ウルトラマン

『ウルトラマンジード』第1話 感想/水上の戦闘が印象的! byとも

2017/07/24

はじめに

17年7月8日から放送が開始された『ウルトラマンジード』。
ウルトラマンはほぼ初心者、また女であるこの私、ともが感想を書いてきます。

なお、ネタバレもありますので、放送をご覧になった後に読んでいただくのが、ベストだと思います。

『ウルトラマンジード』の公式サイトはこちら
→ http://m-78.jp/geed/

『ウルトラマンジード』は、放送後一週間「見逃し配信」を無料で視聴できます。
YouTubeの円谷プロの公式チャンネル「ウルトラチャンネル」をチェックしましょう。
→ YouTube「ウルトラチャンネル」

画像・動画は上記公式サイト、もしくは上記公式チャンネルからの引用
[権利表記 © 円谷プロ  © ウルトラマンジード製作委員会・テレビ東京]

ウルトラマンシリーズ ともの鑑賞歴

スポンサーリンク

記事下広告1

第1話で判明したこと

人物、怪獣(登場順)

▼朝倉リク(濱田龍臣)

リク

  • 駄菓子屋「銀河マーケット」で働く。

  • 超人的な力を持っていて、ジャンプの勢いで天井に頭をぶつけたり、2階から落ちても平気だった。

  • 星雲荘(銀河マーケットの2階)にペガッサ星人のペガと一緒に住んでいる。
    ペガと住んでいることは内緒。

  • TVヒーロー「爆裂戦記 ドンシャイン」が好き。
    憧れていると思われる。

  • 信念は「ジーッとしてても、ドーにもなんない」。
    略してジードと呼んでいる。

  • 赤ちゃんの時に天文台で保護された。
    その為、本当の両親を知らない。

  • 自分は、地球人だと思い込んでいたが、レムに地球人ではないと否定される。

  • フュージョンライズ後の名称を「ウルトラマンジード」、ライザーを「ジードライザー」にしたりと、自分で名称を決めていった。

 

▼久米ハルヲ(水野直)

  • 駄菓子屋「銀河マーケット」の店長。

  • 売り物である、ふ菓子が好き。
    このふ菓子は、リクも認めるうまさである。

  • 身内に妹・良子、姪・エリがいる。

 

▼原良子(三輪ひとみ)

  • 「銀河マーケット」の店長・久米の妹である。

  • 娘のエリがいる。

 

▼原エリ(内田未来)

  • 「銀河マーケット」の店長・久米の妹・良子の娘である。

  • スカルゴモラの視点では、エリが黄色に光っていたため、エリはスカルゴモラに狙われていると思われる。

 

▼ペガッサ星人ペガ(CV・潘めぐみ)

ペガ

  • 壁や床などの通り抜けができる。また、透明にもなれる。

  • 機械いじりが得意。

  • リクがペガを助けてくれた。

  • 造花を作る、内職をしている。カーネーションかな。

 

▼スカルゴモラ

スカルゴモラ

  • ベリアル融合獣ということで、ベリアル要素が入ったカラーリング。
    胸のカラータイマーもベリアル要素ということか?
    ・・・鳴るのかな。

  • レッドキング × ゴモラ

  • 伏井出ケイの手によって、出現した。

  • スカルゴモラの視点では、エリが黄色に光っていたため、エリを狙っていると思われる。

 

▼レム(CV・三森すずこ)

レム

  • 報告管理システムで、声だけの存在。

  • 球体型偵察機・ユートムを操る。
    ユートムは撮影している映像を基地に送ることが可能。

  • ユートムの時にリクに近づき、血液を採取。
    DNA検査をし、リクがベリアルの息子だということを突きとめた。

  • レムという名は、リクが名づけた。
    レムから「Report Management(レポートマネージメント)のイニシャルですね」と由来を問われるが、リクはタジタジになる。
    この様子から、レムの由来は別にあると思われる。

  • フュージョンライズ用のマシン・ライザーのセットをリクに渡した。

 

▼鳥羽ライハ(山本千尋)

ライハ

刀剣を持った女性。
今後、リクと共に闘っていくと思われる。

 

▼愛崎モア(長谷川眞優)

