ゲームの旅路

2022/12/5

『スプラ3』新シーズン / 『ポケモンSV』は佳境 【ゲゲ語り】vol.137

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回も『スプラトゥーン3』『ポケモンSV』です。

ゲーム情報

2022/12/1

【毎月更新】2022年の「フリープレイ」まとめ【PS Plus】

2022年に配信のPS+「フリープレイ」タイトルを紹介します。毎月更新し資料記事にしていきます。

特別企画 私たちのお気に入り

2022/12/2

ポケプラ紹介 / 簡単に作れる高クオリティなプラモデル!ポケモンフィギュアとしても優秀

非常に簡単にプラモデルが作れる「ポケプラ」。プラモデル初心者や子どもでも、道具を使わずに作れます。ポケモン好きなら買い!誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントにもピッタリです。

ゲーム情報

2022/11/29

ペルソナ×ヴィレヴァンコラボ! / マリオ映画ダイレクトが30日7時放送 みなとも Game News Pick Up 22年11月23日~29日

22年11月23日~29日のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!『スプラ3』新シーズンのアプデ情報が公開。ほか。

ゲーム情報

2022/11/29

『ミンサガリマスター』『Sable』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年11月24日~12月7日

22年11月24日~12月7日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『ソード オブ ザ バークラント』『サムライメイデン』などなど。

ゲームの旅路

2022/11/27

『スプラ』と『ポケモン』しかしていない 【ゲゲ語り】vol.136

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『スプラトゥーン3』『ポケモンSV』です。

ゲーム情報

2022/11/23

『ソウルハッカーズ2』アプデ! みなとも Game News Pick Up 22年11月16日~22日

22年11月16日~22日のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!『十三機兵防衛圏』3周年記念特番が28日に放送。など。

ゲームの旅路

2022/11/20

『ポケモンSV』夫婦で同時プレイ開始! 【ゲゲ語り】vol.135

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『ポケモンSV』『Finding Paradise』など。

解説・操作方法・攻略

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition ゲーム内容

2017年6月22日

フィンランドの開発会社「Frogmind Oy(現・Frogmind)」が手掛ける、横スクロールアクションアドベンチャーゲーム『Badland(バッドランド): Game of the Year Edition』。

スマホアプリとして配信され、2013年の「アップルが選ぶゲーム」としてのゲームオブザイヤーを受賞。
ローカルマルチプレイモード等を搭載し、配信と同時にフリープレイとなりました。

  • 「どんなゲームか?」
  • 「アイテムの効果は?」
  • 「ステージギミックは、どんなものがある?」

こういった海外開発フリープレイタイトルは、そういう疑問を持つものばかりですよね。

画像や動画を見ただけでは、イマイチわからないものが多いです。

 

みなとはVITA版で、「シングルプレイモード」の全ステージをクリアしました。
そこで、今作が「どんなゲームか」を簡単に解説します。

「マルチプレイモード」には手をつけていませんので、その部分の解説はできません。
あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

概要

PS VITA、PS4、PS3で発売していましたが、22年3月21日時点でプレイできる機種はSwitch版のみで、発売元も変わっています。
というわけでSwitch版の情報を記載します。

 

 

基本的なこと

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

画像のキャラクターを操作して、ゴールを目指す横スクロールアクションゲームです。
画面は強制的に移動していて、左端に置いていかれるとミスになります。

場面によっては、スクロールが止まるところもあります。

上のキャラクター、名前がチョットわからないので、ここでは「クローン」と呼ぶことにします。

まぁ、「まっくろくろすけ」とか「すすわたり」でもいいんですけど。

ちなみに、これから紹介するアイテムやギミックの名称も、だいたい俺が勝手に名付けたものです。

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

右端の白い円がゴールです。
ここに吸い込まれることで、そのステージをクリアとなります。

クローンが1体でも、ここに到達できればクリアです。

 

 

各種設定

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

ステージ選択画面の左上、「歯車のアイコン」で設定ができます。
サウンドの音量や、表示言語を変えられます。

取得済みトロフィーの確認も可能です。
未取得・隠しトロフィーのヒントも見ることができます。

 

 

操作方法

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

  • ×ボタン(Rボタン)を押し続けることで、上昇
  • 離すと、下降
  • 左スティックで、左右に動く
  • 決定は×ボタン

PS VITA の場合、画面のタップ・スワイプでも同様の操作ができます。
これだけです。

ボタンを押す長さや、スティック操作により、横スクロールのスピードも変化します。
操作に関しては、かなり直感的にプレイできます。

画面下の「レベル」を選択すると、そのステージを最初から。

その隣の「チェック点」を選択すると、直前のチェックポイントから再開。
攻略中に全滅した場合も、直前のチェックポイントから再開します。

右の「チェック点をスキップ」を選択すると、次のチェックポイントへスキップします。
これは、クリア済みのステージでのみ選択できます。

 

