ウルトラマン

『ウルトラマンジード』第9話 感想 /ライハ姉さんの過去と、伏井出ケイの正体!

2017/10/14

はじめに

17年7月8日から放送が開始された『ウルトラマンジード』。
ウルトラマンはほぼ初心者、また女であるこの私、ともが感想を書いてきます。

なお、ネタバレもありますので、放送をご覧になった後に読んでいただくのが、ベストだと思います。

『ウルトラマンジード』の公式サイトはこちら
→ http://m-78.jp/geed/

『ウルトラマンジード』は、放送後一週間「見逃し配信」を無料で視聴できます。
YouTubeの円谷プロの公式チャンネル「ウルトラチャンネル」をチェックしましょう。
→ YouTube「ウルトラチャンネル」

画像・動画は上記公式サイト、もしくは上記公式チャンネルからの引用
[権利表記 © 円谷プロ  © ウルトラマンジード製作委員会・テレビ東京]

当ブログの『ウルトラマンジード』関連記事はこちら。
他の回の感想もこちらです。
→ 「ウルトラマンジード

ウルトラマンシリーズ ともの鑑賞歴

スポンサーリンク

記事下広告1

主な出演者一覧

  • 朝倉リク(濱田龍臣)
  • 鳥羽ライハ(山本千尋)
  • ペガッサ星人ペガ(CV・潘めぐみ)
  • レム(CV・三森すずこ)
  • 伊賀栗 レイト(小澤雄太 /ゼロCV・宮野真守)
  • 愛崎モア(長谷川眞優)
  • シャドー星人ゼナ(岩田栄慶 / CV・浅沼晋太郎)
  • 伏井出ケイ(渡辺邦斗)
  • 伊賀栗マユ(清水美怜)

 

第9話「誓いの剣(つるぎ)」の流れ / ネタバレ

リトルスターが宿ったマユ

公園で遊ぶマユ。
そしてマユを観察しているユートム。
それらを見つめているリク、ライハ、レイトの3人。

レイトから、マユの手が熱いことや、マユが瞬間移動したことを聞く2人。

瞬間移動

ライハのスマホが鳴る。
ユートムのスキャン結果報告で、マユには「リトルスター」が発症していることがわかった。

レムって、スマホと連動できるんですね。
それとも、ただのメールかしら。
ライハはスマホを見てから「スキャン終了」って言っていました。
レムってかなりの優秀さんですね。

いずれ、マユの元に怪獣がやってくることを危惧するも、「元凶である伏井出をなんとかしないと解決しない」と話し合う3人。

 

AIBにて

ゼナに伏井出のことについて、モアが報告します。
それによると・・・

  • 担当編集者にも住所を明かしていない
  • 公表されている経歴の裏付けがとれない
  • 作家になる以前を知る人物がいない

伏井出の小説を読みながらモアの報告を聞いていたゼナは、「これまでの怪獣事件とヤツとの関わりを洗い直す必要があるな」とモアに言います。

AIB

モア&ゼナが久しぶりの登場!!
イエーイ!
早く2人の活躍が見たいぜ。

 

作戦

リク達が話しあいます。
怪獣が現れる時、伏井出が近くにいると推測。
なので、ジードと怪獣が戦う間にゼロとライハで伏井出を捕えるという作戦。

ライハに協力を仰ぐ、ゼロ。
「彼をどうするつもり?」とライハ。
それに対して「やつは重要な情報を持っている。怪獣とリトルスターの関係、そして、その黒幕のベリアル。だから生かしたまま捕えたい。危険な仕事になるぜ」とゼロ。

それを聞いて、レイトがゼロやライハに問います。
「マユはどうなるんです?」と。
するとライハは「いい考えがある」と笑顔に。

 

秘密基地「星雲荘」にて

リクとペガが待つ星雲荘にやってきたのは、ライハとレイト、そしてマユ。
困惑するマユ。
そんなマユに、心配しなくてもいいとリク。
そして、リクは、物陰に隠れていたペガを無理矢理引っ張ってきて、「ここには楽しい友達もいる」とペガを紹介。

