ウルトラマン

『ウルトラマンジード』第14話 感想 / シャドー星人クルトと時空破壊神ゼガン。秀麗なゼナにクラクラ!

2017/10/14

はじめに

17年7月8日から放送が開始された『ウルトラマンジード』。
ウルトラマンはほぼ初心者、また女であるこの私、ともが感想を書いてきます。

なお、ネタバレもありますので、放送をご覧になった後に読んでいただくのが、ベストだと思います。

『ウルトラマンジード』の公式サイトはこちら
→ http://m-78.jp/geed/

『ウルトラマンジード』は、放送後一週間「見逃し配信」を無料で視聴できます。
YouTubeの円谷プロの公式チャンネル「ウルトラチャンネル」をチェックしましょう。
→ YouTube「ウルトラチャンネル」

画像・動画は上記公式サイト、もしくは上記公式チャンネルからの引用
[権利表記 © 円谷プロ  © ウルトラマンジード製作委員会・テレビ東京]

当ブログの『ウルトラマンジード』関連記事はこちら。
他の回の感想もこちらです。
→ 「ウルトラマンジード

ウルトラマンシリーズ ともの鑑賞歴

スポンサーリンク

記事下広告1

主な出演者一覧

  • 朝倉リク(濱田龍臣)
  • 鳥羽ライハ(山本千尋)
  • ペガッサ星人ペガ(CV・潘めぐみ)
  • レム(CV・三森すずこ)
  • 伊賀栗 レイト(小澤雄太 /ゼロCV・宮野真守)
  • 愛崎モア(長谷川眞優)
  • シャドー星人ゼナ(岩田栄慶 / 星人型CV・浅沼晋太郎))
  • シャドー星人クルト(鈴木裕樹)

 

第14話「シャドーの影」の流れ / ネタバレ

ようこそ秘密基地へ

モアが秘密基地へ。
どうやら、リクが呼んだよう。
物珍しい秘密基地に、興奮を隠せないモア。

リク「今日は大事な話があって来てもらったんだ。」

そこにライハがお茶を持ってきました。

モアは、一緒に住んでいる場所はここなのかを尋ねます。
そうだと答えるリク。

モア「大事な話・・・同棲カップル・・・まさか!」

とリクとライハが結婚する妄想をします。

その妄想を必死にかき消すモア。

リク「もじもじしてないで!挨拶するんだろ?」

モアはさらに結婚話を疑います。
そこに登場したのはペガ。

モアは「ペガッサ星人!?」と、ペガが現れたことに驚きます。

ペガはすかさず、初めましてと挨拶をします。
リクは、ジードとバレてから話さなければいけないと思っていたし、ペガも昔から挨拶したがってたと、モアに話します。

モアはいつから一緒にいるのか尋ねます。
ペガに会ったのは中学の頃からだよと答えます。

モアはショックを受けます。
なぜなら、2人で映画に行った時も、プラネタリウムに行った時も、実はペガも同行していたとわかったから。
なにより、お化け屋敷で怖がってモアに抱きついてきたのがリクだと思っていたのに、本当はペガだったから。

モア「私の青春の思い出が・・・。」

謝るリクと、ペガ。

しかし「ペガ君も一緒ってことは同棲じゃなかったってこと?つまりこれはそう・・・ルームシェアリング。希望の光が見えてきた~!」

と、前向きに考え、気分がよくなったモアは、みんなにおごるよと言います。

冒頭から笑わせてもらいました。

まず、リクとライハが結婚する妄想。
まぁ、大事な話と同棲ならば、結婚を想像しますよね。
それにしても、リクとライハ、いいカップルだと思うんだけど・・・ごめんモア。

そして、デートだと思っていた思い出の数々が実は、ペガも一緒だったこと。
これは、悲しい!
しかも、抱きつかれたのがリクじゃなくて、ペガだったのは、さらにショック。

けれど、同棲ではなくルームシェアリングだとわかり、持ち前のポジティブさで明るくなってましたね。
そのポジティブさ、ほしいわ~。

 

ピクニック

モアは、ドーナッツやお菓子をたくさん買ってきたらしく、みんなで外でピクニックをしています。

ライハ「AIB?あなたがそんな組織の一員だったなんて」
モア「ぽくないでしょ?」
ライハ「うん。ぽくない。」
モア「え!?ひどーい!」

と笑いあいます。

やっと、モアとライハが仲良くなりましたね。
恋のライバルじゃないとわかったから、モアはライハを受け入れた感じがします。
しかし・・・まだわからないぞ、モア!

