ウルトラマン

『ウルトラマンジード』第8話 感想 / ゼロビヨンド登場!涙なしには見られない

2017/10/14

はじめに

17年7月8日から放送が開始された『ウルトラマンジード』。
ウルトラマンはほぼ初心者、また女であるこの私、ともが感想を書いてきます。

なお、ネタバレもありますので、放送をご覧になった後に読んでいただくのが、ベストだと思います。

『ウルトラマンジード』の公式サイトはこちら
→ http://m-78.jp/geed/

『ウルトラマンジード』は、放送後一週間「見逃し配信」を無料で視聴できます。
YouTubeの円谷プロの公式チャンネル「ウルトラチャンネル」をチェックしましょう。
→ YouTube「ウルトラチャンネル」

画像・動画は上記公式サイト、もしくは上記公式チャンネルからの引用
[権利表記 © 円谷プロ  © ウルトラマンジード製作委員会・テレビ東京]

当ブログの『ウルトラマンジード』関連記事はこちら。
他の回の感想もこちらです。
→ 「ウルトラマンジード

ウルトラマンシリーズ ともの鑑賞歴

スポンサーリンク

記事下広告1

主な出演者一覧

  • 朝倉リク(濱田龍臣)
  • 鳥羽ライハ(山本千尋)
  • ペガッサ星人ペガ(CV・潘めぐみ)
  • レム(CV・三森すずこ)
  • 伊賀栗 レイト(小澤雄太 /ゼロCV・宮野真守)
  • 伏井出ケイ(渡辺邦斗)
  • 久米ハルヲ(水野直)
  • 伊賀栗ルミナ(長谷部瞳)
  • 伊賀栗マユ(清水美怜)

 

第8話「運命を越えて行け」の流れ / ネタバレ

第7話からの続き

ウルトラマンジード プリミティブとギャラクトロンが戦いますが、ギャラクトロンの硬さに苦戦。
やみくもに戦うプリミティブを見て、伏井出は「若い」と嘲笑う。

そして、ギャラクトロンの光線が出る、その時、伏井出は指を鳴らす。
すると、ギャラクトロンが停止。

ギャラクトロンの活動停止

プリミティブを解除したリクは困惑する。

ライハとレイトの前に現れたのは伏井出。
「ヒーローには強い悪役が必要なんです」との言葉を残し、去っていった。

「ヒーローには強い悪役が必要なんです」。
確かに、強い悪役がいるからこそのヒーロー。
しかし、この言葉や行動の真意はなんなのでしょうか。
ジードを成長させるために行っていると思われても仕方のない行為です。
うーん。それともただの挑発なのかな。

 

秘密基地「星雲荘」にて

テレビ『知りたいワイド』で、放送されているのは、活動を停止しているギャラクトロン。
それを観るライハとペガ。

レイトは、ゼロを可視化できる機械を頭に乗せていますが、レムにゼロの反応は検出されない、または検知できないほどエネルギーが低下していると言われてしまう。

再び、テレビ『知りたいワイド』。
そこに写っているのは、伏井出。
自ら、怪獣を出したのに、「あの時、ウルトラマンが来てくれなかったら・・・彼こそヒーローです。ありがとう」と迫真の演技。

取材を受ける伏井出

伏井出が「いい人」を演じている!!
なんですか、あの神妙な顔つき。
ギャラクトロンを出したのは、どこのどいつじゃ~。
しかしながら、迫真の演技でしたなぁ。

これに対し、リクが怒り「ぶっ飛ばしてくる」と、伏井出の所へ行こうとしますが、ライハが止めます。
「今のあなたに何ができるの」と。
リクは「悔しくないのかよ」と反論しますが、ライハは「目の前で知ってる人が怪獣に襲われて、でも何もできない・・・。悔しくないわけないでしょ!」と感情をあらわにします。

リクとライハ

そんな2人に「ごめん」と震えた声で発するレイト。
「僕のせいでゼロさんは死んだ」と、ひどく落ち込むレイトに対し、「ゼロは必ず復活する!その時、一緒に戦うのはレイトさんだ」と励ますリク。
しかし、「怖いんだよ。(中略)やっぱり僕には戦うなんて無理だ!」とレイト。

リクは「今、この街を守れるのは僕らだけなんですよ」と奮起させようとするが、ギャラクトロンに歯が立たなかったこと、伏井出に見逃してもらったことを挙げて「戦うなんて、バカげてる!」と、星雲荘を出ようとする。