ペガとマユの初対面
ペガは、緊張した声で挨拶するも、マユはイヤがって、瞬間移動をしてしまう。

「突然すぎるよ、リク。段階踏まないと!」とリクに怒るペガ。

さすがリク。
子ども心が分かっていない。
いや、大人でもあのペガの登場にはびっくりするか。

 

元星公園にて

レムのエレベーターで、マユの瞬間移動先の元星公園へやってきた、レイト、リク、ライハの3人。
レイトがマユに促すも、嫌がって「星雲荘」へ行こうとしません。

マユがレイトに言います。
「パパ。今日は公園で遊ぶんじゃなかった?どうして知らない所に行くの?」と。

それを聞いたライハは、マユに「一緒に遊ぼう」と提案。
その後、2人っきりで遊んだ様子。

一緒に遊ぼう

 

秘密基地「星雲荘」にて

リク、ペガ、レイトが待つ星雲荘にやってきたのは、遊んで帰ってきたライハとマユ。

ライハがマユにペガを紹介します。
そしてペガも、改めて挨拶。
そしてペガは、「内職で作っているカーネーションを出現させる」というマジックを披露。

ペガのマジック

すっかり警戒心を解いたマユは、今日1日「星雲荘」にいることにした。

ペガの内職のお手伝いをするマユ。

一度言い出したら聞かないマユをどうやって説得したのかとレイトはライハに聞きます。
「別に。女同士の話よ」とライハ。

ライハは「彼はペガ」って紹介していました。
やはり、ペガは男性なんですね。
ライハ姉さん、子ども心も掴むとは、さすがです。

紹介していた場面の背景見ましたか?
ライハの物だと思われるものがたくさんありました。
まず、ミニ冷蔵庫。
そして、シャンプーや化粧水などのビューティ関係のグッズがたくさん並んでいました。
武闘派といえど、女の子。
身なりは気になりますよね。

レムがリクに「怪獣が出現したこと」を伝えました。
出現場所は天文台近く。
つまり真上です。

秘密基地の場所は、別次元ではないので、やはりリトルスターの持ち主であるマユを怪獣は見つけてしまうのですね。
真上に怪獣がいる心境、考えただけでもイヤだなぁ。

現れたのはタイラント。
レムいわく、タイラントは地下に潜ろうとしているそう。
そしてマユを狙っていることを伝えようとするも、ライハに制止される。

レイトはマユに聞きます。
「ここでペガ君とお留守番できる?」と。
怪獣に不安を抱きつつも「うん」と応えるマユ。

星雲荘にて

不安がるマユをさらに不安にさせないように、レムを制止したライハ姉さん。
さすがです。

 

ライハの過去

書庫にて調べ物をするモア。

モア

2011年(平成23年)5月4日の潮流新聞の「光瀬山麓で怪物被害」の記事を読み、唯一の生存者が鳥羽來葉(当時13歳)つまり、リクと共にいるライハであることを知り驚愕するモア。(詳細はこちら光瀬山麓で怪物被害

ライハの過去がわかりました。
クライシスインパクトの時に両親が亡くなったと推測していたのですが、クライシスインパクトの序章である(おそらく)「光瀬山麓の怪物被害」にて両親が殺され、自分も危なかったとは。
13歳で両親が亡くなるという悲劇。
相当、つらかったのだと思います。

新聞をよく読むと、当時のライハの証言等により、怪獣の詳細が書かれています。
怪獣は50メートル程度で、二足歩行で歩き、頭部に赤い2本の角が生えている怪獣。
うーん。
赤い角?・・・誰だっけ?