それにしても、2人の会話を聞いているリクの演技よかったですね。
ちょっと困惑する感じが出ていました。

そういや、テーブルに広げられたお菓子の1つ、チョコシューの袋に、賞味期限が書いてありました。
「17.07.13」と。
さすがに期限切れの商品は置かれていないと思うので、現在は17年の5月か6月くらいでしょうか。

モアは、リクがウルトラマンジードだということは、誰にも話していないから安心してほしいと話します。
リクは「信じているよ」と返します。

リクがペガにドーナッツの半分を渡します。
その様子を見て、モアは

「ちゃんと見ているつもりでも、見えてないことってあるのね」。

そして、最近ゼナ先輩の様子がおかしいことを打ち明けます。
モアに黙って、1人でなにかを調べているようだと。

ゼロ「あいつはシャドー星人だからな」

いつの間にかいた、ゼロにビックリする3人。

ゼロいわく、シャドー星人は好戦的な侵略者で、冷酷で残忍なため、宇宙ゲリラと呼ばれていた。
シャドー星は、ベリアル軍との戦いで、壊滅状態になり、シャドー星人は散り散りになった。
ゼナも本当のところはわからないぞと、釘をさします。

モアはそれは偏見だと、みんながそうとは限らないと怒りだします。
時間が経てば、考え方も変わることがある。
そもそもゼナ先輩のなにを知っているのかと。

しかし、ゼロは「じゃあ、お前はあいつの何を知っている?」

と言われ、モアはなにも言えなくなってしまいます。

ほんとにいつの間にかゼロがいたよ。
どうして、そこにゼロがいたんだろう。
尾行してきたのかなぁ?
それとも・・・

ゼロ「暇だな・・・。おい、レイト。あいつら探して合流しようぜ。」
レイト「え?そんな、僕これから大事な資料作りが・・・」
ゼロ「資料作りなんて、かったるいことしないで、行こうぜ。」
レイト「勝手なこと言わないでください。まだ、仕事の時間ですし・・・困ります~。あぁ~」

と体乗っ取られて、来たのかなぁ。
・・・スーツ姿だったし、そんな気がするけど、真相はどうなのかな。

 

シャドー星人クルト

AIBに戻ってきた、モア。
ゼナ先輩だと思って声をかけたら、同じくシャドー星人のクルトでした。

クルトの話だと、ゼナは極秘任務で、しばらく別の星に赴任することになった。
そして、その間は僕がモアのパートナーを務めるように言われたとのこと。
辞令もモアに見せます。

モアは様子がおかしいのは任務だったからなんだと納得します。

そして笑顔で挨拶するクルトに好印象をもったよう。

ちょいまち~!
本当に任務だろうか・・・。
監禁されてるとかじゃない?
ゼナ、大丈夫?心配だよぉ。

それにしても、クルトは人間態になったら、口で話していましたね。
そして、あの笑顔。
ゼナは面倒なのか、テレパシーで会話しますし、笑顔は一切見せません。
とても、対照的です。

 

毒を食らわば皿まで

地球は初めてのクルト。
迷惑がかからないように勉強してきたそう。
地球では石の橋は叩いてから渡らなければならないし、毒物を食べた場合はお皿まで食べなければならないとモアに話します。


ちょっと困惑するモア。
説明しようとするも、道端で風船を配っている女性に駆け寄って行ってしまいました。

そして、その様子を見ながら、ゼロが言っていた、宇宙ゲリラの話を思い出します。

モア「偏見・・・だよね?」

クルトよ。
どんな勉強をしたらそうなるんだ。
ことわざを間違って解釈したのは理解できるが、お皿を食べるは理解できないよ?

風船渡しているバイトの女性、キャップ(『ウルトラマンオーブ』の夢野ナオミ)じゃないよね?