そんなレイトに「逃げるの?」とライハが止めようとします。
レイトは、ゼロがいない今、なにもできないことを挙げて、妻・ルミナと娘・マユを連れて逃げると伝えます。
「僕には家族がいるんだ。君たちみたいに無責任に命をかけることはできない。無駄死になんてしたくないんだ!」と叫んだところで、ライハに頬を叩かれます。
ライハは問います。
「無駄って本気で言ってんの?」と。
しかし、レイトはその質問には答えずに、「家族が心配なんだ。ごめん」と星雲荘を後にしました。

ライハとレイト

リクが「レイトさんが死んじゃったら、マユちゃんのお父さんはいなくなっちゃう。これ以上無理は言えない。言えないんだ」と自分にも言い聞かせます。

頬を叩いた右手を見つめ、握りしめるライハ。
重たい空気が星雲荘を包みます。

リクとライハの言い争い。
そして、レイトとライハの言い争い。
みんなの本気が伝わりました。
リクの「言えない。言えないんだ」が胸に刺さりました。

 

それぞれ時間

走って逃げるレイト。
ゼロとの最後の場面を思い出し、伏井出の小説『コズモクロニクルⅠ 闇よ輝け!』を握りしめ、地面に投げつけようとします。
しかし、それはしませんでした。

ライハは星雲荘にて刀剣の稽古。
いつも以上に長時間稽古をしているようで、汗だくです。

刀剣の稽古

リクは外で、ペガと、レムのユートムと一緒。
レムは「次の変身が可能になるまであと14時間です」と報告。
ペガはゼロを案ずるが、「ゼロは戻ってくる。絶対」とリク。
「それまでは、僕が1人で戦ってみせる」と意気込みます。

そういえば、ジードが変身後、次に変身できるのは20時間後という話でしたね。(第1話参照

それにしても、それぞれの時間の使い方がよかったですね。
キャラクターがよく分かります。
様々な想いを断ち切ったり、消化したり・・・。
切ないシーンでした。

 

星雲荘の朝

止まったままのギャラクトロン。
それとは対照的に、ご飯をもりもり食べるリク。
「食べすぎじゃない?もう5杯目だよ」と忠告するペガ。
「腹が減っては戦(いくさ)はできない」とリク。

朝ごはん

朝ごはんのようです。
ごはん、汁もの、卵焼き、タコさんウインナー、たくあんと・・・もう1つなんだろう。
リクと言えば、カップ麺のイメージでしたが、ちゃんとしたご飯も食べてるんですね。
ちょっと安心しました。
この朝ごはん、誰が作ってるのかなぁ。
・・・ペガかなぁ。(「ライハ」だとは思われないライハがかわいそう)

ライハがやってきて、「作戦はあるの?」とリクに聞きます。
「レムとシュミレーションした。戦い方は17通り」とリク。
そして「その内、失敗する可能性が高いのは17個」と。
「全部じゃない」と突っ込むライハ。
2人、静かに笑いあいます。

『ウルトラマンオーブ』にて、ギャラクトロンを倒したのは、ゾフィーとウルトラマンベリアルの力を借りた「ウルトラマンオーブ サンダーブレスター」でした。
しかも暴走したサンダーブレスター。
いくらベリアルの息子とはいえ、まだ戦闘初心者ですしね。
なかなか勝てそうにありません。
この後どうなるのかなぁ。

 

決意したリク

黒服に包んだ伏井出。
雑なマニュキュアが、健在です。
「ウルトラマンジード。逆転の舞いを踊る時間だ。」と指を鳴らします。

伏井出

すると、ギャラクトロンが再始動。
それを見て、星雲荘を後にしようとするリク。
「行くんだね」とペガ。
「うん。僕はウルトラマンだから」。

かっこいい!!!
どことなく、迷いが見られたリクでしたが、決意したというか、決心したというか、覚悟したというか・・・。

 

決意するレイト

避難の準備をする伊賀栗家。
グズグズしているマユに対して、叱るルミナ。
しかしマユは「大丈夫だよ。ウルトラマンが来てくれるもん」と。

その言葉を聞いて、レイトは心を動かせれます。

レイト

レイト「行かなきゃ。ごめんルミナさん。マユと一緒に先に行っててくれない?」
ルミナ「こんな時になに言ってるの?」
2人を抱きしめるレイト。
レイト「こんな頼りない僕だけど、やっぱり守りたいんだ。君もマユも。君の好きなこの町も全部。だから祈ってて。ヒーローの復活を」

もう、泣くしかないでしょ。
なんてかっこいいんだレイト。
やっぱり、心残りというか、迷いがあったんでしょうね。
自分を守ってくれたゼロ。
今度は、自分が家族や仲間を守る番!

