コラム

どうする?どう思う?プレイステーション5 【みなとも対談コラム】

はじめに

あるテーマについて、夫婦で語り合ってみるコラムです。

会話しながら記事を作成していくので、どんな感じに進行するか予測不能!
ライブ感もお楽しみいただければ。と思います。

今回は、ついに発売時期と名称が明らかになった「プレイステーション5」について。
夫婦で、どのように意見が出るのか、いってみましょう。

スポンサーリンク

記事下広告1

プレイステーション5について

どんな機種なの?

まずは、そもそもどんな機種なのか、公式の発表『ファミ通』の記事を読んでみたよ。
これから、かいつまんで話すけど、気になる人は読んでみるといいよ。

はーい。
・・・みなとが読み終わっているなら簡潔に教えて~。

まぁ、じゃあ『ファミ通』にならって、「振動」「トリガー」「互換機能」「再生機能」に分けて話していこうか。

おお!色々ある。
よろしくお願いします。

 

 

新たな振動「ハプティック技術」

まずはコントローラーについて、新しい機能が公表されているね。
「振動」は、これまでとは異なるものになるみたい。
ゲーム内の状況によって、リアルな感触が感じられる振動
Switchの「HD振動」っぽい感じかな?

「振動」ねぇ。
突然震えられるとびっくりするし、逆にずっと震えていたりすると、手が変な感じになるから「振動」って苦手なんだよね。
振動が重要なら話は別だけれど。
例えば『シノビリフレ』とか『1-2-Switch』は振動でゲームを楽しむじゃない。
ああいうのだといいんだけれど。
・・・え?『シノビリフレ』がPS5で来るとかあり得るのかな。

ほほぉ、『シノビリフレ』か。アリだね。
もう「ただ震える」っていう振動は過去のものかもね。
より没入感を高めるための「振動」なんだね。
とももすぐにOFFにするんじゃなくて、体感してから決めるといいかもよ?

うん。PS5ではそうしようかなぁ。

 

 

「アダプティブトリガー」とは

L2R2ボタンは「アダプティブトリガー」っていう新たな機能のボタンになるみたい。
ゲーム内の状況によって、ボタンの重さ(抵抗力)が変化するんだって。
弓を引く時の重さ、銃によって抵抗力が変わったり、主人公の成長によって重さが変わったり・・・。

あだ・・・あだぷてぇ・・・。
そのトリガー、おもしろそうね。
「弓を引く時の重さ」で、WiiUの『斬撃のレギンレイヴ』を思い出したよ。
『レギンレイヴ』ではWiiリモコンを弓のように引いて、リアルなプレイができていたけれど、それをトリガー1つでリアルなプレイができるのはいいね。

「弓を引く」で『レギンレイヴ』を連想するのはさすがだなぁ。
簡単に言うと「強いけど重い弓」や「軽いけど弱い弓」が、コントローラーで表現できるわけだ。
ここにさっきの「ハプティック技術」が加わると、微妙な振動を感じながらトリガーを使う・・・例えば「釣りゲー」なんかの魅力が上がりそうだね。

おお!釣りゲーがよりリアルにプレイできるね!!
うん。
魚や景色のグラフィックはもちろんのこと、詳しい魚図鑑が完備で、魚の種類が豊富な釣りゲーム待ってます!!

いいねぇ。
・・・おっと、すごいことに気が付いたよ。
この「ゲームの状況によって抵抗が変わるトリガー」と、さっきの「リアルな振動技術」。
そしてさっきも話題に出た『シノビリフレ』。

・・・ん?どういうこと?

あれ?わからない?
つまりさ、揉むじゃん?
固さや柔らかさが、揉む場所で変化するじゃん?
鼓動や反応は、振動で表現するじゃん?

あー、なるほど。
つまり、CEROがZ指定の『シノビリフレ』がやりたいってことですね。

おぅ、「Z」になっちゃうのか?
まぁ現状の『シノビリフレ』もギリギリな気がするけど・・・。

 

 

PS4との互換

「プレイステーション4のソフトをプレイできるか」っていうのは、気になるところだよね。
今のところ「実現する前提で動いている」っていう発表だけど、どんな形で実現するかな?

PS5でもPS4のソフトができるのはうれしいねぇ。
ん?ということは、PS5もディスク型ってことかな?

そうみたいだね。
PS4のディスクを入れるとそのまま動くのかな?
PS4でダウンロード購入したやつは、アカウントで再ダウンロードできたりするのかな?