キャップが友情出演?
いいね、それ。
・・・違ったけど。

 

子どもの頃のリクとモア

道端でリクとライハに出会った、モアとクルト。
クルトはニコニコ生命保険の影山来人(かげやまくると)と挨拶をします。

リクとライハは意味深に「ニコニコ生命ね~」と言います。


そして、モアがクルトに2人を紹介します。

リク「なんだぁ、ニコニコ生命の人かぁ。てっきり彼氏!?とか思ったのに」
リク・ライハ「ねぇ~」
モア「そんなわけないじゃん!行こうクルトさん。」
と怒りだし、仕事に出かけて行きました。

モアの頑張りを見て、リクは過去の話をライハに話します。

昔、公園で、1人寂しくしていたところにモアがやってきて、「ジーッとしててもドーにもならないよ」と他のお友達の元へ一緒に行ってくれた。


それがきっかけで、「ジーッとしててもドーにもならない」をポリシーにしているそう。

ライハ「大切な人なんだ?」
リク「うん」

リクとライハの息のあった意味深な「ニコニコ生命ね~」がよかったです。
2人ともモアにアイコンタクトして、おもしろかったです。

 

クカラッチ星人確保

モアが捕まえたのは、クカラッチ星人。
物陰に隠れているところを確保しました。

AIBに確保したことを伝えます。
その時、通信相手におもしろいことを言われて、会話に夢中になっているところを、クカラッチ星人に羽交い締め。
クカラッチ星人は、見逃してほしいと訴えます。

その時、クルトがやってきて、助けてくれました。

モア、星人を後ろにして、油断しすぎだよぉ。
通信相手も相手だよ。
なんだよおもしろいことって。なに言ったんだよ。

それにしても、モア、相変わらずお綺麗な脚を披露してましたね。
どうしたらそんな綺麗な脚になるんだろうか。
うらやましいぜ。

 

モアをはげますクルト

落ち込むモアに、クルトはなにか飲み物を買ってきてくれました。
モアは、ゼナ先輩に最後まで油断するなって言われていたのにと話しだします。

クルトが「油断したのは僕も一緒」と言っていたので、さっきの通信相手はクルトかな・・・?

モア「やっぱり信頼されてなかったのかな。だから黙って行っちゃったのかも。」
クルト「ゼナさんってどんな人なんですか?」
モア「クルトさんって、シャドー星人なのに表情変えるのじょうずですよね?ゼナ先輩は口も動かないし、笑わないし。あんまり自分のこと話してくれないから、よくわからなくて。でもいい人だと思います。」
クルト「じゃあ絶対いい人だ。モアさんも。」
モア「え?」
クルト「AIBのことは地球人には秘密だから、友達に仕事の相談もできないんでしょ?なのに頑張ってる」
モア「いや・・・AIBのことを知ったのは偶然だけど、今はすごくやりがいを感じてます。地球人も他の星の人たちも、みんなが元気で楽しくいられたらいいなって。」
クルト「うん。僕もそう思います。」

モアはホントに優しい。
地球人も他の星の人たちも、分け隔てなく、みんなのことを考えている。
モアに差別や偏見の目はない。
できた子だよ、ホント。

 

捕らわれた者

重りがついた鎖に繋がれた黒革靴と足・・・。


その人物を見ながら筋トレをする、怪しい人。

なっ!
こ、この足は!まさか。

柱に繋がれた手・・・。
その人物を見ながら、スマホを操作する、怪しい人。
そして、階段から何者かが降りてきます。
抵抗しようとしている男性。

も、も、もしかして・・・

ゼナが捕まっています。

やっぱり~。
予想的中じゃないか。

映画でも「旅に出た」とか「取り込み中」とか、そういうこと言うと、怪しんだ方がいいもんなぁ。

そもそも、なんで、1人で調べていたんだよぉ。
モアを危険にさらさない為かなぁ。
それとも、脅されて人質だったとか?
ゼナぁ・・・。

 

リクの夢に出てきた人物

秘密基地「星雲荘」にて、情報番組『知りたいワイド』を観ている、ライハとペガ。
そこに寝起きでやってきたのはリク。

ペガは、リクが夜にうなされていたことを心配します。

リク「そういえば、なんか夢を観たような気が・・・。」
ライハ「夢?どんな?」
リク「覚えてないけど、誰かに会ったような気がする。よく知ってるはずの人なんだけど。」

これは、今後の展開に関係するできごとぽいですねぇ。
え~誰だろ・・・。
ゼナには会ったことがないはずだし・・・。
・・・・・・・!!
伏井出!?伏井出か??
もしかして、リクの夢で、伏井出がSOSを出してるとか?
それとも、ただ単純に伏井出の夢を観たとか?

