ゲームレビュー

AKIBA'S TRIP2(アキバズトリップ2) 感想・レビューbyとも

2019/10/22

アキバズトリップ2

東京・秋葉原を舞台とし、敵キャラクターの衣服を剥ぎ取る「ストリップアクション」が特徴のアクションゲーム。
『AKIBA'S TRIP』の続編にあたりますが、今作のみのプレイでも支障はありませんでした。

PSVITA版をプレイしましたが、PS3やPS4でも発売しています。

なお、PS4版は、配信されたダウンロードコンテンツすべてを収録していて、新要素の追加もあるそうです。
またテレビアニメ化を記念して、アニメの衣装が追加された『AKIBA'S TRIP2+A』が2017年に発売されました。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『AKIBA'S TRIP2』概要

19年10月21日時点の情報です。

発売日 【VITA・PS3】2013年11月7日
【PS4】2014年7月3日
【PS4】(AKIBA'S TRIP2+A) 2017年2月2日
発売元 アクワイア
開発元 アクワイア
ハード プレイステーション4、プレイステーション3、PS VITA
ジャンル アクションアドベンチャー
プレイ人数 1人
CERO C(15才以上対象)
通常価格(税込) 【PS4】(AKIBA'S TRIP2+A) パッケージ版4,378‬円 ダウンロード版4,054円
【PS3】パッケージ版7,678円 ダウンロード版4,584円 
【VITA】パッケージ版6,908円 ダウンロード版4,584円 
公式サイト  AKIBA'S TRIP2
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©2013-2017 ACQUIRE Corp.

 

 

ゲーム内容

現実の秋葉原、そっくりに作られた秋葉原が舞台。

人造吸血鬼、魔骸者(マガイモノ)を倒すために自警団の一員となる主人公。
魔骸者は、太陽の光で消滅してしまうため、服を剥ぎ取るのが目的の戦闘になります。
なお、一般人にも喧嘩を吹っ掛け、服を剥ぎ取ることが可能。

服が破けずに剥ぎ取ることができると、衣装として使えます。

 

カメラで撮影すると、魔骸者は映像が乱れたように見えます。

アキバズトリップ2 乱れた映像

服を脱ぎとった所。

アキバズトリップ2 ストリップアクション

消滅していく魔骸者。

アキバズトリップ2 消滅

 

 

良い点

秋葉原の再現度

実際に秋葉原には行ったことはありませんが、細部まで再現されています。
なので、テレビで秋葉原が映ると、既視感があります。
それくらい、再現度は高く、感心してしまいます。

アキバズトリップ2 街並み

アキバズトリップ2 街並み

 

戦闘

服を剥ぎ取り勝利する。

なんておバカなんでしょう。
しかし、こういうコンセプト好きです。

戦闘も楽しかったですし、連続で脱がせる時は QTE が出ますが、爽快感があり、私は好きでした。

アキバズトリップ2 警察

戦闘していると、警察官に呼び止められることも。

 

収集要素

破けずに奪った服を集めたり、チラシを集めたりと収集のやりこみ要素があります。

私は収集するのが好きなので、大変楽しかったです。

 

着替えやモーション変更

服はもちろん、帽子、靴、インナーまで着がえることができ、楽しかったです。
また、ストリップ技のモーション(脱ぎ取る時の動作)や移動のモーションも変更ができ、見ているだけでおもしろかったです。

アキバズトリップ2 モーション

中央の主人公が「ルート893」、左のトーコは「パントマイム通信」の移動モーション。

 

 

不満点

ロードが長い

マップの一画一画を移動するたびにロードが入り、テンポが悪かったです。

また着替えなどをした際も主人公らが出現するのに、タイムラグがあります。

アキバズトリップ2 ロード

 

ストーリーとサブミッション

メインストーリーが正直おもしろくなかったです。

またサブミッションの一つである、48人狩りが異常にきつかったです。

なぜあんなに面倒くさい内容にするのか。
しかも2回・・・。

 

キャラクター

ゲームをプレイしていると、ほとんどのゲームでは男女関係なく「このキャラ大好き」というキャラクターに出会えます。
しかし、今作では出会えませんでした。

逆にキャラクターの魅力が弱いと感じるほどでした。

唯一、魅力を感じたカティですが、残念なことにカティエンドはなく、「あれぇ?」という感じです。

アキバズトリップ2 カティ

 

服の種類

服の種類はたくさんありますが、色違いが多め。
もっといろんなタイプの服を着せかえたかったです。

 

その他

  • 一部の広告がネタバレ。
  • 敵が落とすアイテムが手動でしか拾えない。
  • イベント時のスキップ機能がない。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード版
プレイ時間 17時間
シリーズのプレイ状況(とも
※記事作成時点
なし
トロフィー 状況 100%
トロコン 難易度 普通。面倒ではある

 

 

総評

『AKIBA'S TRIP』と比べると、完成度は劣るそうなのですが、『AKIBA'S TRIP2』しかプレイしていないので、比較はできませんがこれはこれで楽しかったです。
しかし、アイディアばかり秀逸のようで、もっと快適に、もっとのめり込めるストーリーがほしかったのが正直なところ。

まぁ、戦闘や収集が楽しかったので、やりこんだんですけどね。

男女関係なく、下着はまる見えになるので、ちょっと下品なのが苦手な人は、今作は無理だと思います。
しかし、収集のやりこみ要素が好きな人には、たまらない作品だと思います。
されど、シナリオがイマイチなので、人によるとしか言えませんが。

全体評価   ★★★☆☆

シナリオ   ★☆☆☆☆
操作性    ★★★★☆
システム   ★★★☆☆
キャラクター ★★☆☆☆
ビジュアル  ★★★☆☆
音  楽   ★★★☆☆

 

夫からもちょっと言わせてくれ

「お使いの延長」のようなシナリオは、擁護できないくらいヒドイ完成度でした。
しかし「服を脱がせる」戦闘や、秋葉原の街並みを歩く楽しみは、非常に個性的で良かったです。

今作をプレイすると、別のゲーム等で秋葉原が出てきた時に「あ~、あそこね」ってなるくらいです。

戦闘も慣れるとスパンスパンと服を脱がせることができ、大変気持ちが良かったです。
脱がせるモーションも多数用意されていて、飽きませんでした。

エリア移動でいちいちロードが入るのは煩わしかったので、シームレスに秋葉原を闊歩できると、もっと良かったです。

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, ,