ゲーム情報

2024/6/27

【毎月更新】2024年の「フリープレイ」まとめ【PS Plus】

2024年に配信のPS+「フリープレイ」タイトルを紹介します。毎月更新し資料記事にしていきます。

特別企画

2024/4/29

【重要】ブログの今後について / ゲーマー夫婦みなとも

「ゲーマー夫婦 みなとも」は、開設8周年になる前に重大な決断をおこないました。

ゲーム情報

2024/4/24

『Another Crab's Treasure』『Stellar Blade』etc. みなとも「新作ゲーム談議」24年4月18日~5月1日

24年4月18日~5月1日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『百英雄伝』『サガ エメラルド ビヨンド』などなど。

ゲームの旅路

2024/4/22

『8番出口』クリア / 『Planet of Lana』開始 【ゲゲ語り】vol.208

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『スプラ3』『維新!極』など。

ゲームレビュー

2024/4/20

8番出口 感想・レビュー byみなと / 話題の「間違い探しループホラー」リアルでちょっと怖い

地下通路を進んで異変を見つけるウォーキングシミュレーター『8番出口』の感想・レビューです。Switch版をクリアしました!

ゲーム情報

2024/4/16

『偽夢』『バニーガーデン』etc. みなとも「新作ゲーム談議」24年4月11日~4月24日

24年4月11日~4月24日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『Planet of Lana』『Picross -LogiartGrimoire-』などなど。

ゲームの旅路

2024/4/22

『ユニコーン』クリアレビュー公開 / 忙しくてゲーム進まず 【ゲゲ語り】vol.207

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『ユニコーンオーバーロード』『龍が如く 維新!極』です。

ユニコーンオーバーロード

ゲームレビュー 週刊アトラス

2024/4/14

ユニコーンオーバーロード 感想・レビュー byみなと / 事前に作戦、バトルはオート!超美麗シミュレーションRPG

『ユニコーンオーバーロード』をクリア!シミュレーションRPGに触れたことがない人でも楽しんでプレイできる作品だと思います。

映画レビュー

映画「BROTHER」 レビューbyとも

2017年6月6日

イメージ画像

BROTHER

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

初公開年 2001年
ジャンル バイオレンス
監督 北野武
主なキャスト ビートたけし、オマー・エップス、真木蔵人、寺島進、加藤雅也

 

あらすじ

花岡組に所属している、組長の山本(ビートたけし)。
とある事件をきっかけに、実の弟であるケン(真木蔵人)が住むアメリカへ渡る。

 

今まで私が観た、北野武監督の監督作品

  • ソナチネ』(1993年)
  • 菊次郎の夏』(1999年)
  • 『座頭市』(2003年)
  • 『アウトレイジ』(2010年)

スポンサーリンク

感想

BROTHER(兄弟)

タイトルにもなっているBROTHER。
「兄弟」という意味ですが、「兄弟」と言っても、様々な「兄弟」があります。

  • 血の繋がった兄弟
  • 異父母兄弟
  • 義理の兄弟
  • 親しい間柄の兄弟
  • 契りを交わした兄弟

この映画は、その内のどれなのか。または複数なのか。
ご自分で答えを探してください。

 

『ソナチネ』と『BROTHER』

  1. ソナチネ』同様、おもしろいカメラワーク。
    また、いつ何が起きても不思議ではなく、一瞬たりとも、見逃せない。
  2. 『ソナチネ』のアメリカ版が『BROTHER』のように感じた。
    そして、ロケ地であるロサンゼルスの舞台が物語を引き立てていた。
  3. 舎弟達の組長への忠誠心が見たいのであれば『ソナチネ』をオススメする。
    組長と舎弟の絆が見たいのであれば『BROTHER』をオススメする。

 

寺島進

実は、今作を見ようと思ったきっかけは、テレビ東京系列のドラマ『バイプレイヤーズ』でした。
ドラマの中で、寺島進さんの出世作は『BROTHER』だったとかなんとかという話になって、「ならば見なければ!」と思い、見ることにしました。
寺島進さん、『BROTHER』では山本(ビートたけし)の舎弟、加藤役として登場します。
ネタバレになるので言えないですが、とてもいいです。
ラストはもちろんのこと、ラストに向けてまでの人間性もよくわかって、いいです。
寺島進ファンならば、『ソナチネ』『BROTHER』共に見た方がいいですね。

 

向いていない人

一部グロテスクな描写、痛々しい描写があります。
そういうのがダメな人は観られません。
ちなみに、グロテスクな描写の強さは北野監督の映画で言うと、『ソナチネ』<『BROTHER』<『アウトレイジ』かな。
(私が今まで見た北野映画のでいうと)

 

ネタバレと評価

以下ネタバレのため、評価を先に。

総合★★★★☆
脚本★★★★☆
演出★★★★★
映像★★★★★

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

▼原田(大杉連)は、なぜ久松組に移ったのか?

花岡組に所属していたはずの原田があれよあれよで、自分の組長を殺した久松組に入ることになります。
見ていた時は、「なぜ?」と疑問に思いました。
気になったので、ラストまで見た後、もう一度、冒頭から見てみました。

花岡組と久松組は、抗争中。
その抗争の最中に花岡組の親分が殺されます。
通夜の席で、警察が「抗争を終わりにするためにも、これを機に解散しろ」と言ってきます。
「久松組の組長、久松(六平直政)が面倒を見るから」と。
怒る山本(ビートたけし)ですが、警察が相手では逆らえません。

困る花岡組一行。
そこで、兄貴分である原田が立ちあがります。
自分の子分を助けるためにも、手打ちになるためにも、ここは久松組に入ろうと決意をするのです。
再び怒る山本ですが、心情もわかるので、許します。

という具合でしょうか。
一部、想像が入っていますが。

まぁ、原田が久松組に入っても、すぐに打ち解けるはずもなく、山本がアメリカへ行くきっかけを作ったり、痛々しいシーンになったりするのですが、それは、見てのお楽しみということで。

 

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-映画レビュー
-, ,