 

ライハは語る

変身後20時間が経過し、変身が可能となったリク。
ウルトラマンジード プリミティブに即座に変身。

そして、戦闘をしている現場に走ってきてよろけて、転ぶレイト。
ギャラクトロンと戦うプリミティブを見ます。
そこに現れたのは、ライハ。

あら、いい御御足♪

ってそれどころじゃなかったわ!

ライハの登場に驚くレイト。

ライハ「普段はあんなに頼りない子がウルトラマンだなんてね。私にはリクのような強い力はない。私にその力があったらって思うこともある。だけど、ウルトラマンになったことは運命なんだよ。そしてあなたにとっても。あなたはウルトラマンの力で何がしたいの?」
とゼロアイを渡します。

レイトがゼロアイに語りかけます。
「守りたい・・・。僕には2万年早すぎますか?それでもやってみたいんです。みんなを守るってことを。」
すると、ゼロアイが光ります!

ゼロアイ

ゼロ「俺の相棒だったら、もう30分早く判断しろ。」
レイト「ゼロさん?」
ゼロ「行くぞ、レイト!」
レイト「はい!」

うわーーーん。
ライハもレイトもゼロもいいよぉ。
みんなの言葉が光ってるよ。

立ちあがるレイト。
メガネをはずし、ゼロアイを装着。
即座にゼロに変身します。

「俺はゼロ・・・ウルトラマンゼロだ!」

いえーーーい!!
かっこいいよ、ゼロ!!
でも「ゼロだ!」のセリフで、同じく宮野真守さんが声優を務めている『シュタインズ・ゲート』の岡部倫太郎を思い出したのは内緒。

驚くリク。
そして、ちょっと驚く(感心?)する伏井出。

リク「遅いよ」
ゼロ「ヘッ。よく言うだろ、主役は遅れて来るってな。」

ふふふ。主役違うし・・・。
でもゼロらしくて好きだなぁ。

そういえば、ギャラクトロンの左手(剣)と尻尾がありません。
先週の「コークスクリュージャミング」の攻撃で、失ったようです。
戦いに夢中で、気がつきませんでした・・・。

ジード&ゼロがギャラクトロンに立ち向かう

ギャラクトロンを相手に2人で協力して戦う。

伏井出「いいですね。こんなに楽しめるゲーム未だかつてなかった。ではこちらも」と、もう一体ギャラクトロンを出現させます。

誰が出現するかと思ったら、ギャラクトロン!
カプセルが何本もあるのか。
それとも、1本のカプセルで複数体出せるのかな?
とにかく、ただでさえ強いギャラクトロン。
しかも、1体は傷を負っていますが、もう1体は完全な状態。
2体になった今、どう戦うのか!!(記事を書きつつ、視聴しています)

ゼロがたった今出てきたギャラクトロンを、リクが傷を負ったギャラクトロンをそれぞれ戦います。

ギャラクトロン2体 VS ジード&ゼロ

ゼロがギャラクトロンの左手の剣の攻撃にダメージを負います。
心配するレイト。
ゼロは目の前のギャラクトロンに集中するよう言います。
しかし、プリミティブも苦戦。
自分も苦戦している状態を見て、悲観的になるゼロ。

 

ウルトラマンゼロビヨンド

そんな時、空から発光体がやってきて、ゼロの中に入り込みます。
ゼロとレイトが対面したのは、なんとウルトラマンヒカリ。

ウルトラマンヒカリ

驚く2人。

ヒカリ「新たな力を授けにきた」と出したのは、ゼロ専用のニュージェネレーションカプセル、ゼロ専用のパワーアップアイテム。

ゼロ専用のニュージェネレーションカプセル

まさかウルトラマンヒカリが登場するとは思いませんでした。
ちなみにヒカリは、ウルトラカプセルを作った本人。

ヒカリのデリバリーだね

ちょっと。うるさいよ。

そして、「ウルトラマンギンガ」と「ウルトラマンオーブ」の力で、ニュージェネレーションカプセル α(アルファ)を作りだし、「ウルトラマンビクトリー」と「ウルトラマンX」の力で、ニュージェネレーションカプセル β(ベータ)を作りだし、そのαとβでウルトラマンゼロビヨンドに変身しました。

