ウルトラマン

『ウルトラマンジード』第16話 感想 / ベリアルとジードの泥まみれ戦!そしてキメラべロスが登場。

2017/10/23

はじめに

17年7月8日から放送が開始された『ウルトラマンジード』。
ウルトラマンはほぼ初心者、また女であるこの私、ともが感想を書いてきます。

なお、ネタバレもありますので、放送をご覧になった後に読んでいただくのが、ベストだと思います。

『ウルトラマンジード』の公式サイトはこちら
→ http://m-78.jp/geed/

『ウルトラマンジード』は、放送後一週間「見逃し配信」を無料で視聴できます。
YouTubeの円谷プロの公式チャンネル「ウルトラチャンネル」をチェックしましょう。
→ YouTube「ウルトラチャンネル」

画像・動画は上記公式サイト、もしくは上記公式チャンネルからの引用
[権利表記 © 円谷プロ  © ウルトラマンジード製作委員会・テレビ東京]

当ブログの『ウルトラマンジード』関連記事はこちら。
他の回の感想もこちらです。
→ 「ウルトラマンジード

ウルトラマンシリーズ ともの鑑賞歴

スポンサーリンク

記事下広告1

主な出演者一覧

  • 朝倉リク(濱田龍臣)
  • 鳥羽ライハ(山本千尋)
  • ペガッサ星人ペガ(CV・潘めぐみ)
  • レム(CV・三森すずこ)
  • 伊賀栗 レイト(小澤雄太 /ゼロCV・宮野真守)
  • 愛崎モア(長谷川眞優)
  • シャドー星人ゼナ(岩田栄慶 / 星人型CV・浅沼晋太郎)
  • 伏井出ケイ(渡辺邦斗)
  • ウルトラマンベリアル(CV・小野友樹)
  • トリィ=ティプ(桜木梨奈)
  • ゴドー=ウィン(尾関伸嗣)
  • 伊賀栗ルミナ(長谷部瞳)
  • 伊賀栗マユ(清水美怜)

 

第16話「世界の終わりがはじまる日」の流れ / ネタバレ

ベリアル復活

異次元空間にいたベリアル。
ゼロの嫌がらせでふさがれた出入り口を開いて出現。
息子である、ジードのもとへ行くよう。

『ウルトラマンジード』第16話

冒頭から、ベリアルが復活しました。
どういう風になって復活したのでしょうか。
伏井出はどうなった!?
今話でその謎が解けるのかな?

 

新種の風邪

リクが大好きなヒーロー『ドンシャイン』鑑賞後、情報番組『知りたいワイド』を見ているリクとペガ。

『知りたいワイド』によると、ウルトラマンジードを応援する声が増えているとのことで、ご満悦なリク。
しかし、解説者は、ウルトラマンジードの力が人間に向けられた時、防衛手段がないため警戒するべきだと警告します。

それに対して、怒るペガ。

そして、そのテレビを見ながら、氷が入ったお茶を飲みきったライハ。
3人で『知りたいワイド』を見ています。

『知りたいワイド』の次の話題は、新種の風邪について。
手が高熱を発していた場合、それは新種の風邪かもしれませんと。

それを聞いたライハは、持っていたコップを見てみます。
すると、さっきまであった氷は解けて水になっています。

『ウルトラマンジード』第16話

そして、ライハにだけ、謎の声が聞こえます。
「ベリ・・・来る。ベリ・・・来る。」

『ウルトラマンジード』第16話

新種の風邪の症状「手が高熱を発する」。
つまり、リトルスターの宿主ってことですかね?
ライハは自分にリトルスターが宿ったことはわかったようですが、他の人々にもリトルスターが宿っているみたいですね。

それにしても、『知りたいワイド』の解説者の言葉が気になります。
もしかして・・・伏線ですか?