 

パワーアップアイテム

道中さまざまなパワーアップアイテムを拾い、クローンの形態やスピードを変化させながら攻略することになります。

パワーアップアイテムは、近づくとクローンに吸いつくように動きます。
壁などにガッチリくっついているものは、自分で取りに行く必要があります。

パワーアップアイテムは、取れば取るほど効果が重なります。
ただし、これから紹介する項目ごとに「対」になっているため、両方取ると効果が相殺されます。

 

▼サイズマター

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

クローンのサイズを変化させるアイテムです。

大きくなると、重くなり吹き飛ばされにくくなります。
ただし、動きが遅くなり、狭いところも通れません。

小さくなると、狭いところを通れます。
ただし軽いため、弾かれたりすると制御がきかなくなります。

 

▼クローン分裂

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

クローンが分裂し、2体になるアイテムです。

分裂した個体は、同じ動きをします。
スーパーマリオ3Dワールド』の「ダブルチェリー」のような効果です。

このパワーアップアイテムを取った個体のみが、分裂します。
上手く動きを調整して、「2手に別れる」といった攻略が必要な場面もあります。

 

▼クローン増殖

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

クローンが10体に増殖するアイテムです。

「クローン分裂」と同様、全て同じ動きをします。
「クローン分裂」も同様ですが、増殖した個体は、どれがパワーアップアイテムを取っても、全体に効果が及びます。
ただし「クローン分裂」と「クローン増殖」だけは取得した個体のみが分裂・増殖します。

増えた分、全体を安全に進行させることは難しいです。
数に物を言わせたゴリ押し攻略が必要な場面も多く、「増えては散り、増えては散り」を繰り返すこともあります。
1体でもゴールすればクリア扱いなので、気にすることなく。

ただし、ゴール時に生き残っているクローンの数は集計され、「トロフィー」や後述する「ミッション」の達成にも関わってきます。

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

たくさん取り続ければ、100体以上になることも。

 

▼スピード

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

スピードを増減させるアイテムです。

クローンの動きだけではなく、横スクロールのスピードも変化します。
そのためスピード増加した際は、取り残されないよう注意が必要です。

スピードが遅くなると攻略しやすくなりますが、ステージギミックによっては遅いと避けられないものもあります。

 

▼ローラーボール

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

クローンが回転しつづけるようになるアイテムです。

右回転は地面を右に転がりやすくなります。
左回転は、天井を右に転がりやすくなります。
左に転がりたい場合は、逆です。

「今、どっち回転か」を判断し、地面を行くか天井を行くかを見極めましょう。
「回転の力で障害物を移動させる」といった場面もあります。

 

▼スティッキー / バウンス

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

クローンの性質を変化させるアイテムです。

「スティッキー」は全身トゲだらけになり、壁やオブジェクトに刺さります。
刺さると動けなくなり、抜くためにはボタン操作が必要になるため、注意が必要です。
ただし、即死ギミックの「回転ノコギリ」を無効化することもできます。

「バウンス」は、スーパーボールのように弾むようになります。
弾む力で軽快に進めますが、制御が非常に難しくなります。
増殖した状態だとかなりカオスです。

 

▼タイム

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

全体の時間を操作するアイテムです。

時間が遅くなればギミックの動きも遅くなり、繊細な操作で切り抜けることも可能になります。

時間を進める効果は、基本的には「遅くなった時間を戻す」ときに使うことになります。
単に「進める効果」を取った場合、制御は難しくなります。

 

 

主なステージギミック

さまざまなステージギミックを切り抜け、利用し、ゴールを目指します。
ここでは出現率の高い、主なステージギミックを紹介します。

 

▼回転ノコギリ

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

即死ギミックです。
触れるだけでミスとなります。

回転していない状態なら、さわっても大丈夫です。
「スティッキー」状態でもさわれます。

 

▼地雷

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

トゲに触れることで、強い衝撃とともに爆発する地雷です。

意外なことに、触れても爆風でもミスになりません
ただし、爆風で左端に飛ばされた場合はミスになります。

連鎖的に他のギミックを作動させる際に利用することも多く、見つけたらとりあえず触った方がいいです。
「地雷をすべて爆発させる」という「ミッション」もあります。

 

▼トゲ玉

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

即死ギミックです。
触るだけでミスになります。 ティウンティウン。

「スティッキー」状態でもダメです。
刺さったら動けないので同じ話です。

「トゲ玉」自体は動かないので、丁寧に避けましょう。

 

▼スイッチ

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

右下のスイッチ。
触れると、さまざまなギミックが作動します。

ステージによって、スイッチによって、作動するギミックは違います。
押さなければ先に進めない場面がほとんどですが、「押してはいけない」「押すタイミングが重要」な場面もあります。

なおクローン以外でも、小石やブロックなどが触れた場合でも作動します。

 

▼歯車・バルーン

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

一定サイクルで動き続けるギミックです。
これら自体にダメージはありませんが、押しつぶされるとミスになります。

これらに限らず、ギミックに押しつぶされたり、挟まれたり、左端に追いやられたりするとミスになりますので覚えておきましょう。

 

▼ポータル

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

青白い光の輪に入ると、連動したもう片方と行き来できるギミックです。

クローンだけではなく、パワーアップアイテムや他のギミック・オブジェクトもワープします。
ワープした先が左端に消えていた場合、ミスになりますので注意しましょう。

 

▼キューブポータル

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

オレンジの光の枠に入ると、「キューブ状態」に変化してワープします。 ハコボーイ!

この「キューブ状態」は非常に硬いらしく、「回転ノコギリ」や押しつぶすギミックを無効化します。
ただし、刺さったり挟まれたりして動けなくなると、左端に取り残されてミスになります。

 

▼くっつき虫

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

クローンの体にくっつく、小さな玉です。

これ自体にダメージはありませんが、体が重くなります。
「くっつき虫」同士もくっつきますし、「くっつき虫」を介してクローン同士もくっつきダマになりやすいです。

激しく動いてふりほどくか、「サイズマター」でクローンの大きさを変えると離れます。

 

▼地雷弾

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

射出され、一定時間後に爆発します。

「地雷」と同様、これ自体にダメージはありません。
爆風に飛ばされ、即死ギミックに触れないように注意しましょう。

「地雷弾」と「くっつき虫」が一緒になったバージョンもあります。

 

▼噴射口

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

大量の空気が吹き続けているギミックです。

軽いクローンは勢いよく吹き飛ばされます。
他のギミックやオブジェクトも吹き飛ばされますので、上手く利用できるか観察しましょう。

 

▼重力装置

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

模様の方向へ重力を操作するギミックです。
スイッチで作動するタイプと、最初から作動しているタイプがあります。

効果があるのはオブジェクトだけで、クローンは重力の影響を受けません。

 

▼レーザー

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

即死ギミックです。 触れるとジュッとミスになります。

一定サイクルで射出するタイプ、ずっと作動しているタイプ、スイッチで作動するタイプがあります。
レーザーは平らな壁を反射します。
射出口側に障害物があれば、そこから先へは延びません。

クローンが大量にいる場合、盾にすることで切り抜けられる場面もあります。

 

 

ミッション

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

クリアしたステージは、再度プレイする際「ミッション」を確認できます。
全ステージ3つの「ミッション」が用意されています。

  • 一回目の挑戦で生き残る
  • パワーアップをすべて集める
  • クローンを○○体救う
  • 地雷をすべて爆発させる
  • 増殖せずに生き残る

など、さまざまなです。
上3つがよく出ます。

Badland(バッドランド): Game of the Year Edition

「ミッション」は1度に全て達成する必要はありません。

「パワーアップアイテムを全て集めてゴールし、もう一度プレイする際はノーミスで」という感じで、1つずつ達成してもOKです。

 

 

おわりに

いかがでしたか? これで大体「どういうゲームか」は、伝わったかと思います。

なんとなーく察したかもしれませんが、今作は「死にゲー」です。
パワーアップアイテムの性質を理解し、ギミックの配置や利用方法を「死んで覚える」ゲームです。

中には謎解き要素や、レースのようなステージもあり、閃きや瞬発的な判断力がもとめられることもあります。

難度は、かなり高いです。
ですがロードも早く、チェックポイントも細かく設定されているため、繰り返しの再挑戦があまり苦にはなりません。
中毒性も高いです。

レビュー
Badland(バッドランド): Game of the Year Edition
Badland(バッドランド): Game of the Year Edition 感想・レビュー byみなと

簡単操作で骨太アクション!中毒性抜群の『Badland: Game of the Year Edition』(バッドランド)をレビューします。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-解説・操作方法・攻略
-