ゼロビヨンドに変身

ゼロビヨンドに変身

ゼロビヨンド

どういうことか一瞬、わからなかったのですが、つまりは4人のウルトラ戦士の力を借りたのが、ウルトラマンゼロビヨンドなのですね。
これは強そうです。

ゼロビヨンドの登場で、びっくりして固まるジード。
そして、困惑の表情で、引きつる伏井出。

ゼロビヨンドは、4つあるスラッガーを投げる技「クワトロスラッガー」を2つずつギャラクトロンに投げつけます。
そして、今度はジードがアクロスマッシャーに変身。
光の剣で素早く斬りつけます。

ゼロビヨンドが連続パンチ。
オラオラオラオラオラオラ!
そして、上に持ち上がったギャラクトロンをキックで地上に叩きつけます。

ゼロビヨンドのオラオラ攻撃

カラータイマーが鳴り始めるアクロスマッシャー。
ジードクローを取り出し、第6話でも魅せた「ディフュージョンシャワー」で1体のギャラクトロンを集中攻撃。
そして、倒します!

一方、ゼロビヨンドは「バルキーコーラス」という、手から発した8つエネルギーからの光線でギャラクトロンを倒します。

バルキーコーラス

喜ぶ、ペガとライハ。
そして、「おもしろい」と去っていった伏井出。

 

ギャラクトロンを倒して・・・

泣いているレイト。
ごめん。そしてありがとうと、リクとライハにそれぞれ伝える。

握手するリクとレイト。

レイトとリクの握手

そこに現れたルミナとマユ。
駆けよるレイト。

リク「人にはそれぞれ運命がある。力の無さに泣いたり、大切な人を失ったり。どうして自分が?そう思うこともあるだろう。でも大切なのは運命を越えていくこと。そうすれば見える景色がきっとある。」

 

第8話で判明したこと

名称・その他

▼ウルトラマンゼロビヨンド

  • 「ウルトラマンギンガ」×「ウルトラマンオーブ」→ ニュージェネレーションカプセル α(アルファ)
    「ウルトラマンビクトリー」×「ウルトラマンX」→ ニュージェネレーションカプセル β(ベータ)
     
  • 『ウルトラマンジード プリミティブ』へのフュージョンする際の決め台詞。
    「ネオ・フュージョンライズ。俺に限界はねぇ。ニュージェネレーションカプセル α!β!ウルトラマンゼロビヨンド」

 

▼クワトロスラッガー

4つあるスラッガーを投げつける、ウルトラマンゼロビヨンドの技。

 

▼バルキーコーラス

手から発した8つのエネルギー。
そのエネルギー1つ1つから光線を放つ、ウルトラマンゼロビヨンドの技。

 

第8話「運命を越えて行け」の感想

タイトルバック

運命を越えて行け

今回の影絵は「ゼロとゼロビヨンド」。

シビれました~。構図やポーズが最高です。

 

ライハのファッション

ライハ

このシャツを、片方入れて、片方出すというのはファッションなのでしょうか?
それとも、ただ、身だしなみがなっていないだけなのでしょうか?
いいシーンだったので、突っ込まなかったのですが・・・。

 

カメラワーク、アクション

随所にかっこいいシーンがありましたね。
ゼロが登場するシーンや2人で協力して戦うというのがよかったですね。

また、ゼロビヨンドが4人のウルトラ戦士の力で変身するとは思いませんでした。

 

胸を打つ言葉

今までの回もそうなのですが、胸を打つ言葉がけっこうあります。
中でも今回の8話は多かったように思います。
見ているこちらも、感動したり、切なくなったりします。

 

次回「誓いの剣(つるぎ)」への期待

まさかマユちゃんにリトルスターが宿るとは、思いませんでした。
いや、ちょっと考えたら予想ついたことだけど・・・。

伏井出とライハの直接対決。
そして、スカルゴモラやタイラントも登場。

来週も楽しみです。

次回は「誓いの剣(つるぎ)」。
決めるぜ!覚悟!

第9話「誓いの剣」の感想はこちら
→ 『ウルトラマンジード』第9話 感想 /ライハ姉さんの過去と、伏井出ケイの正体!

関連記事はこちら
→ コラム 「ウルトラマン」光の国から50年 byみなと
→ DXジードライザー 感想/カプセル組み合わせ一覧

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ウルトラマン
-