 

ベリアルが来る

公園で「形(かた)」を練習するライハ。
自身の手の熱さに気づき、止めてしまいます。

そこにやってきたのはリク。
去ろうとするライハを呼びとめようと、手を掴みます。
するとリクは、ライハの手が熱いことに気がつきました。

そして、ライハはリクの腕を絞めました。
クセだそうです。

『ウルトラマンジード』第16話

手が熱いことを聞くリク。
やはり、リトルスターの影響なのかと話し合う2人。

すると、モアとゼナが2人の元へやってきました。
そして、モアはライハへ探知機を向けます。
反応する探知機。

『ウルトラマンジード』第16話

ライハはリクに、頭の中で知らない人の声がし、威厳のある声で「ベリアルが来る」と言っていると伝えます。

ライハは検査のためにモア達と行くことにしました。

ベリアルが来ることに驚きを隠せないリク。

掴まれた手を絞めてしまうライハ。
クセって・・・。
でも武術家の方って、きっと、とっさに動いてしまうんだろうな。

 

一大事ですゼロさん

レイトは妻ルミナ、娘マユと3人で歩いて帰宅中。
そこにレイトを探していたリクがやってきました。

リクは「ベリアルのことで話がある」とレイトに伝えると、レイトはゼロになって話を聞くことにしました。

『ウルトラマンジード』第16話

やっぱり、レイトとゼロの、いやレイト役小澤さんの1人2役がおもしろいよ。
ずっと見てられるわ。
・・・そう言えば、11・12話の無断外泊の件は大丈夫だったみたいね。

 

 研究施設

AIBではない場所へやってきたライハ、モア、ゼナ。
出迎えたのは、ゴドー=ウィンと、4話でリトルスターが宿ったピット星人のトリィ=ティプ。

『ウルトラマンジード』第16話

トリィとモアは、久しぶりだと、挨拶を交わします。

この場所は研究施設。
民間の建物をAIBが買い上げ、研究施設として再利用しているそう。

部屋に入ると、少年少女がいました。
彼らもリトルスターの保持者。

そして、この研究施設は特殊なバリアに覆われているため、リトルスターを狙う怪獣から、リトルスター保持者を守ることができるそう。

おそらく、
少女はウルトラマンジャックの力。
少年はウルトラマンエースの力。
もう一人の少年は、ウルトラマンタロウの力をそれぞれ宿している様子。

みんな、能力を披露しました。

『ウルトラマンジード』第16話

ゴドーは、ゼナに本部から至急戻ってきてほしいと連絡があったと伝え、ゼナは本部へ行きました。

トリィ=ティプにはまた出てきてほしいと、前話のコメント欄で話していましたが、その会話直後に登場するとは。
それにしても、すごい研究施設ですね。

 

 自分の道

公園でリクがゼロにライハがリトルスターが宿ったことを伝えます。
そして、威厳のある声で「ベリアルが来る」という謎の声が聞こえるらしいと伝えます。

驚くゼロ。

リクはゼロにベリアルは強いのか尋ねます。
「強い。悪夢を形にしたものがベリアルだ」と答えるゼロ。

そして、リクはベリアルは父親だということを覚悟をもって、告白します。
驚き、怒りをあらわにするゼロ。
そして、意を決しているリク。

『ウルトラマンジード』第16話
しかし「知ってたよ」と笑顔になるゼロ。

『ウルトラマンジード』第16話

ゼロ「お互い苦労するよな、変な親父を持つと。」

そうか。ゼロにリクがベリアルの息子だってこと、伝えてなかったか。
てっきり知っているものと・・・。

 

場面は変わり、研究施設へ。
検査を受けていくライハ。

ライハはリトルスターは6年前に消えたはずだと疑問に持ちます。

『ウルトラマンジード』第16話

トリィは、答えます。

トリィ「当時、あなたは大切な人を失った。リトルスターは感情によって押さえこまれ、観測不能なほど縮小していたの。」
モア「6年前か・・・。記録上はライハが初めてのリトルスター保持者だよね?」

うなずくライハ。

モア「じゃあ、伏井出ケイがカレラン分子を散布したのは、それより少し前ってことになるのかな?」

カレラン分子とは、伏井出が新作の小説の話を編集者に話すときに出てきた言葉(11話)。

モアの話をまとめると、カレラン分子には宇宙を循環する幼年期放射エネルギーを引き寄せて、つかまえておく力がある。
カレラン分子は空気と一緒に生物の体内に入り、光の塊を育てるのだそう。
それがリトルスターの正体。
そのカレラン分子を散布したのは伏井出ケイだそうだ。

『ウルトラマンジード』第16話

 

