特別企画

みなとも対談【Google「STADIA(ステイディア)」】~私たちが感じたこと~

日本時間、19年3月20日午前2時。
Googleが新たなゲームプラットフォーム「STADIA(ステイディア)」を発表しました。

ゲーム機本体を持たず、ストリーミングでゲームプレイが可能な革新的なサービスです。

 

みなとは↑の生配信(開始位置を調整しています)を夜中に視聴し、その動向を見守っていました。
全て英語なのでなんとなくしか理解できませんでしたが、後日ファミ通(ファミ通.comの記事に飛びます)等でまとめられた情報を基に、私たちなりに「どう思ったか」を語っていきたいと思います。

みなとの方がより理解しているので、「ともからみなとへの質問」という形で進行していきます。

画像は上記の公式動画から引用

スポンサーリンク

記事下広告1

どういうプラットフォーム?

ゲーム機本体がない

ツイッターでも話題になってた「STADIA」。
で、えっと・・・ゲーム機がないんだよね。
クラウド、つまりネットの中にゲームソフトがあって、それにアクセスすることでゲームができるってこと?

簡単に言うと、そういうことだね。
専用のコントローラーを使うと、Wi-Fiでアクセスするみたい。

ネット環境は必須ってことだよね?

そうだね。
今のところ「ネット環境が必要」と考えておいていいと思うよ。

 

コントローラーと料金体系

さっき専用コントローラーの話がでたけれど、専用コントローラーを買うのね。

既存のコントローラーでもプレイできるみたい。
既存のマウスとかキーボードとかでもね。
どう接続するかは分からないけど。
専用コントローラーの方が、色々と使い勝手が良いとは思うよ。

え?既存のコントローラーでもいいの?
でも、さすがにPS3とかWiiUとかは使えないよね。
使えるとすれば、PS4とNintendo SwitchのJoy-Con?
Joy-Conが使えそうなイメージがない(笑)

うーん、多分だけどPCのゲームに使えるコントローラーだけだと思う。
PS4とXbox系はいけるかな。

あぁ、なるほど。
じゃあ既に使えるコントローラーを持っている場合、ソフトだけ買うってこと?

ソフトは買い切りなのか、サービス自体が月額なのか、料金体系はまだ未発表だね。
ソフトのインストールも必要ないから、「ゲームをプレイする権利」を買う形だと思う。

「PSプラス」みたいな感じ?

「PS NOW」みたいな感じかな。
クラウドでゲームをプレイするわけだし。

あぁ、そっか。そうだね。
そういえば、テレビを使わなくてもゲームができるとか?

テレビだけじゃなく、スマホやパソコン、タブレットでもプレイできるよ。
瞬時に切り替えが可能

stadia

瞬時に・・・。
すごいねぇ。

そうそう。
専用コントローラーなんだけど、これチョット見て。

stadia

この・・・下の文字列。

stadia

あ!コナミコマンド
逆さまだけど、わかるよ。
遊び心満載だね。

 

ソフト

そういえばソフトはなにができるの?
Googleが開発したゲームソフトなの?
それとも既存のゲーム開発元が作ったゲームをSTADIAに移植ってこと?

『アサシンクリード』とか『DOOM』とかが発表されているね。
Googleは「STADIA Games and Entertainment」っていうSTADIA用のスタジオを新設したみたいだよ。
つまりGoogleが作ったゲームも、既存のゲームもできる。
まぁ、他の会社のソフトがどのくらい参入するかは分からないけど。

なるほどね。
じゃあ、今までは主にPS4、XboxOne、Nintendo Switch、PCの選択肢だったけれど、そこに「STADIA」も入る形ね?

そういうことだね。
Googleが進める以上、非常に強力なプラットフォームになりそう。
いずれはクラウドが主流になる未来も、ありえるかもね。

 

ここがスゴイ

ざっくり聞くけど、他に「ここがスゴイ」ってことはなに?
今までの話なら「PS NOW」とあまり変わらないんじゃない?