モア

スカルゴモラが消えたことで、喜びを爆発させる、楽観的なキャラクター。
公式ホームページによると、宇宙人犯罪者を取り締まるAIBに所属している。
・・・MIBのことか。

 

▼シャドー星人ゼナ(岩田栄慶 / 星人型CV・浅沼晋太郎)

  • 宇宙人犯罪者を取り締まるAIBに所属しており、愛崎モアの先輩にあたる。

  • モアとは反対に慎重派のようだ。

 

▼伏井出ケイ(渡辺邦斗)

ケイ

  • とにかく怪しい。そして絶対、敵。

  • マニュキュアが雑。

  • フュージョンライズ用のマシンを使って、レッドキングとゴモラのカプセルで、スカルゴモラを出現させた。
    また、冷却が完了しないと使えないもよう。

 

▼ウルトラマンジート プリミティブ

  • 「ウルトラマン」×「ウルトラマンベリアル」の力

  • 『ウルトラマンジード プリミティブ』へのフュージョンする際の決め台詞。
    「融合(ゆうごう)! アイ ゴー! ヒア ウィー ゴー!決めるぜ!覚悟!ハァーハッ!ジード!」
  • かなりの距離を跳躍できる。

  • ジードが地球で活動できるのはおよそ3分間。
    次に変身できるのは、およそ20時間後。

  • 「ウルトラマンジード プリミティブ」での必殺技は、光子エネルギー「レッキングバースト」。

 

名称・その他

▼ジードライザー

ジードライザー

フュージョンライズ用のマシン。
レムからもらう。
これを使うことにより、本来の姿、本来の力を行使できる。
また、ウルトラカプセルを入れる黒い方に触ることにより、レムとの通信もできる。

 

▼ウルトラカプセル

ジードライザーに装着して、ウルトラマンの力を得る、ウルトラカプセル。
このウルトラカプセルを開発したのは、科学者でもあるウルトラマンヒカリ。

 

▼クライシス・インパクト

テレビ「知りたいワイド」で放送された内容をまとめます。

6年前に発生した怪獣災害。
災害のため、当時の記録は全て失われたとされていたが、1枚の写真が偶然見つかった。
そこにはウルトラマンベリアルが写っていた。
怪獣災害の原因は隕石落下とされていたが、このベリアルのせいだったのではないのか。

という話でした。
対立していたので、にわかには信じがたいということでしょうか。

 

▼駄菓子屋「銀河マーケット」

リクが働いているお店。
店長・久米がスカルゴモラから店を守ろうとするが、願いかなわず、第1話にして破壊される。

 

▼アイスの謎

とけたアイス

エリがアイスをねだり「アイスの定番 コズミック アイスクリーム バニラ」を手に入れたが、ドロドロに溶けていた。
しかし、リクが調べたところ、冷凍庫は壊れていない。
その日の夜にペガが調べると言っていたが、リクに「見つかったら大変」という理由で、反対される。

なぜ溶けたかは謎のまま。
今後のカギになるかも?

 

▼爆裂戦記 ドンシャイン

  • リクが大好きな、TVヒーロー。

  • リクの部屋にはポスターやDVD、CD、帽子などのグッズが置いてある。

  • リクはドンシャインのDVDを見ていたが日課なのか?

  • ドンシャインのキメ台詞は「ドンドン照らすぜ。爆裂戦記ドンシャイン。ヒア ウィー ゴー!」

 

▼秘密基地

  • 基地はスリープモードにしていたが、ベリアルの血が流れるリクが現れたことにより、通常モードへ。
    リクの今後の拠点となりそう。

  • 天文台の地下500メートルに位置する基地へはエレベーターで移動。
    このエレベーターは座標を変えることにより、着地点を移動できる。
    どこでもドアのよう。

 

地域名

▼星山市(ほしやまし)

  • リクが住んでいた市の名前。
  • 秘密基地が星山市にあるのかは不明。

 

▼上遠野町(かどのちょう)

  • 良子の父もしくは義父が住んでいる地域。
  • 第1話で、良子とエリは、おじいちゃんの家に行く。

 

世界観

  • ウルトラマンや怪獣は、都市伝説のような扱い。
    宇宙の平和を守る為にベリアルと戦ったということくらいは知っているそうだが、信じる者と信じない者が分かれるもよう。
    なお、スカルゴモラ、ウルトラマンジードの登場により、都市伝説は現実のものとなる。

  • ウルトラマンジードが初めて登場した時、住民は、キョトンとしていた。
    敵か味方かを考えるよりも先に、「あれはなんだ?」と未確認生物を見たような気分になったと思う。

 

第1話「秘密基地へようこそ」の感想

タイトルバック

第一話の影絵

『ウルトラマンオーブ』で復活したタイトルバックの影絵。
『ウルトラマンジード』も影絵続投です。
今回の影絵は「ウルトラマンジード」。
やっぱり、影絵かっこいい!