場面は、再びリクとゼロへ。

リク「ベリアルを前にした時、僕はどうすれば・・・」
ゼロ「親父がどんな存在であろうとお前はお前だ。自分の人生を生きろ。自分の道は自分で決めなきゃならない。」
リク「でも・・・」
ゼロ「道に迷ったら、仲間のことを思い出せ。過ごした時間を、夢を、自分がなぜここにいるのかを。」

そして、ゼロは拳を突き出し、リクとグータッチ。

『ウルトラマンジード』第16話

痛がるリクでしたが、子どもの頃、ドンシャインと同じことをしたことを思い出します。

『ウルトラマンジード』第16話

ゼロいいこと言うなぁ。

 

 リトルスターを狙う者

AIB本部に戻ったゼナ。
しかし、呼び戻した記録はないと言われてしまう。
そこに怪しく笑うゴドラ星人。

『ウルトラマンジード』第16話

あっ!これって、罠じゃない?
ライハ達大丈夫かな。

場面は変わって研究施設。

今、トリィ達は、カレラン分子の分解酵素を研究しているそう。
完成したら、リトルスターの構成エネルギーを分解できるかもしれないそう。

様子がおかしいライハにモアが声をかけます。

ライハ「伏井出ケイ。リトルスターの発生もあいつのせいだったなんて!」
トリィ「推測だけど、6年前、彼が怪獣となって、あなたを襲ったのは、リトルスターを回収しようとして失敗を・・・」

とここで、トリィは何者かに攻撃されてしまいました。

武器をかまえる、ライハとモア。
そこにいたのは、ゴドー。
トリィを人質に、ライハ達に武器を捨てるように言います。

『ウルトラマンジード』第16話

やっぱりぃ。

 

場面は再びAIB。
ゼナの背中にゴドラ星人が手を突きつけます。
戦闘能力の高いゼナを研究施設へは戻さないと脅します。

『ウルトラマンジード』第16話

 

場面は研究施設へ。
ゴドーはトリィに扉を開けるように脅しますがトリィは断ります。

ライハ「リトルスターがあなたの狙い?」
ゴドー「そうだ。リトルスター保持者を我々の星に連れていく。」
モア「そんなこと・・・ライハが許さないよ!」

モアちゃん・・・

武器を突きつけられて、仕方なく扉のセキュリティを解除するトリィ。
そこにいた少年少女に、逃げるように言うトリィ。
しかし、武器を向けられ、逃げられません。

その隙を見た、ライハが反撃開始。
素晴らしい技の数々で、ゴドラ星人になったゴドーを追い詰めます。

『ウルトラマンジード』第16話

場面はAIBへ。
ゼナも隙を見て、ゴドラ星人に反撃開始。
切れのある技で、ゴドラ星人を制圧します。

『ウルトラマンジード』第16話

ゼナ「貴様らのたくらみはなんだ?」

ライハもゼナもかっこいい!!

 

場面は研究施設へ。
モアの近くにあったモップをライハに渡し、モップ部分を外し、柄(え)で戦います。

『ウルトラマンジード』第16話

モップの柄だけで戦う・・・。
私が大好きな映画『星の王子 ニューヨークへ行く』を思い出しました。
あの場面大好きなんだよなぁ。

倒れこんだゴドラ星人に対して、降伏するよう命じるライハとモア。

『ウルトラマンジード』第16話

しかし、ゴドラ星人は起き上がり、
ゴドラ星人(ゴドー)「我々はリトルスターを手にして、種族の繁栄を誓うのだ!負けるものか~!」

と研究施設内で巨大化。
そのため、研究施設が被害に。

『ウルトラマンジード』第16話

 

ベリアル襲来

その巨大化したゴドラ星人を街中で発見したリク。
レムにベリアルの仕業なのか聞きますが、否定されます。
そして、AIBの関連施設が一部破壊されたこと、ライハとモアが危険な状況にあることをレムから聞きます。
助けに行くことを決意したリク。
ウルトラマンジード プリミティブに変身します。

巨大化し、暴れているゴドラ星人にプリミティブはレッキングリッパーをおみまいします。

『ウルトラマンジード』第16話

レッキングリッパー、久しぶりだ!

