ゲームレビュー

魔神少女COMBAT 感想・レビューbyとも

2019/10/29

2Dアクションゲーム『魔神少女-Chronicle 2D ACT-』のスピンオフ作品である『ブレイブダンジョン』。
2016年11月30日に3DS用ダウンロードソフトとして500円で発売されました。

そして、2017年9月28日。
今度はスイッチ版のダウンロードソフトとして発売。
HD化された『ブレイブダンジョン』と、新作である『魔神少女COMBAT(コンバット)』の2つのゲームがセットになった、『ブレイブダンジョン+魔神少女COMBAT』。

今回は『魔神少女COMBAT』のレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『魔神少女COMBAT』概要

19年7月26日時点の情報です。

発売日 2017年9月28日(『ブレイブダンジョン+魔神少女COMBAT』)
発売元 INSIDE SYSTEM
開発元 INSIDE SYSTEM
ハード Nintendo Switch
ジャンル カードバトル(『魔神少女COMBAT』)
プレイ人数 基本1人。2人で対戦もできる。(『魔神少女COMBAT』)
CERO B(12才以上対象)
通常価格(税込) ダウンロードソフト 864円(『ブレイブダンジョン+魔神少女COMBAT』)
公式サイト ブレイブダンジョン+魔神少女COMBAT
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©INSIDE SYSTEM

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

ゲーム内容

ゲーム内容はこちらにまとめてあります。
→ Nintendo Switch『魔神少女COMBAT』 ゲーム内容・解説

 

 

良い点

かわいく、個性的なキャラクター

ブレイブダンジョン』では敵だったキャラクター達が、自分の手駒として戦ってくれます。
動作もかわいかったり、おもしろかったりします。

 

図鑑のやりこみ要素

カードの図鑑が用意されています。
これはやりこみたくなります。

 

 

不満点

同じアイテムは持てない

ビギナーから使えるようになる「マジックアイテム」。
シェガーの量によって、持てる「マジックアイテム」が変わってくるのですが、同じアイテムは持つことができません。

つまり、ヒール2個は不可。
別なアイテムを選ぶしかありません。
ちょっと不便でした。

ちなみに敵チームは同じアイテムを複数、所持しています。

 

ヒール系のマジックアイテム

例えば「ヒール」は「300回復」と記載されています。
しかし、正確には「HP300加算」。

例えば・・・
HPの最高値が200で、攻撃されて100まで減ったとします。
そして「ヒール」を使うと、100+300で、HPは400になるのです。

この「ヒール」や「ハイヒール」を使う相手と対戦になった場合は、勝てる見込みが低いと感じたのですが・・・。

 

システムの説明が小出し

クラスを突破していくと、勝てるコツを教えてくれます。
しかし、ビギナーになった時点で、全て教えてくれてもよいのではないかと思いました。

なぜなら、勝てない!から。

まぁ、カードを成長させるしかないのですが、それでも、カードの組み合わせの秘密とか、守護神カードを手に入れる方法を教えてくれてもいいのに、と思いました。

なおこの属性の情報↓は一番最初に教えてくれてもいいくらいです。

 

 

完全に運まかせ。プレイヤーができることは・・・

このゲームの1番の問題は、バトルが完全に運だということ。

  • 対戦相手も運。(4枚中3枚で、3枚の順番もランダム)
  • 連続で2回攻撃するか、しないかも運。
  • クリティカルアタックの発生も運。
  • マジックアイテムを使用するかも運。(アイテムによる)
  • マジックアイテムの効果が発生するかも運。(アイテムによる)

なにもかも運まかせ。
なので、1回勝てたとしても、次は負けたりします。
逆に何度も対戦して負け続け、やっと1勝したかと思えば、次からもまた負け続けたりもします。

ちなみにプレイヤーができることと言えば・・・

  • 使用するカードを選ぶこと。
  • 使用するマジックアイテムを選ぶこと。
  • カードを成長させること。

くらい。

プレイヤーができることが少なすぎます。

 

これは「対戦」なのか?

対戦モード、つまり2Pプレイができます。
しかし、プレイヤーができることは上記とほぼ同じ。

カードを選び、マジックアイテムを選ぶだけ。
ルールを変更すれば、いくらかは、変化はありますが・・・。

これは対戦と呼べるのか、疑問に思いました。

運任せでカードをゲットはおもしろい要素なのですが・・・

 

ながらプレイ

カードバトル中はただ見守るだけになります。
プレイしていくにつれ、どんどん対戦結果のみでよくなってしまい、パソコンをいじりながらプレイとか、ネットを見ながらプレイという、「ながらプレイ」になってしまっていました。

■追記
アップデートで「倍速モード」が実装されました。

 

カードをゆずる

勝利するとカードが手に入るので、カードはどんどん溜まっていくことになります。
不要なカードはタダで「カードをゆずる」ことになります。

カードをゆずると、トレースと交換してくれた方がよかったです。

■追記
アップデートによりカードをゆずると、レベル×100のトレースと交換してくれるようになりました。

 

守護神のレアカード

守護神のレアカードが、出なさすぎです。

■追記
アップデートにより、レアカードの最高取得確率が10%まで上がるように変更されました。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 16時間(裏面クリアまで)

 

 

総評

『ブレイブダンジョン』がかなり楽しかっただけに、とても残念。

3DS版の『ブレイブダンジョン』は500円(税込)。
スイッチ版でキャラクターが2人追加されている『ブレイブダンジョン』と『魔神少女COMBAT』の2つセットで864円。

『ブレイブダンジョン』目当てでプレイするならば、どっちが買いなのか・・・。
プレイスタイルによるのかも。

関連記事はこちら
→ Nintendo Switch『魔神少女COMBAT』 ゲーム内容・解説
→ Nintendo Switch『ブレイブダンジョン』 感想・レビューbyとも
 Nintendo Switch『ブレイブダンジョン』 ゲーム内容・解説

全体評価   ★★☆☆☆

シナリオ   ★☆☆☆☆
操作性    ★★☆☆☆
システム   ★★★☆☆
キャラクター ★★☆☆☆
ビジュアル  ★★★★☆
音  楽   ★★☆☆☆

 

夫からもちょっと言わせてくれ

ソフトのアップデート前に、裏リーグクリアまでプレイしました。
ともレビューに書いてあるように、「ながらプレイ」をしないとやってられませんでした。

カードゲームの形ではありますが、戦略でどうにかなる場面は少なく、カードを育てることが大前提です。
とにかく同じクラスを繰り返しプレイし、安定して勝てるようになったら次へ・・・。
マジックアイテムとカードの強さが安定する終盤は、割とサクサクでおもしろかったです。

 

アップデート後、プレイのしやすさは大幅に改善されています。
もし更新前にプレイしてみて断念した人は、再度プレイすると評価が少し改まるかもしれません。

 

もう少し、改善してほしい点

  • カードの所持枚数が50から60に増えましたが、まだ少ない。
     
  • カード所持枚数がMAXになった場合、新たなカードが出なくなるのではなく、交換という形を取りたかった。
     
  • カードとマジックアイテムの組み合わせを「お気に入り」みたいに登録できると良かった。
    再戦がスムーズになるはず。
     
  • そもそも「繰り返しの、ながらプレイ」を楽しいと思えなかったので、入手トレースを割り増ししてほしい。
     
  • 属性やマジックアイテムの効果を強力にし、ランダム要素を少なくしてほしい。
    戦略の重要度が増すと思う。

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , , ,