ゲームレビュー

とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)内ゲーム「パネポン」 レビューbyとも

2017/05/15

概要

「とびだせ どうぶつの森 amiibo+」のゲーム内でできる、3DSゲーム「パネポン」。
ようやくゲットし、ストーリーモードをクリアしたので、レビューしていきます。

とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)内ゲーム「パネポン」

アップデート内容についてはこちら
→ とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス) アップデート内容まとめ
アップデート内容についてのレビューはこちら

→ とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス) アップデート後レビューbyとも

その他の関連記事はこちら
 とびだせ どうぶつの森 ダイレクト 2016.11.2にて気になった情報
→ とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス) ハッピーホームデザイナー連動編 byとも
→ とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス) amiiboフィギュア・カード編 byとも
 とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)内ゲーム「無人島脱出ゲーム」 レビューbyとも

画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの。

 

ゲーム内で「Newニンテンドー3DS」の家具を獲得する

オートキャンプ場のキャンピングカーにて、住民の誰かが持っている「Newニンテンドー3DS」の家具をチケットと交換。
または、まめつぶ商店にて、 ゲームコイン 2枚を使い、フォーチュンクッキーを購入。
それを食べ、中から出てきたおみくじと交換。
57番が「Newニンテンドー3DS」の家具。
なお、私は現実のNewニンテンドー3DSも、「NFC リーダー/ライター」も持っていないので、ひたすらフォーチュンクッキーを食べていました。

 

ゲームのプレイの仕方

家具としてのNewニンテンドー3DSを、家の部屋に置き、Newニンテンドー3DSの前でAボタンを押すとプレイできる。
なお、その家の住人以外の人が部屋にやってきても、プレイできない。
同じ村の他のプレイヤーがプレイする場合は、家具を渡してもらい、自分の家の部屋に置く必要がある。

 

スポンサーリンク

記事下広告1

ゲーム内容

基本的なルールは、『パネルでポン』シリーズと同様。
『パネルでポン』とは、インテリジェントシステムズ開発のスーパーファミコン用ソフトで、その後さまざまなキャラクターで『パネポン』が作られている。

 

「ストーリーモード」の他に、「エンドレスモード」、「スコアアタック」、「おじゃまアタック」、「アメちゃんモード」の5つがプレイできる。
しかし、初期では「ストーリーモード」しかできない。
開放するには、「ストーリーモード」を進めていくしかない。

とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)内ゲーム「パネポン」

開放条件

「ストーリーモード」では7人と戦うことになる。
その1人目クリアで「エンドレスモード」。
2人目クリアで「スコアアタック」。
4人目クリアで「おじゃまアタック」。
6人目クリアで「アメちゃんモード」がそれぞれ開放になる。

 

パズルのやり方と特技について

十字キーで、カーソル(四角の枠)を移動させ、Aボタンで、果物のパネルを左右逆にできる。
片方が空白の場合、パネルは空白側へ移動する。
その時、下にパネルがなかった場合、パネルは落ちる。

タテ、ヨコ3個以上、同じ果物のパネルがそろうと、消える。
消えたパネルの、上のパネルは、そのまま落下する。
落ちた先でパネルが揃えば、連鎖が発生する。
4個以上消したり、連鎖や同時消しを行うと、支持率またはスコアが伸びる。

L、R、Bボタンのいずれかを押している間、パネルがせりあがってくるので、それを上手く使うといい。

一番上まで、パネルが行き、その状態がしばらく続くとゲームオーバー。

 

パネルを消す毎に特技ゲージがたまっていき、満タンになると、Yボタンまたは、下画面タッチで特技が発動できる。
特技は「ヨコ一列消す」だが、amiiboを読み込むと、別の特技になる。
amiiboによって特技は違う。

とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)内ゲーム「パネポン」

 

ストーリーモード

村長の座を狙う村民とパズルで対戦することになる。
といっても『ぷよぷよ』の「おじゃまぷよ」が降ってくるわけではなく、己との戦いである。
対戦相手は7人。
ラストの7人目以外は、対戦相手と戦う前に、それぞれ3回の予備戦があり、そこで村民の支持率を高めておき、対戦相手と戦った時に、支持率が100%になるとクリア。

とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)内ゲーム「パネポン」

予備戦の様子。
「クリアまであと9ライン」とあるが、その下にピンクと黄色のラインがあるのがわかるだろうか。
そのラインがプレイする場所に出てくる。
そのラインより、全てのパネルが下回ったらクリア、ということ。

とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)内ゲーム「パネポン」

中央にあるピンクと黄色のラインがあるのがわかるだろうか。(カーソルの真下)
全ての果物パネルをそのラインの下になるように、消したり、移動するとクリア。

とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)内ゲーム「パネポン」

予備戦では、速ければ速くクリアするほど、支持率が高くなる。
3回の予備戦が終わったら、本戦。

とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)内ゲーム「パネポン」

スクショでいうと、今、支持率は60%なので、残り40%集める必要がある。

本戦では、一番上まで、パネルが行き、その状態がしばらく続くと、支持率が10%毎減っていき、支持率が0%になると、ゲームオーバー。

右下の丸で囲まれたものは、特技発動可能状態ということ。
なお、特技は予備戦から本戦まで、途中のゲージも、満タン状態も引き継げる。
ただゲームオーバーになった時は、特技ゲージはリセットされる。

とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)内ゲーム「パネポン」

苦戦したのは、この2分以内という時間制限付きのステージ。

とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)内ゲーム「パネポン」

住民がほとんど支持してくれているのに、タイムアップで終了。
しかも対戦相手の笑みに腹が立った。

 

ステージによって、出てくる ギミック も違う。
アメちゃんパネルは隣合わせになった果物パネルが消えると、一緒に消えてくれる。
おじゃまパネルは上から板や岩が横になった状態で落ちてくる。
隣接している果物パネルが消えると、板や岩が果物に変わって落ちてくる。
また、「2分以内」の他にも「4個以上または同時消しのみ支持率が上がる」という条件のステージもある。

 

予備戦、本戦ともに、ゲームオーバーになっても、そこからやり直しが出来る。
しかし、本戦クリア前にゲームオーバーやタイムアップになり、「やり直し」をしなかった場合は、その対戦相手の予備選から再開となる。

 

「ストーリーモード」をクリアすると、「ちょいムズモード」が解禁された。
ちょいムズは、果物パネルが1つ増えるだけだが、難易度は上がっている。
ちょいムズは未だクリアできていないので、ちょいムズクリア後のレビューはできません。

 

エンドレスモード、スコアアタック、おじゃまアタック、アメちゃんモード

  • エンドレスモード
    ゲームオーバーになるまでプレイし、スコアを競うモード。
  • スコアアタック
    2分以内に、どれだけスコアを稼げるかを競うモード。
  • おじゃまアタック
    おじゃまパネルが降ってくるモード。スコアを競う。
  • アメちゃんモード
    パネル内にあるアメのパネルを、どれだけ消せるかを競うモード。

それぞれ、かんたん、ふつう、むずかしいの難易度がある。
難易度が上がるにつれ、初期のパネルの配置位置が高く、スピードが速い。

 

良い点

ゲーム内でゲーム

まさかのゲーム内でゲーム。
しかもしっかり作られていて、クオリティが高い。
これを無償アップロードでやってしまうとは。
恐れ入りました。

 

手紙

パネポンをプレイすると、ニンテンドーから手紙が届き、「パネポンなタイル」をもらった。
また、「ストーリーモード」を進めていると、「パネポンなかべがみ」をもらった。
ストーリークリアで、「パネポンなクッション」。
ものすごい数の同時消しを達成した、ということで、「3DSソフトのたな」。
ものすごい数の連鎖を達成した、ということで「3DSステーション」をもらった。
「ちょいムズモード」は、まだクリアしていないのでわからないが、クリアをすると何かもらえるのかもしれない。

まさかの手紙+家具で嬉しかった。
なお、同じ村の他のプレイヤーに3DSを渡し、そのプレイヤーが「パネポン」をプレイしても、手紙をもらえた。
つまり、最大4人が住むことができるので、最大4つそれらの家具がもらえるということ。

とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)内ゲーム「パネポン」

 

不満点

そのまま終わらせてしまいそう

このゲーム、夢中になってしまい、ついつい「とび森をしている」ということを忘れてしまう。
なので、そのまま電源を消してしまいそうになる。
パネポンをプレイ中に電源を消すと、とび森をリセットしたことと同じことなので、リセットさんがやってきますよ。
まぁ、リセットさんは、設定していればの話ですが。
どちらにしろ、それまでのプレイ状況は消えてしまうので、きちんとセーブしてから終えましょう。

 

難易度

なかなか苦戦しました。
ストーリークリアできないんじゃないかと焦りました。
amiiboを読み込むことによって、違う特技が発動できるので、その為に難しいのかと思ったほどです。
パズルが苦手な方は厳しいかと。

 

説明書がない

電子説明書には「パネポン」について書かれていません。
また「パネポン」内にもありません。
なので、初期の説明をしっかり読む必要があります。

 

総評

「Newニンテンドー3DS」の家具を手に入れる為、amiiboができない人にとっては、運との戦い。
店頭に並んでいるフォーチュンクッキーが、両方53番のチワワの置物だった時は、かなり悔しい思いもしましたが、なんとか手に入りました。

さて、パネポンですが、『ぷよぷよ』に慣れているため、ついつい、上下の反転を考えてしまい、タイムロスになっていました。
しかし、慣れてくると、左右の反転だけを考えられるようになりました。
練習あるのみです。

アップデート内容についてはこちら
→ とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス) アップデート内容まとめ
アップデート内容についてのレビューはこちら

→ とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス) アップデート後レビューbyとも

その他の関連記事はこちら
 とびだせ どうぶつの森 ダイレクト 2016.11.2にて気になった情報
→ とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス) ハッピーホームデザイナー連動編 byとも
→ とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス) amiiboフィギュア・カード編 byとも
 とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)内ゲーム「無人島脱出ゲーム」 レビューbyとも

全体評価   ★★★★☆

シナリオ   ★★★☆☆
操 作 性  ★★★☆☆
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★★☆
ビジュアル  ★★★☆☆
音   楽  ★★★☆☆

-ゲームレビュー
-, , ,