特別企画

どう思う?Switch『リングフィットアドベンチャー』【みなとも対談】

リングフィットアドベンチャー

19年9月12日。
Nintendo Switch用の新しい商品『リングフィット アドベンチャー』が公開されました。

『Wii Fit』ならびに「バランスWiiボード」の系譜と思われる、任天堂のエクササイズ路線。

公開された紹介映像はこちら

 

今回は、この発表を観て夫婦でどう思ったかを語っていきたいと思います。

画像は全て、上記の公式動画から。
【権利表記 © Nintendo】

スポンサーリンク

記事下広告1

みなとも対談『リングフィット アドベンチャー』

テレビショッピング?

リングフィットアドベンチャー

さてさて、任天堂の新商品「コードネーム:孫尚香」の正体が判明したね。
『リングフィット アドベンチャー』か。

「コードネーム:孫尚香」って(笑)
みなとが勝手に言ってるだけだからね。
まず最初の発表は「女性がなにかを手にしている画像」が出たよね。
それから推測するに「健康志向系のもの?」とは思ったけれど、やっぱりそうだったよ。

ふふふ。
ともかく、まずはこのわざとらしいテレビショッピング感。

いやー、いいよねぇ。
でも「お高いんでしょう?」「いえいえ、企業努力でこのお値段です!」「わー!安い~!」みたいな鉄板ネタまで言ってほしかったけれど・・・。
ん?それって日本独自なのかな。

それより深夜にやっている、外国人のテレビショッピングっぽい感じかな。
「こんなに汚れが落ちるんです!」「わ~お!」っていう風な。
今も深夜にやっているかは知らないけど。

 

 

「リングコン」と「レッグバンド」

リングフィットアドベンチャー

リング状のアイテムは、「リングコン」。
で、脚には「レッグバンド」。
両方Joy-Conを挿して使うんだね。

ジャイロセンサーで感知してるのかな。
微妙な動きも感知してゲームに反映するっぽいね。

リングタイプのエクササイズ商品は類似品がすでにあるみたい。
弾力があって、グニグニ動かすやつ。「エクササイズリング」っていうのかな。
それにJoy-Conを付けることで、ゲームに反映させているんだね。

へぇー、知らなかった。
あと気になったのは「レッグバンド」のサイズ。
大人向けで大きい作りだと、子どもはできないでしょ?
まぁ、子ども向きじゃないのかもしれないけれど、大人がやってたら「やりたい!」って言いだすよ。

動画では「こどもにも」っていう言い方をしていたし、けっこう幅広いサイズいけるんじゃないかな?
脚が太い人でも着けられないと意味がないし、フリーサイズだと思うよ。
まぁ、「レッグバンド」に限って言えば自作もできそうだけど。

確かにね。「自作してみた」っていう画像や動画が出てきそうな予感。

 

 

冒険しながらエクササイズ

リングフィットアドベンチャー

リングフィットアドベンチャー

『Wii Fit』と大きく違うところは、冒険部分だね。
「アドベンチャー」って言っているけど、RPGっぽい作りに見えるね。

うん。続きが気になる作りにして、投げ出させない工夫が見えるね。
こういうエクササイズは「疲れる」っていう理由で、投げ出す可能性が高いからね。

『Wii Fit』系、うちでは続かなかったからなぁ。
根気の問題ではあるんだけど、「続けたい!」と思わせてくれる作りなのはありがたいね。

そうだねぇ。
でも、けっこうアクティブだから、「続けたいけれど、続けられない」っていうパターンが出てくるかもね。

でも、肝心の冒険自体が「続きが気になる」っていう物語じゃないと、続けられないよね。

確かに。
ただ移動するのにも、実際のジョギングみたいに走る必要があるから、「疲れるし、続きも気にならないし、もういいや」ってなる可能性も・・・。

 

 

お手軽モード

リングフィットアドベンチャー

冒険とは別にエクササイズに集中できるモードもあるみたいだね。
こっちは、従来の『Wii Fit』に近い感じ。

うん。「RPGはちょっと・・・」っていう人にもいいよね。

エクササイズしたい部位に合わせてメニューを選ぶモードもあるけど、「ミニゲーム」もできるんだね。
ハイスコアを目指したり、こっちもけっこう楽しそう。

そうだね。パパっとプレイできるから、「お手軽モードだけ」っていう人もいそう。

「セットメニュー」で特化した運動もできるみたいだし、運動メインで考えている人でもイイよね。

 

 

細かい配慮

リングフィットアドベンチャー

走るのにドンドン鳴るのが気になる場合向けに、サイレントモードが用意されているんだね。
軽い屈伸でも前に進めるみたい。

これは動画を観ていて、「足音が気になるなぁ」って思っていたんだ。
そうしたら、ちゃんとサイレントモードの説明が。
考えて作られてると思ったよ。
まぁ運動量を考えると、通常モードの方がいいのかもしれないけれど。

個人個人の力量(筋量?)に合わせて、エクササイズのレベルも調節できるみたいだね。
まー守備範囲の広いこと。
誰でも、楽しく続けられるように配慮されているんだね。

運動不足の人にとっては、最初からハードには動けないもんね。
ちょっとずつ、レベルを上げていけるのもいいよね。

あとおもしろいと思ったのは、脈拍が測れること。
どういうことだろ?これもジャイロセンサーで分かるのかな?

そういうことなのかな?
脈拍が早いと、「危険!今すぐ休んで」とか表示されるのかな。
怖いなぁ。

 

 

発売日と価格

リングフィットアドベンチャー

発売日は、19年10月18日!
価格は、7,980円(税別)。
うわ、すぐだね。

うん。けっこう後の話かなと思ったら、意外とすぐ。
で、税込価格は消費税8%なら8,618円。消費税10%なら8,778円。
発売日は増税後だから、パッケージ版なら8,778円になるね。
でもニンテンドーストアならダウンロード版があるから9月中に買えば8,618円。
その差は160円だけれど、ダウンロード版が確定の人はすぐに購入した方がお得だね。

気になるのは、「カタログチケット」に対応しているかどうか。
リングとバンドがないと意味がないゲームだけど、こういうゲームはダウンロード版にしたい人も多いと思うし・・・。
「カタログチケット」が有効だとうれしいよね。

そうだね。
公式サイトのオープンは9月27日。
まだまだだ。

とりあえず任天堂のオンラインショップでは、そのあたりの情報は不明。
もう予約はできるみたいだけどね。

 

 

みなともはどうする?

で、結局買う?

うーん。キャラクターデザインがあんまり好きじゃないんだよなぁ。
プレイヤーキャラクターも、敵もね。
親しみやすさは欠けるよねぇ。

うん、確かにねぇ。
ちょっと洋ゲー寄りなのかも。
かといってMiiを使うのも変な気がするし・・・。

でも、内容は気になるし、運動不足解消にいいとは思うけれど・・・。
どうしようかなぁ。

うちは家族そろって運動不足気味だからなぁ。
検討はした方が良いね。

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-特別企画
-,