解説・操作方法・攻略

村の消去方法と売却方法【とびだせ どうぶつの森】

2018/04/13

村長になりたい!

娘(7)の切実な願いを叶えるべく、私たちは築きあげてきた「よつば村」を消去することにしました。

というわけで、今回は消去篇です。
村の消し方、売却の際の査定の仕方などを紹介します。

今回の写真は、デジタルカメラで撮影しているため、ボケている画像が多数ありますが、ご了承ください。

スポンサーリンク

記事下広告1

お家をとりこわす

起動前に

「始める」
「他のこと」

のどちらかを選びますが、ここで「他のこと」を選択。

そして

「お家をとりこわす」を選択。すると、

村長だけ、家を取り壊すことはできないようです。

村長交代システムがあってもよかったのにね

 

村を作り直す

念を押すしずちゃん

さて気を取り直して、さきほどの画面で「村を作り直す」を選択。すると、

うん。わかってるよ、しずちゃん。

ごめんね、しずちゃん。

「それでも作り直す」を選択。

 

「卒業」と「再出発」

「すぐにやり直す」
「もう卒業します」

の2つの選択肢が出ました。

気持ちは「もう卒業します」なのですが、いったん「すぐにやり直す」を選択してどうなるのか、見てみましょう。

 

たぬきち登場

たぬきち登場!?
あっ、そういえば『amiibo+』になって、村の買い取りができるようになったんだっけ。

「お金を引き継いで2周目プレイ」と同じことですね。

「もう少し くわしく教えて」を選択してみます。

 

村を査定してもらう

村を売ったらどうなるの?

てっきり、同じ名前と顔でしか、やり直せないと思っていたけれど、別人でいけるのか。
じゃあ、違うプレイヤーに村長を譲る時も、これは有効だね。

カタログも売却できるようですね。
※のちに説明があります

「大丈夫!」を選択します。

 

よつば村の売却価格

鑑定団みたいな演出が入りました。

そんなに!?
なにを基準に金額がでるんだろう・・・。
公共事業とかかな?

 

カタログを売る

さっきの話にも出てきたカタログですね。

なるほど!
プレイヤー3人分だからすごい金額になりそう。

うわ!やっぱり。

なるほど。
カタログの記録をまっさらにして、一からやり直したい場合は売った方がお得ですね。
村は作り直すけれど、カタログの記録は残したい場合は、売らないようにしましょう。

「カタログも売る」を選択してみました。

あまりの金額に引くわー

 

一括と分割

一括?分割?

10%の利子だと?

分割を選択した場合、最終的に約1000万増えますねぇ。(私たちの村の場合)
村を作り直しても、毎日末長く遊んでほしいという思いから、このシステムが生まれたんだと思います。

「利子分はいらないから、さっさと全部くれ」という場合は一括を選択しましょう。

とりあえず「分割」を選択。

お金もカタログも一切まっさらの状態で、娘に手渡したいので、「ちょっと待って!」を選択します。

「売るのをやめる」を選択。

とりあえず、選択ミスをしないで、戻ってこられました。
価格だけ見たいなら、今と同じ操作をしてください。
ただ、選択ミスはしないよう、十分お気を付け下さい。

 

いよいよ、さよならの時

最初に戻ったので、

「始める」
「他のこと」

の場面からやり直し。

「他のこと」→「村を作り直す」→「それでも作り直す」→「もう卒業します」を選択。

そうなのです。しずちゃん。

悲しいけれど、今までありがとう。

■■■消去中■■■

うわっ!あっさり!
つうか、3秒くらいで消去したよ。
私たちの5年間がたった3秒?
それにしても、しずちゃん泣いてくれるとかないの?
感動の別れを期待してたのに、どこいった~?

 

村を買い取ってもらえる条件

今回、不動産屋のたぬきちに買い取ってもらえる条件が整っていました。

買い取ってもらえる条件とは、村のシンボルツリーが3段階育っていること
シンボルツリーに座れるようになっていれば、3段階以上育っている証です。

シンボルツリー

なお、売却する場合は、村長キャラで起動しなければなりません。

 

まとめ

こうして、私たちの村は終わりを迎えました。
『とびだせ どうぶつの森』よ、長い間ありがとう!

 

さて、たくさんの写真で一連の流れがわかったでしょうか。
村を作り直したい、査定価格が知りたい時に、この記事が参考になればと思います。

消す前の私たちの村の写真は、こちら
→ さよなら、私たちの村【とびだせ どうぶつの森】

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-解説・操作方法・攻略
-, ,