ゲームレビュー

世界樹の迷宮IV 伝承の巨神 レビューbyみなと

2017/07/28

世界樹の迷宮IV 伝承の巨神

『ウィザードリィ』をはじめとする、3DダンジョンRPG。
そのレトロな雰囲気と、ニンテンドーDSならではの2画面・タッチ操作を活かした、アトラスの名作『世界樹の迷宮』シリーズ。
今作はその4作目にあたり、シリーズで初のニンテンドー3DS用ソフトである。

シリーズ全体の特徴としては、

  • マス目で管理される3Dダンジョン
  • タッチペン を使ったマッピング
  • クラス(職業)と絵柄を選択するキャラメイク
  • 「スキルポイント」を消費して自由にスキルを取得するシステム
  • ランダムにエンカウントする雑魚敵と、ダンジョンを徘徊する強敵(F.O.E)の存在
  • 敵が落とした素材を換金&新商品の開発に
  • 「状態異常」や「封じ」が重要な戦闘
  • パーティメンバーは基本喋らない
  • ゲームブック風の、特徴的なテキスト
  • キャラクターデザインは日向悠二氏
  • サウンドは古代祐三氏

こんなところか。
また、『Ⅳ』と『Ⅳ』からの特徴としては、

  • 「気球挺」によるフィールド探索
  • 敵がアニメーションするようになった
  • F.O.Eが実際の姿のグラフィックで徘徊する(前作まではモヤモヤ)
  • 仲間個人ではなくパーティで発動管理する「バーストスキル」の追加
  • スキル取得がツリー式に
  • 金色のレアモンスターが追加美術背景に、ジブリ作品などに関わった山本二三氏
  • 低難度の「カジュアルモード」が追加
  •  すれちがい通信 に対応

などなど。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2012年7月5日
発売元 アトラス
開発元 アトラス
ハード ニンテンドー3DSシリーズ
ジャンル 3DダンジョンRPG
CERO A(全年齢対象)
公式サイト 世界樹の迷宮IV 伝承の巨神
画像の出典 画像は全て上記サイトより引用
権利表記 ©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

 

良い点

上で挙げた特徴は、どれも今シリーズを非常に魅力的にしてくれている。
そんな「今シリーズならではの魅力的な要素」も含めた「良い点」を挙げてみよう。

3Dダンジョンとマッピング

『ウィザードリィ』や『メガテンSJ』等と同様に、3Dで展開されるダンジョンは、方眼紙に書いたような構成。
それを一人称視点でマス目ごとに移動し、探索していく。
ショートカットや隠し通路なども用意されていて、繰り返し探索するストレスは低い。

下のタッチ画面を使ってマッピングをする。
壁や水路、注意点や仕掛けや宝箱の場所など様々な情報を書きこみ、自分だけの地図が作れる。
ペルソナQ』でその楽しさに触れた人も多いのではないだろうか。

「ニンテンドー3DS」は今作のシステムのためにできた。と言っていいくらいハマっている。

世界樹の迷宮IV 伝承の巨神

 

自分だけのキャラメイク

パーティメンバーは、名前、クラス、容姿を設定し、ギルドに自由に登録し、自由に編成できる。

▼容姿

容姿は各クラス毎に4種用意されており、各2色に色変えも可能。
見た目的には明らかだが、容姿の性別は設定されておらず、プレイヤーの脳内設定次第。
キャラクターデザインは日向悠二氏。
とっても可愛らしい絵柄。

世界樹の迷宮IV 伝承の巨神

 

▼スキル

スキル周りも良い。
レベルアップで獲得する「スキルポイント」を、好きなスキルに振り分け取得・強化する。
振り分け次第で、同じクラスでも全く違う性能になるため、プレイスタイルに合った育成が楽しめる。
「スキルツリー」で見やすさも抜群。

世界樹の迷宮IV 伝承の巨神

 

▼クラス(職業)

クラスはゲーム開始時は7種だが、進行と共に増え、最終的には10種。
どのクラスも個性的でおもしろい性能なため、パーティ編成がとても楽しい。
ストーリーが進むと「サブクラス」が設定でき、さらに奥深い育成ができる。

世界樹の迷宮IV 伝承の巨神

 