 

スカルゴモラ出現

外に出た、リク、レイト、ライハの3人。
タイラントの左手から飛んできた、イカリ(?)を華麗に避ける3人。

リクは早速、ウルトラマンジード プリミティブに変身します。

タイラントVSジード

タイラントをジードに任せ、ゼロとライハは、伏井出を探します。
探している最中にライハのスマホが鳴ります。
レムからの連絡で、「怪獣がもう1体現れた」との知らせ。
しかもライハの因縁の地である光瀬山麓に出現したと聞き、顔色が変わるライハ。

出現した怪獣は、第2話で原エリを襲ったスカルゴモラ。
その出現の様子を「星雲荘」にて見ていたマユが一言。
「赤い角」

ほんとだ!赤い角だ!
ということは、ライハの両親が亡くなる原因を作った怪獣はスカルゴモラか!!

第2話を見返すと、スカルゴモラを見たライハはこう言っています。
「あれは6年前と同じ。終わりはないみたい」と。
なるほどなぁ~。

事態を重く見たレイトが動き出します。

ゼロにフュージョンライズしたレイト。
プリミティブと共にタイラントを攻撃します。

タイラントVSゼロ&ジード

その後、プリミティブはタイラントをゼロに任せ、スカルゴモラの元へ移動。

レイトがゼロに問います。
「伏井出ケイはどっちにいるんでしょうか?」。
ゼロは答えます。
「わからねぇ。まずは目の前の敵を倒してからだ。」

 

スカルゴモラVSジード、タイラントVSゼロ

スカルゴモラの元へ飛んできたプリミティブ。
ひざ蹴りをおみまいします。

レムが、「ジードが光瀬山麓に到着したこと、そして、ライハもエレベーターを使って光瀬山麓に向ったこと」をペガに報告します。

1VS1×2

ペガは伏井出が光瀬山麓にいるとは限らないのにと、ライハの行動に疑問を持ちます。

すると、突然マユが「ダメ」と言って、瞬間移動をしてしまいました。

ゼロはゼロビヨンドに変身。
タイラントの攻撃を華麗にかわします。

タイラントVSゼロビヨンド
手に持った2本の光の刃で攻撃後、ワイドビヨンドショットを繰り出し、タイラントを倒した。

ワイドビヨンドショット
倒した時の決め台詞は
「俺の娘に手を出そうなんて、2万年早い」。

2万年早いぜ

キメたゼロだったが、レイトに「マユは僕の娘です」と突っ込まれる。
しかしゼロは「似たようなものだ」で片づけた。

笑顔になるレイトだが、ペガからの報告で、マユがいなくなったことを知る。

 

光瀬山麓にて

ジードは、ソリッドバーニングに変身。
スカルゴモラとソリッドバーニングの攻防が続きます。

2人の戦いを見守るライハ。

スカルゴモラVSソリッドバーニング
そこにやってきたのは、瞬間移動をしてきたマユ。

危険だから帰るよう促すライハだったが、「お姉ちゃんだって。ねぇ、なにをするつもり?帰ろう、ねぇ、帰ろうよ」と逆に一緒に帰ることを提案されてしまう。

それを見ていたリク。
その隙に攻撃され、倒れるソリッドバーニング。
マユに向かおうとする、スカルゴモラ。
しかし、ソリッドバーニングは起き上がりジードクローを手に攻撃。

ライハがマユに言います。「ここにいなさい。ずっと待っていたチャンスなの。ずっとずっと。」

両親が亡くなった6年前から、両親の仇を取ると決意していたのではないでしょうか。
刀剣使いになったのも、今まで鍛えていたのも、このチャンスの為・・・。
ライハの気持ちを考えると、泣けてきます。

ソリッドバーニングはジードクローを使って、コークスクリュージャミングを繰り出し、スカルゴモラを倒しました。

スカルゴモラの最期

伏井出の元へ走っていくライハ。
それを止めようとマユも追いかけるが、転んでしまいます。
そこに駆け付けたのは、レイト。
マユを起こします。
そして、マユが「お願いジード。お姉ちゃんを止めて。お姉ちゃんを助けて」と願うと、リトルスターがリクの元へ飛んでいき、ゼロのカプセルとなりました。

 