これで、レイトだったら拍子抜けするわー。

 

ガブラ・カーノ

AIB本部でコンピューターを操作するクルト。
エラー音が鳴ります。

怪しいことしてる!
なにかの情報を引き出そうとしてるのかな?
ゼナを捕えたのは、この為だったか。

クルト「カム・タタール・シャドー」
またエラー音。

考えるクルト。そして、

クルト「ガブラ・カーノ」

起動しました。
出てきた光の輪に腕を通すクルト。
すると、手に器具が装着されました。

え?なにそれ?
・・・ちょっと、かっこいいんだけど。
でもそれ付けて歩いたら、変な目で見られるなぁ。

それにしても、なんの器具だろう。
AIBが保管してたってことだよね?

そこにやってきたのは、モア。
しかし、クルトは無言でテレポートしていきました。

 

ゼガン登場

どこかのビルの屋上に辿りついた、クルト。
器具をつけた左手を胸に当て、「カム・タタール・シャドー」と唱えました。
すると、稲光と共に海から水蒸気が出てきました。

え?もしかして、怪獣を呼び出せるのですか?その器具で。
それは危険な器具だ。
AIBが保管しているのも、うなずけるわ。

街を駆け巡る水蒸気。
その水蒸気の中で、見え隠れする怪獣の尻尾。

クルト「栄光への道は再び開かれた。時空破壊神ゼガンよ!」

現れたのは、青色が特徴のゼガン。

秘密基地にいた3人にもすぐにレムから報告が入ります。

レム「怪獣は異次元ゲートから出現したようです。周辺にリトルスターの反応はありません。ベリアル融合獣とも違ったエネルギー反応です。」

 

クルトは器具のついた左手を胸にあて、ゼガンに命令(?)しようと試みようとしますが、そこに現れたのは、ゼナ。

ゼナ「詰めが甘いな。最後まで油断するなと教えたはずだぞ。」

クルト「ゼェナー!」

ゼナはネクタイを緩め、戦闘体勢に入ります。

ぎゃー!!!!!
見ましたか!ネクタイ緩めましたよ。
ぬぁ~!!!!!
そういう行為に、おなごは弱いの知ってるのかゼナ。

このシーン、もう一回観よう・・・だはぁ~!!!!!
あぁ・・・GIF動画にしたい。

・・・もうおなごって歳じゃなかったわ。

戦うゼナとクルト。

そこに現れたのは、モア。


ゼナ先輩がいること、2人が戦っていることに驚きます。

クルト「さすがです。それほどの力を持っていながら、なぜあなたは戦いを捨てたのですか!?」
モア「クルトさん?」
笑顔で応えるクルト。

ゼナ「騙されるな!そいつは表情を変えるための特別な訓練を受けている。敵地に潜入し、侵略するための偽りの笑顔だ。」
モア「偽りの・・・笑顔・・・」


ゼナ「その男は、シャドー星の戦士クルト。私の・・・最後の教え子だ。」
クルト「あなたがやらないのなら私が戦う。シャドー星の栄光を取り戻すために!」

と、器具をつけた左手をかざすと、ゼガンの中に入っていきました。

シャドー星人は、表情筋がほとんど動かないんですね。
だから、それを鍛えることによって、表情を作り出せるってわけだったのですね。
クルトの笑顔は、心からの笑顔ではなく、侵略のための作られた笑顔でしたか。
そっかぁ。

ゼナは侵略なんてしないから、表情は変える必要がない。
でもゼナの方が、心から怒ったり、笑ったりしてる。
それが表に見えないだけで。

モアがピクニックの時に言った言葉。
「ちゃんと見ているつもりでも、見えてないことってあるのね」。
この言葉がここに繋がるんですね。

 

ジード vs ゼガン

リクは、ウルトラマンジード プリミティブに変身します。

ゼガンと戦うプリミティブ。
しかし、ゼガンの手がカニのはさみのようになっているせいで、腕をかまれ、首にもかまれ、身動きがとれずにいるところをキックされ、吹き飛びました。

その様子を見ていた、ゼナとモア。
モアは思わず「リッくん!」と声に出してしまいました。
ゼナもそれに気づいた様子。

プリミティブが登場して、地上に降り立った時、コンクリート破片が降って来て、頭をフリフリしていましたね。
細かい!
でもリアルな反応で、好印象。

それにしても・・・モアちゃん!
「リッくん!」って言っちゃダメじゃん。
でもこれで、AIBとリク達が仲良くなれるきっかけになるんじゃないかな?
・・・逆に拘束されたらどうしよう・・・。