場面は変わって、研究施設。
みんなで逃げます。

『ウルトラマンジード』第16話

その時にライハが突然止まります。
「ベリアルが来る。逃げなさい。」という謎の声が聞こえます。

 

帰宅途中のレイトたち。
怪しい雷雲がたちこみ始め、空を見上げます。

『ウルトラマンジード』第16話

そして、場面は変わって、人気の少ない路上へ。

『ウルトラマンジード』第16話
誰かが、ゴミの中にいます。
それは、ボロボロになった伏井出ケイでした。

『ウルトラマンジード』第16話

伏井出!?
え!?ベリアルにポイされたの?
用なしってことか・・・?
心配してたけど、まさかこんなことになっているとは。

怪しい雷雲から現れたのは、ウルトラマンベリアル。

『ウルトラマンジード』第16話
プリミティブとゴドラ星人もそれに気づきます。

『ウルトラマンジード』第16話

そして、ベガも秘密基地で、ベリアルの登場に驚きます。

ゴドラ星人は、ベリアルが生きていたことに驚きます。
ベリアルは武器・ギガバトルナイザーで、ゴドラ星人を一撃で倒します。

『ウルトラマンジード』第16話
その衝撃で、倒れこむプリミティブ。

『ウルトラマンジード』第16話

ベリアル「息子よ。迎えに来た。父ベリアルのもとへ来い。」

驚くリク。

 

泥まみれ

ベリアルが現れたことを街頭ビジョンで知ったレイト。
ルミナにマユを連れて、家に帰るよう伝えます。
レイトはどうするのかと聞かれ、とっさに会社に忘れ物がある、と言い訳。

『ウルトラマンジード』第16話

ルミナはなにかを考えています。

『ウルトラマンジード』第16話

そろそろルミナにバレそうですが・・・。
ルミナ、勘は悪くなさそうだし、ピンチじゃない?レイト。

物陰に隠れたレイトは、ゼロに変身します。
そして、ベリアルにキックの一撃。

ゼロ「ベリアル・・・」
ベリアル「久しぶりだな、ウルトラマンゼロ。」
ゼロ「やっぱり生きてたのか。殴らせろベリアル!」
ベリアル「感動の親子の対面だ。邪魔するな。」

『ウルトラマンジード』第16話

と、ギガバトルナイザーでゼロにエネルギーの塊を飛ばします。
しかし、それをゼロは回し蹴りで回避。

ゼロ「ジード。下がってな。ここは俺に任せろ!」
そしてゼロはゼロビヨンドに変身します。

ゼロビヨンドとベリアルは交戦します。

ベリアル「ひよっこ共の力を集めたところで、俺様には勝てん!」
ゼロビヨンド「試してみるか?ブラックホールが吹き荒れるぞ!」

とゼロビヨンドは強烈な連続パンチやクワトロスラッガーの攻撃をします。

それを見てたプリミティブ。
リク「僕が・・・僕がやる!」

と、ゼロビヨンドを押しのけ、ベリアルと戦います。

『ウルトラマンジード』第16話
すぐにゼロビヨンドも参戦し、2人で戦います。
しかし、ベリアルの攻撃に2人とも倒れてしまいます。

『ウルトラマンジード』第16話

寝ながらの攻撃で、2人とも泥まみれです。

『ウルトラマンジード』第16話

うわー。すごい!!
泥まみれ。
泥が黒いので、ジードがどんどん黒くなってベリアルカラーになっていきます。
この演出はすごい!!

『ウルトラマンジード』第16話

 

ウルトラマンベリアル キメラべロス

ベリアル「息子よ、たくましくなったな。」
リク「ジードだ・・・僕はウルトラマンジード。その口で僕のことを息子って呼ぶな!」
ベリアル「その反抗心、さすが俺の子だ。父がかわいがってやる。」

