ゲームレビュー

ダマスカスギヤ 東京始戦 感想・レビュー byみなと

2019/08/27

ダマスカスギヤ 東京始戦

人型のロボット「ギヤ」を操り、暴走した無人ロボット「レイジ」と戦う、アクションゲーム。
VITA版『ダマスカスギヤ 東京始戦』をレビューします。

ジャンル名は「ロボカスタマイズ ハック&スラッシュ」。
ロボットの頭・体・腕・脚・肩のパーツと、各武器をそれぞれ入れ替え、自由にカスタマイズできます。

パーツはショップで購入するほか、敵を倒して入手します。
敵が落とすパーツは、同じ名前のパーツでも1つ1つ性能や特性が違い、取捨選択して自機を強化していくのが特徴です。

17年2月22日に今作のHD版、PS4『ダマスカスギヤ 東京始戦 HD Edition』が配信されました。
全3種の DLC が収録され、グラフィックの強化などが施されたバージョンです。
公式サイトはこちら
→ http://www.damascusgear.net/tokyo-shisen-HD/

HDエディションの発売と同時に、3番目のDLCがVITA版でも配信されました。(無料)

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『ダマスカスギヤ 東京始戦』概要

19年8月26日時点の情報です。

発売日 VITA版 2013年12月25日
PS4版 2017年2月22日(HD Edition)
Switch版 2018年3月1日
発売元 アークシステムワークス
開発元 エープラス
ハード PS VITA、プレイステーション4、Nintendo Switch
ジャンル ロボカスタマイズ ハック&スラッシュ
プレイ人数 1人
CERO A(全年齢対象)
通常価格(税込) ダウンロードソフト
【VITA】1,851円
【PS4】1,800円
【Switch】1,800円
公式サイト ダマスカスギヤ 東京始戦
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 © A PLUS/ARC SYSTEM WORKS

 

 

良い点

爽快、ロボバトル

プレイヤーは、人型ロボット「ギヤ」の新人パイロット。
ミッション選択制でシナリオ進行し、バトルに護衛に運搬に、様々なミッションをこなすことになります。
操作するのは常に「ギヤ」であり、「ギヤ」から降りて行動するシーンはありません。

とにかく「ギヤ」を使ったアクションが今作の根底で、難しいコマンドなどは無く、その操作感に満足!

敵の数は多く、大量の敵をバッサバッサと殲滅できるのは、とても爽快でした。
ゲームクリアまでは、苦戦する場面は少ないと思われます。

ダマスカスギヤ 東京始戦

 

ハマるハクスラ

「ハクスラ(ハック&スラッシュ)」とは、「敵を倒して得た経験値や装備で自分を強化し、さらに強い敵に挑むタイプのゲーム」を指します。

まぁ本来の意味だとそうなのですが、広く理解されてる意味としては「敵を倒して得るアイテムの性能がランダムで、より良い物の獲得をねらうタイプのゲーム」ってとこでしょうか。

今作は、後者の意味合いでの「ハクスラ」。
また、後者を繰り返す行為を「掘る」と言うらしいです。

『ドラゴンズクラウン』や『ゼノブレイドクロス』も、同タイプのゲーム。

この「ハクスラ」が、とても楽しい。

敵が落とすパーツは1つ1つ性能や特性が違うので、より良いもの、より自分のプレイスタイルに合ったものを選択したくなります。
装備画面では「現在の装備との性能差」を一目で見られますし、レアな特性には緑や青で色付けされているので判りやすいです。

パーツはその種別により見た目も変わるため、性能を取るか、特性を取るか、見た目を取るか、悩みどころ。(色と機体名は好きに変えられます)

ダマスカスギヤ 東京始戦

 

個性的なキャラクター

今作の登場人物は、皆クセが強く個性的で、おもしろい。
ライバルキャラ、熱い上官、冷静な先輩など、話を転がすのに有効なキャラクターは揃っており、その会話もなかなか「生きて」て味がありました。

特に気に入ったのは、オペレーターの「ミライ」。

今作をプレイした人は、少なからず彼女のことが気に入っているとは思います。
ネガティブで辛辣で、人の名前をよく間違えますが、意外と生真面目で可愛らしい一面もあります。

ダマスカスギヤ 東京始戦

 

 

不満点

マップの種類が少ない

ミッションの種類も数も多いので簡単には飽きませんが、マップの少なさは痛い。

また、闘技場タイプや施設系のマップ以外は、どこも「荒廃した東京」である点は一緒なので、さらに少なく感じました。

 

パーツの色変え

パーツはカスタマイズで色を変えられます。
それは、良い要素。

ですが、新しいパーツを手に入れ、それを装備すると、そのパーツのもともとの色になります。

「ボディは常に赤で行きたい」という場合、装備変更の度に色変えが必要になります。

自動的に登録した色に変化してくれると、良かったかもしれません。

ダマスカスギヤ 東京始戦

 

NPC(仲間や護衛対象)が弱い

今作では仲間と一緒に戦うミッションや、重役や研究員を護衛するミッションが少なくありません。

ですが、 NPC である彼らは非常に弱く(というか頭が悪く)、敵の集団に突っ込んだり、大技を棒立ちで食らったりしてすぐ倒されてしまいます。

特に護衛対象の場合は、倒されると失敗になってしまいます。

必要以上に気を配らねばならず、大変でした。
もう少し頭良く行動してほしかったです。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 不明
シリーズのプレイ状況(みなと なし
トロフィー 状況 42%
トロコン 難易度 難しい

 

 

総評

低価格の ダウンロード専売 タイトルなので、完成度はそこそこかな・・・と思いきや、なかなか遊べる作品。

もちろん、フルプライスのゲームと比べると劣る部分など見られます。
「不満点」と言うほどのことではありませんが、一応書き出しておきます。

  • ボイスは無い
  • グラフィックはVITAとしては低め
  • ロードは長め
  • ネット対戦等の機能は無い

ダマスカスギヤ 東京始戦

全体評価   ★★★★☆

シナリオ   ★★★☆☆
操 作 性  ★★★★☆
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★★★
ビジュアル  ★★☆☆☆
音   楽  ★★☆☆☆

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, ,