伏井出VSライハ 因縁の対決

鉄橋にいた伏井出の元に駆けよるライハ。
「よくここにいるとわかりましたね」と伏井出。

リクがマユとレイトの元に駆け寄ります。
そしてマユがライハから元星公園で聞いたライハの過去を話だします。

ライハはリトルスターの持ち主だったこと。
それによって、両親が亡くなってしまったこと。
そして「ただ戦うには覚悟がいるから、マユちゃんには本当のことを知っておいてほしかった」とライハはマユに言っていたのでした。

また、「出現するのは怪獣に化けた人だ」ということも話していた。

レイトが6年前に怪獣被害で両親を失った女の子がいたことを思い出します。
それを聞いたリクは8話でライハが「目の前で知ってる人が怪獣に襲われて、でも何もできない・・・。悔しくないわけないでしょ!」と感情をあらわにしたことを思い出し、ライハの元へ駆けだします。

 

ライハは伏井出に過去の話をします。

6年前の光瀬山麓で、怪獣が出現。

国内初の怪獣災害

怪獣が山を攻撃。
その影響により、砕けた岩石が落ちてきて、ライハをかばった両親が亡くなった。

13歳のライハ

あまりのできごとにショックを受けたせいなのか、ライハの体内からリトルスターが飛んでいき、怪獣の目の前で砕け散った。
そして、その怪獣が変身を解いた後、人(伏井出)になったのを目撃していた。

 

ライハは「でも意外だった」と話を続けます。
「あなたはゼロをおびき出すとばかり。そしてまたレイトさんを襲うつもりだと。」
伏井出は返します。
「そんなことをして大事なリトルスターが失われたら大変だ。あの時みたいにね」

6年前のことをさして笑う伏井出に対し、ライハは刀剣で斬りかかります。
しかし、杖でうまいこと避けていく伏井出。
「こういう展開嫌いじゃない」と挑発までみせます。

ライハVS伏井出

攻防を繰り返す2人。
伏井出の攻撃により、刀剣を落としてしまう。
今度は、鞘で戦うライハだが、杖で胸を突かれ、倒れるライハ。
体勢を整えた伏井出に、ライハは意表を突いて、刀剣を入れている袋で、伏井出の杖を落とし、伏井出のお腹を手で攻撃。
かなりのダメージを負ったようで、逃げようとするも、刀剣を拾ったライハが伏井出の首元へ刀剣を突きだします。

喉物の刀剣

そこにやってきた、リク、レイト、マユ。

伏井出がライハに問います。
伏井出「なぜだ?」
ライハ「覚悟が違うのよ。自分のせいで大切な人が奪われて。守れなくて・・・。私がこの6年どれだけ苦しかったか、悔しかったか。その気持ちがわかる?」
伏井出「くだらない」
ライハ「でしょうね。でもそのくだらないものが、あんたと私の差よ!」

と、トドメを刺そうとします。
しかし、光輝き、ライハは刀剣を下ろします。

声が聞こえたライハ

涙するライハ。

その隙に逃げる伏井出。
それを追いかけようとするゼロでしたが、バリアが張っていて、それ以上は近づけませんでした。
そのバリアから(?)、伏井出は「ストルム星人」だと判明した。

バリアする伏井出

涙するライハ

 

陰でみていた2人

物陰で、伏井出を監視していたモアとゼナ。

AIBの2人
伏井出ケイが宇宙人であること、元凶だということを突き止めました。

レイトを見つめるゼナ。
「うん?あの男」。

AIBの大活躍は見られず、残念。
しかし、ゼナがレイトを見つめていました。
レイトの中にいるゼロがわかるのでしょうか。
今後の展開に期待!

 

秘密基地「星雲荘」にて

ライハの中のリトルスターを調べている。
しかし、もう存在していないそう。

リクはライハに聞きます。
「あの時、どうしてケイにトドメを刺さなかったの?」と。
すると、ライハは
「声が聞こえた。『やめなさい。キミがすべきことじゃない』。」

その声が聞こえた時、刀剣を下ろさずにはいられなかったそうです。
自分自身の行動に疑問を持つライハでしたが、リクは「よかった。その声がライハを止めてくれて」。
それに対して、ライハは「ありがとう」とお礼を言いました。

リク「その声が誰の声だったのか僕らにはわからない。でも自分の力を越えた不思議なものに導かれることってあるのかもしれない。きっと僕がウルトラマンであることも」。

決意するリク

決意するリクの顔、とってもいいですね。
少しずつ成長するリクが楽しみです。

それにしても、ライハが聞いたという声は誰なのでしょうか。
最初は、両親かと思ったのですが、誰の声かわからなかったということで、不正解。
ウルトラマンキングとかかなぁ?

 

第9話で判明したこと

人物

▼鳥羽ライハ(山本千尋)

国内初の怪獣被害時の唯一の生存者。
詳しくはこちら→光瀬山麓で怪物被害

 

名称・その他

▼元星(もとほし)公園

マユが遊んでいた公園の名前。

 

▼光瀬山麓(みつせさんろく)で怪物被害

2011年(平成23年)5月4日の潮流新聞の見出しになっていたもの。

植物学者である鳥羽弾次博士(だんじ・45歳)を始めとする15人が、東京都山王市境にある光瀬山麓でフィールドワークの実習(植生調査)を行っていた。
フィールドワークが終わり、下山途中の15時30分に怪物が出現。
怪物の出現が観測されたのは、これが国内初。

鳥羽弾次博士、そして妻の涼美(すずみ・40歳)さん、緑地学科のゼミ生の総勢14人が亡くなった。
怪物が引き起こした落石によって命を落とした。

唯一の生存者は、鳥羽弾次博士の娘・來葉(ライハ)13歳。
軽傷で済んだ。

鳥羽弾次博士は若くして国際植生学会の理事を務めるなど、植物学の権威として知られ、帝農大で教鞭をとっていた。

その後の調査により、怪物は50メートル程度で、二足歩行で歩き、頭部に赤い2本の角が生えていた。
怪物は出現直後に消失し、消息不明。

政府は緊急災害対策本部を設置し、対応にあたった。

 

▼ワイドビヨンドショット

ウルトラマンゼロビヨンドの攻撃。
手から光線を出す。

 

第9話「誓いの剣」の感想

タイトルバック

誓いの剣 タイトルバック

今回の影絵は「ライハとスカルゴモラ」。
最初に見た時は、「かっこいい!!」しか思わなかったのですが、見終わってから改めて見ると、これだけで泣けてきます。
「誓いの剣」ってこういうことだったのですね。

 

ライハの気持ち

ただでさえ両親が亡くなってつらいのに、「その原因が自分」だと思い、悔しくも悲しい想いを1人で抱えて生きてきたライハ。
復讐するため、自分自身の弱さを立ち切るためにも、鍛え、強くなってきたライハ。
その努力は凄まじいものだったのではないでしょうか。

彼女の気持ちを考えると、もう涙涙で・・・。
ライハが一層、愛おしくなりました。

 

ライハVS伏井出

ライハと伏井出の対決は、ウルトラマンVS怪獣よりも、見応えがありました。
日ごろの成果をみせるライハも良かったですが、杖で戦う伏井出も凄まじいものがありました。

ライハの最後の攻撃は股間に当たったように見えたのですが(笑)
違うか。

 

次回「ココロヨメマス」への期待

心を読む能力を持った星人が登場。
なんでもお見通しの能力。
予告で、リクはモアが焦っていることに疑問をもっていますが・・・。
ふふふ。
これはおもしろい展開に期待です。

また「だだっ子怪獣ザンドリアス」って書かれていましたね。
どんな怪獣なのでしょうか。
来週も期待しちゃいます。

次回は「ココロヨメマス」。
決めるぜ!覚悟!

次週の第10話の記事公開は9月10日(日)を予定しています。
申し訳ありません。

第10話「ココロヨメマス」の感想はこちら
→ 『ウルトラマンジード』第10話 感想 /ギャグ回誕生!?ダダっ子ザンドリアス登場!モアも大活躍

関連記事はこちら
→ コラム 「ウルトラマン」光の国から50年 byみなと
→ DXジードライザー 感想/カプセル組み合わせ一覧

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ウルトラマン
-