胸を攻撃され、倒れるプリミティブ。
その隙にベリアルは、フュージョンライズ。

『ウルトラマンジード』第16話

ファイブキングとゾグ第2形態の力で、ウルトラマンベリアル キメラべロスに変身しました。

『ウルトラマンジード』第16話

ベリアルがフュージョンライズだと!?
しかも変身後のキメラべロスが、なんだかすごくて、強そう。
フォルムはベリアルのままが好きなんだけど。

ベリアル「光の国から盗んだカプセルをもとに作らせておいたのだ。レイブラッド星人の遺伝子を受け継いだレイオニクスに力を利用してな。」

ショックを受けるプリミティブ。
攻撃をしますが、倒れます。

ベリアル「さぁ息子よ。戻ってこい、俺のところへ。」

とキメラべロスへの体内にジードを取りこみました。

『ウルトラマンジード』第16話

ゼロビヨンドはバルキーコーラスをおみまいしようとしますが、ジードが中にいるのでライハに止められます。

そして、去っていくキメラべロス。

『ウルトラマンジード』第16話

リク「<その姿を見た人々は世界が終わることをさとった。雄々しく広げられた翼。それは地面を離れ、人々の頭上を横切り、空へと高くのぼってゆく。その日、人々の中から、希望は消えた>」

そうだよなぁ。
ただでさえ、毎週怪獣出現で絶望なのに、クライシスインパクトの原因だと思われているベリアル。
そのベリアルがキメラべロスに。
キメラべロスの見た目、ジードが取りこまれたことなど、絶望的な状況を考えると「世界が終わる」と思うわなぁ。

 

まだ終わりじゃない

ライハはAIBのもとで、守られているよう。

レムとライハが交信中。
ライハはあの怪獣がキメラべロスだということを知ります。

ライハ「リクは?リクはどうなったの?」
レム「体内に取り込まれた状態です。完全な融合に時間がかかるため、キメラべロスは月面にいます。」
ライハ「まだ終わりじゃない」

『ウルトラマンジード』第16話

ライハには、また謎の声が聞こえて、そこに希望が見えたから、そう発言したのかな。

 

第16話で判明したこと

人物、怪獣

▼ゴドラ星人

研究施設にゴドーとして、もぐりこんでいたゴドラ星人。
そして、AIB本部にも、もぐりこんでいた。
リトルスター保持者を自分の星の繁栄の為に連れ去ろうとした。

 

▼ウルトラマンベリアル キメラべロス

ファイブキングとゾグ第2形態の力で、誕生した融合獣。

 

名称・その他

▼キラメキエクスプロージョン

ヒーロー番組『ドンシャイン』の主人公ドンシャインの必殺技。

 

▼リトルスターの正体

カレラン分子には宇宙を循環する幼年期放射エネルギーを引き寄せて、つかまえておく力がある。
カレラン分子は空気と一緒に生物の体内に入り、光の塊を育てるのだそう。
それがリトルスターの正体。
そのカレラン分子を散布したのは伏井出ケイ。

 

▼梶尾(かじお)地区

研究施設がある地区。
巨大化したゴドラ星人の出現した地区でもある。

 

第16話「世界の終わりがはじまる日」の感想

タイトルバック

『ウルトラマンジード』第16話

今回の影絵は「キメラベロス」。
最初見た時は、ベリアルかなと思いましたが、改めてみると、キメラベロスですね。
切り絵でも、怖さが伝わりますねぇ。

 

カメラワークと特撮

ベリアルが登場した際のベリアルの映し方が、禍々しく、リアルでよかったです。
一番のお気に入りの場面はこれ↓。

『ウルトラマンジード』第16話

オフィスからのぞくベリアル。
怖いです。
・・・ちょっと『巨影都市』をも思わせますね。

 

アクション

今回は泥まみれのアクションがよかったですね。
「流れ」の方の感想でも書きましたが、ジードがベリアルのように黒く染まっていくのは、ちょっとゾッとしました。
そういえば、『ウルトラマンジード』の第1話は水上戦が印象的でしたね。
16話は泥。

うーん。
最終話のアクション、期待しちゃうなぁ。

 

次回「キングの奇跡!変えるぜ!運命!!」への期待

いよいよキングの登場ですね。
ジードの新たな姿は「ロイヤルメガマスター」。

それにしても、リクはどうやって、復活してくるのでしょうか。
やはり、今話のゼロの言葉を思い出すのかなぁ?

次回は「キングの奇跡!変えるぜ!運命!!」。
決めるぜ!覚悟!

当ブログの『ウルトラマンジード』関連記事はこちら。
他の回の感想もこちらです。
→ 「ウルトラマンジード

関連記事はこちら
→ コラム 「ウルトラマン」光の国から50年 byみなと
→ DXジードライザー 感想/カプセル組み合わせ一覧

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ウルトラマン
-