まずサーバーが「Google独自のもの」を使うって点。
ネットではまさに天下のGoogle。
ストリーミングの遅延は、すごく解消されているはずだよ。

stadia

じゃあサーバーダウンの心配もないし、セーブのロード時間がかかりすぎることもないし、ソフトのダウンロードとかもめちゃ早いってこと?

そもそもソフトのダウンロードは必要ないよ。
ダウンロードするハードが、ない。

あっ、そうだね。
どうもハードがあるって思っちゃうな。
他にはどんな所がスゴイの?

ソフト自体がサーバーにあって、Googleが管理しているから、改造やハッキングは不可能。とのこと。
それでもくぐり抜ける人はいるかもしれないけど、これまでより遥かに安全っぽい。

stadia

それすごいね。
チート行為とか、BANとか時々話題になってて、デベロッパー 側もユーザー側も頭を悩ますところだもんね。
他には?

そもそもサーバー(データセンター)のパワーが段違いらしくて、現行の家庭用ゲーム機をしのぐみたい。
4K60fpsをスマホでもテレビでも対応できて・・・。
あー、要するに「めっちゃ綺麗な画質で、めっちゃヌルヌル動く」ってことね。
将来的には8K120fpsも目指してるんだとか。
あとは、YouTubeとも連携できて、配信者のゲームプレイに即参加できたりね。

配信者のゲームプレイに即参加」?
つまり、生配信中におじゃましてプレイが可能ってこと?

そういうことです。
お気に入りの配信者とお近づきになれるかも!?

じゃあゲーム実況する人も、ゲーム実況が好きな人も、「STADIA」は必須になってくるね。

 

開始時期

stadia

開始時期は決まってるの?

まずは2019年中にアメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパでサービス開始予定
日本は、まだだね。

なっ!?まじか。
アジア圏おいてけぼり。

そうなんだよねぇ、残念だけど。
まぁ「欧米で十分テストして、より良いものになって日本上陸」ってとらえ方もある。

確かにね。

 

これからのゲーム業界

これからのゲーム業界に新しい風が吹きそうだけど、どう思った?

いや「新しい風」って言えば、聞こえはいいけれど、「台風」とか「嵐」になるんじゃないかな。

「ゲームソフト」という現物が存在しないから、ゲームショップがどうなってしまうのかは心配なところかな。
Googleはマーケティングも強力だから、開始したら「ゲームの大きな選択肢の1つ」どころか「ゲームプレイの主流」になりかねない。
他のゲーム会社がどう動くのか、今後はさらに注目したいところだね。

おお!そうだよね。
パッケージ版なんてないんだから、ゲームショップは大打撃だよね。
実店舗も通販サイトもさ。
ダウンロード版・・・(ダウンロード版って言い方も違うけど)を販売するって感じじゃないでしょ。
きっとGoogleのサイトで購入からプレイまで全部できちゃうんでしょう?
それはいろんな企業が脅威を感じるね。

プリペイドカードとか周辺機器とかを充実させたりして、小売業も潤う体制にしてくれると良いよね。
ゲーム業界全体にとって、起爆剤みたいになってほしいなぁ。

「起爆剤」ねぇ。
Googleの1人勝ちにならないよう願うばかりだわ。

そのためには、それぞれのゲーム会社で独自性を出すか。
むしろ逆に「STADIA」のもとに全てのゲームが集うか。
任天堂もソニーもマイクロソフトも、関係なく。ね。

「ゲームハード論争」が終結するのかもね。

 

おわりに

「STADIA」についてざっとまとめますと、

  • ゲーム機本体が存在せず、直接Googleのサーバーへ接続してゲームをプレイする
  • 既存のマウスやキーボード、コントローラーを使用できる
  • 専用のコントローラーもある
  • その処理能力は現行の家庭用ゲーム機をしのぐ
  • 4k・60fps対応
  • 価格は未発表
  • 2019年中にアメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパでサービス開始予定

こんな感じでしょうか?

今回は、「STADIA」について夫婦で語り合ってみました。
的外れなところもあるかもしれませんが、読んでいるあなたにとっても考えるきっかけになれば幸いです。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-特別企画
-