「バッドステータス」が猛威をふるうバトル

基本は古典的なコマンドバトル。
が、重要なのは「状態異常」や「封じ」といった、いわゆる「バッドステータス」。

代表的なところだと「毒」。
行動後にダメージを受ける状態異常。
普通のRPGだと、そのダメージは最大HPの5~10%くらいの軽いもの。
しかし今シリーズの「毒」は、HPの半分くらい一気に持っていく怖ろしい状態異常だ。

「封じ」も強力。
頭・腕・脚の三種類の「封じ」があるが、この「封じ」にかかると、その部位に関わるスキルが使用できなくなる。
その部位に関わるステータスにも影響があり、「脚封じ」だと攻撃の回避も不可能に。

もちろんこれらは、味方だけではなく敵にも有効で、上手く使うと戦闘の難度は大きく変わる。

 

緊張感を生むF.O.E(フィールド・オン・エネミー)

ペルソナQ』の「フューシス・オイケイン・エイドロン」と同様。
フィールド上を徘徊している強敵で、それぞれのサイクルで巡回している。
遭遇した時点では段違いの強さを誇るため、基本的には上手く避けながら先を進むことになる。

今作では固有の姿で徘徊しており、道を切り拓くためにF.O.Eを利用する場面もある。
上述の「封じ」などを活用して戦うと、格上のF.O.Eでも倒せる場合もあって、その達成感はなかなか。

世界樹の迷宮IV 伝承の巨神

 

ゲームブック風のテキスト

例えば、ダンジョン探索中に湧水を見つけた。とする。

「君たちはこの湧水を飲み、喉を潤しても良いし、このまま立ち去っても良い。」

こんな感じの文章がゲーム全体に展開されている。
水を飲んだことで体力が回復するかもしれないが、夢中で飲んでて敵に囲まれるかもしれない。
その選択はプレイヤーの手に委ねられるのだが、単純に「水を飲みますか? YES/NO」といった選択肢にしないところにセンスを感じる。

 

心躍るサウンド

古代祐三氏のサウンドは、勇壮で美しい。
まさに「迷宮」な、ダンジョン探索のBGMは、それぞれダンジョンの雰囲気にとても合っている。
戦闘BGMは実にカッコよく、筆舌に尽くしがたい。
一度聞いてみると良いよ。

「戦場 ~」って曲が、各ダンジョンの雑魚戦。
「戦乱 ~」って曲が、ボス戦。

その他の楽しい要素

  • 大地に隠された「秘宝」の探索
  • サクッと攻略できる「小迷宮」や、歯ごたえ抜群の「クリア後隠しダンジョン」
  • ストーリーも悪くない
  • 気球挺による探索も、若干不便なところがあるが、良いスパイスになっている

 

不満点

セーブスロットは1つだけ

家族や兄弟で別のセーブデータを使うことはできない。

 

なんだか疲れる

おじいちゃんか。
これは完全に俺だけの不満点だが、『世界樹』シリーズや『ペルソナQ』は、1プレイにかけるエネルギーが大きいようで、同系統のゲームを続けてプレイする気にならない。
大好きなシリーズではあるのだが、1年くらいは間を開けてプレイしたい。

 

プレイ状況

ソフトウェア パッケージ版
プレイ時間 80時間
所持しているサウンドトラック 「世界樹の迷宮IV 伝承の巨神」オリジナル・サウンドトラック
予約特典 ディスク『SQ4 サウンドトラック Rough Sketch ver.+Outtake』
シリーズのプレイ状況(みなと 『世界樹の迷宮』(DS)
勲章獲得状況 全て埋まってはいるが、一部の勲章は最高ランクではない
勲章コンプ難易度 かなり難しい 秘宝は運も絡む

 

総評

非常に完成度が高く、難易度選択も可能なため、シリーズ初心者にもオススメできる今作。
ナンバリングや、外伝・リメイクが何作も出ているが、ストーリー的な繋がりは特にないようなので、どこから始めても良いかと。

今作の機能の1つに、「プレイデータを『ギルドカード』にし、好きなパーティメンバーを1人添付してQRコード化」する機能がある。
ソフトを手放してしまったため俺は作れないのだが、「自慢のキャラをブログで公開!」なんてことも可能だったのだなぁ。

全体評価   ★★★★★

シナリオ   ★★★★☆
操 作 性  ★★★★☆
システム   ★★★★★
キャラクター ★★★☆☆
ビジュアル  ★★★☆☆
音   楽  ★★★★★

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , ,