

バイトは、働ける時間帯や場所、支給ブキが決まっています。
メニュー画面の「ステージ情報」で確認しましょう。

ステージによって立ち回りも変わりますので、何度も挑戦して慣れると良いです。

 

サーモンラン 基本的なルール

スプラトゥーン2

「サーモンラン」のスタートメニュー(上の画像の画面)で「ーボタン」を押すと「バイトマニュアル」が読めます。
「サーモンラン」の基本的な事は、全てこの「バイトマニュアル」に書いてありますので、一度目を通しておきましょう。

サーモンラン

こんな感じ。
とてもホワイトですね!

まあまあ長いので要約すると、

  1. ブキ・ギア・インクタンクは商会で用意した物を使う
     
  2. 「スペシャル」は、バイト開始時に支給された物を2回まで使える
     
  3. シャケ軍団を協力して倒す
     
  4. オオモノシャケから手に入る「金イクラ」を確保する
     
  5. 「金イクラ」を「イクラコンテナ」に運ぶ
     
  6. 「金イクラ」を集める個数にはノルマがある
     
  7. ノルマを達成できなかったら、その時点でバイト終了
     
  8. シャケ軍団が上陸してから海へ帰るまでを「WAVE」という
     
  9. 3度の「WAVE」が終わると、バイトクリア
     
  10. 報酬は事務所の表にある受付で受け取る

サーモンラン

ひと言でいうと、

オオモノシャケから手に入る「金イクラ」を、「イクラコンテナ」に運ぶ

これが、この仕事の目的です。

 

仲間と協力する

このバイトで重要なのが、仲間と協力するということ。

仲間?くだらん。1人で戦える

 

と思ったそこの狼さん!
このバイトはとっても危険。
1人では絶対ムリです!

どう協力していくか、順に説明していきます。

1.金のイクラは1度に1つしか持てない

オオモノシャケを倒すと、3つの「金イクラ」が出現します。
しかし、同時に3つは持てません。
一度に1個です。

何度も往復して取りに行ってやるよ

 

と、言うと思ってました。
貫きますねぇ。

実は、金のイクラが出現すると、シャケの仲間である「タマヒロイ」が回収しにやってきます。
辺りを見渡し、コソッと海の中へ持ち去ってしまいます。

タマヒロイ サーモンラン

「金イクラ」を「イクラコンテナ」に運んでいる最中に、持ち去ってしまうので、仲間と協力して、「金イクラ」を回収しましょう。

 

2.シャケ軍団にやられたら、仲間が助けてくれる。

シャケ軍団の攻撃にやられると、ウキワ状態になります。
この時に、「ヘルプ」ボタンを押して、仲間に助けを求めましょう。
仲間がインクをかけてくれることによって、復活できます。

また逆に「ヘルプ」が見えたら、助けに行ってあげましょう。

シャケ軍団にやられるなんて、弱いって証拠。オレは強い!

 

おお!お強いのですか?
それは頼もしい限りです。
しかし、シャケ軍団をあなどってはいけません。

シャケ軍団は、後ろから、上から、下からと攻撃を仕掛けてきます。
どれだけ、シューティングが得意な狼さんでも、不意を突かれます。

 

3.役割分担が必要な状況になる。

倒すのに役割分担が必要な状況になります。
役割分担をすることによって、戦況を有利にすることができます。

役割分担なんて、めんどうくせぇ。

 

・・・一匹狼キャラはどうしたのですか?
ただの面倒くさがりになってますよ。

話を元に戻します。

▼グリル発進

これは、装甲戦車「グリル」が1人の標的を目がけて、発進してきます。
狙われた1人は、とにかく逃げる。
他の3人が「グリル」の背中の弱点を狙う。

 

▼ドスコイ大量発生

これは、シャケ軍団である「ドスコイ」が大群で攻めてきます。
大砲が用意されるので、1人~2人は大砲で道を作り、残りの人は、「金イクラ」を回収していく。

 

4.協力するためのコツ

私たち夫婦が見つけた、協力するためのコツをお教えします。

お願いします

 

素直でいいんですが・・・なにか違和感が。
まぁいいか。

1.声を掛け合っていく

知らない人に声かけなんてできません

 

意外にも人見知りだったんですね。
そんな人でも大丈夫。
かけ声は3種類しかありません。

  1. カモン(十字キー上ボタン)
  2. ナイス(十字キー下ボタン)
  3. ヘルプ(十字キー上ボタン)

どういう時に使うんですか?