ゼガンからの光線に街の人々も逃げ惑います。
そこに現れたのは、ゼロ。
変身して、ゼガンの光線を出している手をスラッガーで攻撃します。

ゼロ「おいおい早くもグロッキーか?」
リク「これから本気出すとこだよ」

ゼガンはエネルギーをためて、胸から大きな光線を出します。


逃げるプリミティブとゼロ。
光線が当たったビルが吹き飛びました。

その後、空間が広がり、消えていきました。

レム「物質を異次元に転送してしまうようです。」

それを聞いたリク。
再びやってきた、異次元転送光線を避け、上空に飛びますが、広範囲に異次元空間が広がり、吸い込まれそうになります。

すかさず、助けるゼロ。

異次元転送光線。
なんてやっかいな攻撃!

リクはマグニフィセントに変身します。
そして、ビックバスタウェイと異次元転送光線がぶつかります。

渦を巻き始める2つの光線。

レム「2つの強大なエネルギーが干渉し、制御不能になっています。」

光線の下にある物が、どんどん吸い寄せられていきます。
リクは光線を止めたくても、止められません。

ゼロ「レイト、ちょっと荒っぽいマネさせてもらうぜ」

そして、ゼロビヨンドに変身します。

ゼロビヨンドは、光線へ直進。
そして、ちょうど真ん中に入り、腕で光線をそれぞれ跳ね返しました。

吹き飛ぶ、マグニフィセント。
そして、自身の攻撃により、異次元にクルトと共に転送されていくゼガン。

リク「<そんなことが起こるなんて思いもしなかった。大切な人を失ってしまうなんて。>」

上空にできた異次元に吸い取られていく、モア。
ゼナと手を取り合おうとしますが、間に合いません。

モアーーーーーーー!!!!!
まさか、モアが・・・そんな。

 

第14話で判明したこと

人物、怪獣

▼シャドー星人クルト

シャドー星人ゼナの最後の教え子である、クルト。
怪獣を召喚するための器具を手に入れるため、ゼナを捕えたもよう。
しかし、なぜ地球に来て、襲おうと思ったのかは、第15話で判明しそう。

 

▼時空破壊神ゼガン

シャドー星人クルトが召喚した怪獣。
異次元転送光線と書きましたが、正式にはゼガントビーム。

 

第14話「シャドーの影」の感想

タイトルバック

今回の影絵は「シャドー星人」。
・・・これはゼナ?クルト?両方かな?

 

カメラワークと特撮

たくさんのミニュチュアが大活躍してましたね。
花壇とか細かかったですね。

またゼガンが現れた時に、振動でコンビニの旗が揺れてました。
細かい演出。

爆破とか、光線とかもすごかったです。

 

ゼナ役岩田栄慶さんのアクション

今話では、絶対、ゼナのアクションシーンがあると思っていたのですが、やはりありましたね。
ゼナの回し蹴りがかっこよかったです。

ただの回し蹴りではありません。
とても美しく、セクシーなのです。
さすが、ウルトラマンの中の人というべきでしょうか。

はぁ、もう好き♪

俺を忘れないで~。

 

次回「戦いの子」への期待

次回予告を観て、とりあえず、モアは地球に帰ってこれるようで安心しました。

「シャドー星人の絆をつなぐ言葉、ガブラ・カーノの意味することとは?」と書かれていましたね。
クルトが取り出した器具のパスワードが「ガブラ・カーノ」でしたからね。
どういう意味なのでしょうか。

そういえば、AIBにいるモアが私服でしたね。
あれはAIBに入る前の過去のモアでしょうか。

そういえば、今話でレイトの声を聞いていない気がする。
ずっとゼロだった気がする。
乗っ取られっぱなし?

次回は「戦いの子」。
決めるぜ!覚悟!

第15話「戦いの子」の感想はこちら
→ 『ウルトラマンジード』第15話 感想 / モアの過去。ゼナとクルトの絆とは?泣ける展開の連続!

当ブログの『ウルトラマンジード』関連記事はこちら。
他の回の感想もこちらです。
→ 「ウルトラマンジード

関連記事はこちら
→ コラム 「ウルトラマン」光の国から50年 byみなと
→ DXジードライザー 感想/カプセル組み合わせ一覧

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ウルトラマン
-