あー、PSプラスでダウンロードして手つかずのPS4ソフトがたくさんあるから、PS5でもできるとうれしいね。

そうそう、そういうやつ。
PS5でプレイすれば、PS4よりもさらに快適になるなら、そっちでプレイしたいかも。

 

 

Ultra HD Blu-rayの再生

PS5では「Ultra HD Blu-ray」っていうディスクを再生できるみたいだけど、例えば「映画とかの映像作品のプレーヤーとして使えるのか」っていうのはまだ分からないみたい。
うちでは映画のディスク再生もプレステでやってるから、もしできるならありがたいんだけどね。

おお!うちらにとっては、そこ重要だよね。
プレイヤーとして使えるならうれしいけれども。

「Ultra HD Blu-ray」っていうのが映像作品のディスクとして普通に出るようなら、再生できないと困るね。
DVDや普通のブルーレイなら、現行機で観るし。

いやいや、PS5の方が解像度も上がっているだろうし、PS5で見られる方がいいんじゃない?

まぁそうなんだけど、テレビの出力がなぁ。

・・・そうか。
出力が並なら、いくらPS5のグラフィックがよくても、並なのか。
そのために買い替える?
いやいやいや、まぁ、しょうがないかぁ。

まぁまぁまぁ、現状でもキレイではあるし。
ま、もしテレビをスゴイのに買い替えたとしても、PS5は問題なく出力してくれるってこと。
なんせ8Kまで対応だからね。

8K!?
4Kもすごいと思ってたのに、8Kかぁ。
どんなグラフィックでプレイできるのか、ちょっと試したいな。

そうだねぇ。
まぁそんなテレビは夢みたいな話だけど。

うん。まぁ宝くじで当てるしかないわ。

 

 

その他、明らかになっていることや、期待

ゲームの起動とか、ロード速度は驚くほど速くなっているらしいよ。
なんだかんだ言って、こういう部分が大事だよね。

そうだね。まぁ「ゲームによって」だけれど、待たされるものもあるからねぇ。

細かいことはよく分からないけど、ゲーム内のものを描写する速度や容量も大幅に進化しているみたい。
もちろんグラフィックのレベルアップもすごいと思うけど、「より快適にゲームプレイができるよう」に考えているんだと思うよ。

「快適にプレイできる」は重要だよね。

あとは、コントローラーは持ちやすいのがいいな。
操作しやすいとか、充電しやすい、も重要だね。
あと、ハードは小さいのがいいなぁ。
PS2の薄いやつくらいが理想だなぁ。
あと、VITAのソフトがPS5でできないかなぁ。
できるとうれしいんだけれど。
あと、配線じゃなくて、無線で飛べる方がいいなぁ。
もうさ、うちゲームの配線だらけだよ。
あー、でも無線なら不安定かなぁ。
あとは・・・。

ちょ、待って待って落ち着いて!
そんなに一度に色々言わないで。

でもまぁ、期待したい部分はたくさんあるよね。
それこそVITAの代わりになる機能があるのか。とか。
あぁ、そうだ。スクショした画像を無線でPCに飛ばせるようになってほしいなぁ。

あー、その機能ほしいわぁ。
SNSにあげるなら別だけど、PCに取り込む時はUSBメモリーでデータやり取りしていて、面倒だもんね。

そうなんよ。VITAだと無線でいけるんだけどね。
あとはそれこそ、大きさ、見た目、消費電力、重さ・・・。
早く続報がほしいねぇ。

そうだね。
高性能になるってことは、それだけできることの幅が広がるし、ソフト開発メーカーの腕の見せどころでもあるよね。
うーん。ワクワクするね。

うんうん。
ここでちょっと気を付けたいのは「ハードの性能が上がったから、それに見合うソフトにしなきゃならない」ってわけじゃないこと。
ハイエンドなグラフィックのゲームもやりたいけど、アイデア勝負のコンパクトゲームもやりたいのよ。
「中小開発社がPS5についていけないからハイスペックはダメ」なんて意見も見かけるけど、論外だと思うよ。

もちろん、そうだね。
グラフィックが低かろうが、知名度が低かろうが、アイデア満載で楽しませてくれるゲームはたくさんあるもんね。
何十時間もプレイできちゃうゲームを連続でプレイすると疲れるから、コンパクトなゲームを挟みたいんだよね。
もちろん、PS5でも。

うん。だからこそ、「快適なゲームプレイ環境を提供できるゲーム機」がうちらにとっては理想なんだよね。
「ロードが早い」とか「ゲームリストやストアが見やすい」とかね。

 

 

で、どうする?

プレイステーション5の発売時期は、2020年の年末商戦期。
具体的な日程や価格、外観も不明。
まだ何とも言えない段階だけど、どうする?買う?

あまりにも値段が高すぎる場合は考えちゃうけれど、がんばれば手が届く金額ならば、発売日に買いたいな。
ローンチタイトル もやりたいのが発売されるはず!

よし!
じゃあ次の情報に期待しつつ、お金を貯めないとね。

 

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-コラム
-, , , ,