 

3種類しかないから安心しましたか?
お教えします。

  1. 「カモン」
    「こっちに敵がいるよ」
    「ここに金のイクラが落ちてるよ」
    など、仲間が来てほしい時に使います。
     
  2. 「ナイス」
    「敵を倒してくれてありがとう」
    「助けてくれてありがとう」
    「いい動きだったよ」
    など、感謝や褒める時に使います。
     
  3. 「ヘルプ」
    「ウキワ状態です。助けてください」
    と、ウキワ状態時に使います。

声を掛け合うことで、共闘感が生まれます。
また信頼度もアップします。

一度しか出会わない相手に掛け声なんて必要ないんじゃないの?

 

そう思うのも、しかたがありません。

しかし、「カモン」を使うことで、戦況が有利になる。
「ナイス」を使うことで、仲間の士気(モチベーション)があがる。
「ヘルプ」を使うことで、早く戦闘に復帰できる。
つまり、クリアへの近道が生まれるのです。

戦闘に夢中で、十字キーボタンなんて押せないよ

 

それはとってもわかります。
しかし、不器用でも、何度も十字キーボタンを押しているうちに、うまく使えるようになりました。

使えるようになると、言われても、言うのも楽しくなります。
練習あるのみです。
がんばってください。

がんばります

 

 

オオモノシャケ一覧

やっかいなオオモノシャケ。
でも「金のイクラ」を落とすので、倒さなくてはいけない相手。

研修でも習いますが、予習・復習を兼ねて、倒すコツをお教えします。

バクダン

サーモンラン バクダン

インク爆弾を投げてくるバクダン。
頭上にボムエネルギーをためていくので、そのボムエネルギーを目がけて、攻撃しましょう。

ボムエネルギーを攻撃し、暴発させると一発で倒せます。

支給されたブキによっては、ボムエネルギーに届かないので、高い場所に移動するか、他の仲間に任せましょう。

放たれたインク爆弾は範囲・攻撃力が大きい。
すぐに離れましょう。

 

ヘビ

サーモンラン ヘビ

大量のインクを流していくヘビ。
しっぽにいるのは操縦手。
操縦手は無防備なので操縦手を攻撃しましょう。

どこまでも付いてくるので、避けながら、しっぽまで行きましょう。
1人が誘導し、別の人がしっぽを攻撃するのも有効です。

倒した後も、大量のインクが残っており、やっかい。

 

テッパン

テッパン サーモンラン

突進攻撃をしてくるテッパン。
前面にある盾に攻撃をしていくと、動きが止まる。
さらに攻撃していくと、盾が壊れる。
後ろにまわると、無防備な操縦手がいるので、攻撃する。

もしくは、1人が盾に攻撃し、動きが止まっている最中に、他の仲間が後ろから攻撃してもいい。

 

タワー

サーモンラン タワー

口から、インクビームを出すタワー。
インクビームはかなりの距離まで届く。

スペシャル「ハイパープレッサー」と同様の性能。

体である「鍋」を攻撃する。
全ての「鍋」がなくなると、自身のコンロの火により自滅する。

比較的倒しやすい相手だが、攻撃がやっかい。
最優先で倒しましょう。

 

モグラ

サーモンラン モグラ

インクの中を自由自在に動き回り、下から攻撃してくるモグラ。
「ウキ」や円が見えるので、モグラが出てくる目安になるが、やっかい。

出てきた所を攻撃してもいいが、丈夫なので、時間がかかる。
早く倒すには、「ウキ」や円にボムを置くこと。

ボムを飲みこんだモグラは一撃で倒せる。

 

コウモリ

サーモンラン コウモリ

弾丸を打って、インクの雨を降らせるコウモリ。

スペシャル「アメフラシ」と同様の性能。

装甲で体を覆っているので、攻撃できない。
しかし、弾丸を打った直後に出現する本体は攻撃できる。
また、弾丸を打ち返して本体に当てると、一撃で倒せる。

放たれた弾丸を打つと、弾丸が壊れるので、インクの雨は降らない。
なるべく、インクの雨を降らさないようにしよう。

 

カタパッド

サーモンラン カタパッド

肩にミサイル発射装置が付いて飛ぶ、カタパッド。
発射されたミサイルは円になるので、目安になるが、見落としがち。

スペシャル「マルチミサイル」と同様の性能。

両方のミサイル発射装置は、フタがついていて、ミサイルを発射するためにフタが開く。
この開いた時にボムを投げ込む。
両方のミサイル発射装置が壊れると、倒せる。

いざボムを投げようとすると、インクが足りないと言うことがある。
インクを補充し、備えよう。

このカタパッドに苦戦したフレンドとの対戦の様子はこちら
→ 珍プレイ好プレイ続出!?サーモンランで、フレンドとバイトしました!/Splatoon2(スプラトゥーン2)

 

特殊な状況 一覧

 

サーモンランには、特殊な状況、環境になることがまれにあります。
これらは、研修では習いません。
ですので、ここで、予習していってください。

また、「特殊な状況」という訳ではありませんが、「満ち潮」「引き潮」の状態があり、海面が「WAVE」によって上下します。
潮の状態にも気を配りましょう。

ラッシュ

サーモンラン ラッシュ

ステージ全体が暗くなり、シャケの大量発生が起こります。

ヒカリバエ(細かい光の粒)が発生し、誰か1人にまとわりつきます。
シャケたちは、ヒカリバエがまとわりついている人を優先的に攻撃するので注意しましょう。

また、シャケたちの大群にまぎれ、金色の「キンシャケ」も登場します。
「金イクラ」は、この「キンシャケ」を倒してゲットします。

ラッシュは、「金イクラ」大量入手のチャンスです!
ただし、猛攻で押しきられることも多々ありますので、油断しないように。

ラッシュ

ヒカリバエがまとわりついている。つまり狙われている。

[17年8月10日、11日追記編集]
難破船ドン・ブラコのステージならば、誘い出しポイントはココ↓。
キンシャケをギリギリまで、イクラコンテナの近くまで、引き寄せます。
そして、全員で攻撃。
そうすると、倒した時、すぐに金イクラが回収しやすい。
全員で、誘い出しポイントで、攻撃すると、難なくクリアできる。

シェケナダムの場合も同様。
イクラコンテナ近くの高所で誘い出しましょう。

シェケナダムの場合

 

霧(きり)

サーモンラン 霧

かなり濃い霧に包まれるため、よく見えません。

仲間との連携が大切です。
1人で戦わず、4人で固まって戦うべきです。

「カモン」をしっかり使い、お互いの位置を把握しましょう。

[17年8月6日追記]
霧の時は、金色の「キンシャケ」が登場することもあります。
大量の金イクラゲットのチャンスです。

霧の難破船ドン・ブラコ

霧でよく見えません

 

グリル発進

サーモンラン グリル発進

赤い糸で結ばれる。
なんて素敵な話でしょう。

しかし、サーモンランでの相手はグリル。

赤いビームで1人を標的にし、ずっと追いかけてきます。

 

[17年8月10日11日追記編集]
標的になったら、高所で誘い出し、近づいてきたら降りて、壁伝いにまた高所に登るを繰り返します。
そして、仲間に対処してもらいましょう。

標的になっていないなら、背後からグリルを攻撃です。

また大量のコジャケもいます。
グリルに気を取られ過ぎないようにしましょう。

グリル発進

狙われています

 

シェケナダムのステージの誘い出しポイントはここ↓
ここにいたならば、自分が標的になったとしても、攻撃できます。

ドン・ブラコの場合は、赤い丸で囲んだ場所↓。
イクラコンテナから遠いですが、近づいてきたら降りて、壁伝いにまた高所に登るを繰り返すためには、ココがベスト。

全員が固まっていると、グリルに全滅させられます。
ある程度散らばりましょう。

 

ドスコイ大量発生

サーモンラン ドスコイ大量発生

シャケ軍団の「ドスコイ(太っちょ)」が大群で攻めてきます。
大砲が用意されるので、1人~2人は大砲で道を作ったり、ドスコイを倒しましょう。
オオガタシャケも、できるだけ大砲で倒しましょう。

「引き潮」の時に、この状況になる場合があります。

シャケ サーモンラン

残りの人は、「金イクラ」の回収をしていきましょう。
「カタパッド」など、ボムでしか倒せない敵には注意です。

大砲は、イカになって乗りこみます。
ZLを押しっぱなしにし、ZRで発射します。
また、大砲のインクは自身が持っているインクを使うため、インクがなくなったら、大砲から出て、インクを補充する必要があります。

役割分担が大切です。
みんなで大砲に乗りこむと、「金イクラ」の回収がむずかしくなります。

また、大砲に乗っている状態でも「カタパッド」や「タワー」の攻撃が来る場合があります。
油断しないように。

ドスコイ大量発生

左に見える丸いのが大砲。この中にイカになって入り、大砲を打ちます。

 

キンシャケ探し

まだ、この状況下になったことがないので、詳しくは説明できない。
申し訳ない。
一緒に予習しましょう。

マニュアルを読むと、

  1. たくさんの「カンケツセン」が現れる。
  2. キンシャケがたくさんの「カンケツセン」の1つだけに隠れている。
  3. キンシャケを見つけ、仲間を呼び、「金イクラ」をゲット。

という具合。

また、間違った「カンケツセン」を撃つとシャケが出てくる。
そして、「カンケツセン」を撃った時にもれる光が強いほど、キンシャケが近くにいる。

[17年8月5日追記]
遭遇しました!
バイトランク「じゅくれん」以上で出現するのかと思います。

基本的にはマニュアル通りですが、補足を少し。

  • 出現したキンシャケは、「カンケツセン」から「カンケツセン」へ移動し、逃げる
  • キンシャケが出現したら、ただちに「カモン」で全員を呼ぶ
  • 攻撃すればするだけ「金イクラ」を落とす
  • マニューバー等の連射力の高いブキでの攻撃がベスト
  • キンシャケがいなくなっても、またどこかの「カンケツセン」に潜んでいる

カンケツセン

輝くカンケツセン。このどれかにキンシャケが潜んでいる

カンケツセン

カンケツセンが開いているところ

キンシャケ

キンシャケは、そそくさと別のカンケツセンへ逃げる

 

ハコビヤ襲来

これも、まだこの状況下になったことがないので、詳しくは説明できない。
申し訳ない。
これも、一緒に予習しましょう。

マニュアルを読むと、

  1. 母艦「ハコビヤ」から多数のシャケコプターが飛んでくる。
  2. 「ハコビヤ」は、「イクラコンテナ」から「金イクラ」を奪おうとする。
    絶対阻止!絶対阻止!
  3. シャケコプターの箱を爆発させてシャケコプターを倒したら、「金イクラ」をゲット。

て、感じですね。

ザコシャケにも注意しつつ、シャケコプターを撃退しましょう。

[17年8月5日追記]
遭遇しました!
バイトランク「じゅくれん」以上で出現するのかと思います。

基本的にはマニュアル通りです。
飛んでいるシャケコプターを、箱ごと倒すことで「金イクラ」が出現します。

「ハコビヤ」による吸い取りを阻止せねば、クリアできません!
吸い取りに来た「ハコビヤ」をすぐに対処すれば、吸い取られることはありません。
なので、「ハコビヤ」が来たら、「カモン」で仲間を呼び、みんなで対処しましょう。

シャケコプターとハコビヤ

シャケコプターとハコビヤがやってきました

ハコビヤ襲来

ハコビヤに狙われていると、クマサンが教えてくれます。すぐにイクラコンテナへ。

ハコビヤ

ハコビヤ。すぐに攻撃!

 

満潮[17年8月6日追記]

時々、満潮になることがあります。
満潮だけならまだしも、満潮+霧(きり)など、合わせた状況になることもあります。
満潮になると、足場が狭まるので、大量にオオモノシャケが来た時に対処しにくいというデメリットがあります。
しかし狭い分、イクラコンテナに運びやすいというメリットもあります。

満潮になった際に気をつけることは、網の上でイカにならないこと
網の上でイカになると、落ちます。
下に地面がある時なら大丈夫ですが、満潮ならば海にポチャンです。

通常の難破船ドン・ブラコ

通常の難破船ドン・ブラコ

満潮の難破船ドン・ブラコ

満潮の難破船ドン・ブラコ

 

引き潮[17年8月6日追記]

時々、引き潮になることがあります。
こちらも、引き潮+霧など合わせた状況になることもあります。

「ドスコイ大量発生」は、この引き潮のときのみ起こります。

引き潮の場合、イクラコンテナは干潟に設置されます。
開始後、引き潮になってきたら、すぐに下へ降り、「カモン」をして仲間を呼びましょう
これかなり大事です。

引き潮は、シャケが来る方向がわかりやすいメリットがあります。
しかし通路が狭いため、「テッパン」や「ヘビ」が侵攻してきた際、道を塞がれてしまいます。

倒すべき敵、引き寄せるべき敵を判断し、突っ込みすぎないよう冷静に対処しましょう。

引き潮

 

その他 覚えておくこと

ブキ・ギア・インクタンクはバイト側が支給

サーモンラン

バイトで使うブキ・ギア・インクタンクは、クマサン商会が用意した物を使います。
ブキは、「WAVE」ごとに違うものに変更されます。

そのため「自分の得意なブキ」や「理想的なギアパワー」を準備できません。

不得意なブキだと、自分の思うように戦えないです。
もし成績が悪くても、あまり気落ちしないようにしましょう。

また、バイト仲間の成績が悪くても、それはブキに慣れていないからかもしれません。
腹を立てたりしないようにしましょう。

 

スペシャルは、2回だけ使える

通常のバトルとは違い、「サーモンラン」では「スペシャル」を使えるのは2回だけです。

ゲージをためる必要はなく、すぐに発動できます。

支給される「スペシャル」は、そのバイトの回によって違いますので、なんの「スペシャル」が使えるか、画面の右上で確認しましょう。

サーモンラン

 

バイトランクと共に、難しくなる

サーモンラン

バイトの結果によって、評価は上下します。
一定値に到達すると、バイトランクが上がります。

バイトランクが上がると、報酬が良くなったり、さらなる挑戦ができるようになります。

ランクは「けんしゅう」→「かけだし」→「はんにんまえ」と上がっていきますが、ランクが上がるほど難しくなります。

一度に登場するオオモノシャケの数が増えたり、特殊な状況になったりします。

「いちにんまえ」からは、かなりの難しさになります。
バイトをクリアすることすら簡単ではなくなり、ひとりひとりが的確なプレイをすることが求められます。

評価値は「第3WAVE」まで行っていれば下がることはないので、とにかく「第3WAVE」まで行くことを目指しましょう。

ノルマを達成したら、生き残ることの方が大事です。

  • 味方をすぐに復活させること
  • 呼びかけをし合うこと
  • むやみやたらに敵に突っ込まないこと

これらを忘れずに、バイトを楽しみましょう。

 

バイトランクの上限[17年8月5日追記]

バイトランクは全部で6つあります。

  1. けんしゅう
  2. かけだし
  3. はんにんまえ
  4. いちにんまえ
  5. じゅくれん
  6. たつじん

「けんしゅう」には戻らないと思うので、実質は「かけだし」からの5つです。
「たつじん」の100ポイントに達したところでランクアップしなかったので、「たつじん」が最高ランクかと。

 

ステージギミックについて[17年8月6日追記]

難破船ドン・ブラコにのみ用意されているギミック。

ステージの両脇に、甲板へ登るためのリフトがあります。
プロペラを攻撃することで、作動します。

また、側面にインクを塗ることで、イカで泳ぐこともできます。

リフトを作動する際は、同乗する人がいないか確認しましょう。

リフト

 

まとめ

イカがでしたでしょうか。
「サーモンラン」のバイトのことが、わかったでしょうか?

ランクが上がるとかなり難しいですが、中毒性があるので、バイト生活から抜け出せません。

素敵なバイト生活をがんばってください。

「サーモンラン」の関連記事はこちら
→ 珍プレイ好プレイ続出!?サーモンランで、フレンドとバイトしました!/Splatoon2(スプラトゥーン2)
→ サーモンラン ブキ種別攻略 立ち回りのコツ!【スプラトゥーン2】

『スプラトゥーン2』のファーストレビューはこちら
→ 1台で2人プレイは不可。サーモンランが楽しい!Splatoon2(スプラトゥーン2)ファーストレビュー

「ヒーローモード」の関連記事はこちら
→ これがヒーローモードだ!シオカラーズamiiboの使い方/Splatoon2(スプラトゥーン2)
→ ヒーローモード 全ボスの攻略法!ネタバレあり!/Splatoon2(スプラトゥーン2)

「Joy-Con(ジョイコン)の調子がおかしいな。」
と感じたら、こちらの記事が参考になりますよ!
→ Joy-Con(ジョイコン)の誤作動や不具合を解消する方法

一匹狼

イラストby夫・みなと

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-解説・操作方法・攻略
-, ,