 

テレビ

「銀河マーケット」やリクの部屋にある、テレビがどう見てもアナログ。
というか、画面が湾曲しているテレビ、久しぶりに見ました。

さすがに、今のお子さま達、知らないわ。

 

シン・ゴジラ

スカルゴモラが街を突っ切るとか、サイレンとか、避難とか、『シン・ゴジラ』そのもの。
上空からの映像とかも、『シン・ゴジラ』を思い起こしました。

 

ペガがかわいい

第一話基地

レムの声が聞こえるかという問いにうなずく、ペガ。
声もかわいいが、仕草もかわいい。
ペガの活躍に期待。

 

初めてのウルトラマンジード

リクが初めて、ウルトラマンジードにフュージョンライズ(変身)した時、自分の姿が見えず、困惑しています。

そうですよね。

自分の姿は鏡で見るか、映像で見るかしか、できませんものね。
自分の姿を知らず、とりあえず戦い始めるウルトラマンジードに、幼さを感じます。

戦い方もよくわからず、でも一所懸命さだけは伝わってきます。
しかし、本能的に戦う感覚を持っているのか、上手になっていきます。
また、光子エネルギー「レッキングバースト」の出し方もわかります。

遺伝子情報に組み込まれているんですね。

 

ウルトラマンジードの感覚と活動時間

ウルトラマンシリーズでは、よく建物が壊れたシーンを見ましたが、どういう感覚でぶつかっていくのかは、語られませんでした。
リクはこの感覚をこう話しています。

「建物も道路もやわらかい。砂で作ったみたいだ。」と。

なるほど。
力がある分、ぶつかっても痛くないんですねぇ。

また、ジードが地球で活動できるのはおよそ3分間。
次に変身できるのは、およそ20時間後とレムが話していました。
この20時間という制約は、今後の活躍に響きそうですね。

こういう情報はおもしろいなと思いました。

 

川での戦い

水上戦

まさか、川で戦うとは思いませんでした。
しかも全身、びちゃびちゃ。
水しぶきや水がしたたるのも、よくわかります。
これが月明かりに照らされて、とってもきれいです。

これは、「何度でも観たくなる名シーン」になると思います。

撮影大変だったろうなぁ。

 

必殺技「レッキングバースト」

力をためる時も放つ時も、ベリアルっぽく、禍々しさと光の融合で、かなりのかっこよさでした。

 

カメラワーク、特撮

第一話街

  • スカルゴモラの下からのアオリの映像が、いい!
    迫力があるし、大きく見えるし、なにより強そう。

  • ジードが登場した際のオフィスからのカメラワーク。
    ノートパソコンや観葉植物、KING JIM(キングジム)を思わせるファイルがあったりと、細かい。
    また、夜ということもあり、目の青がきれい。

  • 川での戦いの時、水中からの映像もあり、迫力が増していました。
    スワンボートを映すのもgood!

アクション

スカルゴモラのしっぽ攻撃に倒れるジードですが、倒れ方(回転)がかっこいい。

 

次回「怪獣を斬る少女」への期待

火を操る少女が登場。
しかし、ダダに捕まってしまう。

この少女を助けようと、鳥羽ライハとリクが助け合っていました。

来週は、ライハとリクの出会いですね。
どんな会話がされるのか、楽しみです。

次回は「怪獣を斬る少女」。
決めるぜ!覚悟!

次回「怪獣を斬る少女」の感想はこちら
→ 『ウルトラマンジード』第2話 感想 / 泣いた / ライハ姉さんと呼ばせてください! byとも

関連記事はこちら
→ DXジードライザー 感想/カプセル組み合わせ一覧

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます



-ウルトラマン
-