週刊アトラス

2021/10/23

日めくり悪魔動画 感想夫婦対談 / 全悪魔リスト付き『真・女神転生Ⅴ』【週刊アトラス】

「日めくり悪魔」で紹介された悪魔動画を夫婦で対談。短い動画ですが、あんなことやこんなことに気づいちゃいました。悪魔一覧も掲載。随時更新していきます。

ゲーム情報

2021/10/21

PS5がグッドデザイン金賞 / 『ELDEN RING』ネットワークテスト参加者募集中 みなとも Game News Pick Up 21年10月13日~20日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。『あつ森』次回更新は11月5日で、驚きの大型アップデート。など。

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚

ゲームレビュー

2021/10/21

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 感想・レビュー byとも / ファンは絶対プレイしよう!最高のバトル演出に酔いしれる!

アニメ版をも超える素晴らしい仕上がりで感動。ファンはもちろん、『鬼滅の刃』初心者でも楽しめます。

特別企画

2021/10/20

『スマブラSP』サウンド全曲一覧 / アレンジ担当逆引きリスト ・ 新アレンジリストあり

『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』のコレクション内で聴けるミュージックは約1000曲。「アレンジ編集担当の一覧があったら便利だな。」ふと思い立ち、「シリーズごと」「アレンジ編集担当ごと」「新アレンジ」の一覧を作成しました。全曲コンプリートしています。追加楽曲もすべて追記しました。

ゲーム情報

2021/10/19

『Skul』『謎の古代遺跡』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」21年10月14日~10月27日

21年10月14日~10月27日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『The Good Life』などなど。

ゲームの旅路

2021/10/21

『鬼滅』開始 / 『Dicey Dungeons』クリア ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.78

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『デススト』『モンキーボール』『ヒノカミ血風譚』など。

私たちのお気に入り 週刊アトラス

2021/10/17

「女神転生 悪魔召喚録」ワンコインフィギュアシリーズ紹介 ~マスコットキャラ篇~【週刊アトラス】

コトブキヤで発売していた『女神転生シリーズ』のワンコインフィギュア。私たちが持っているフィギュアの中から「マスコットキャラ的なフィギュア」を紹介します。

ウルトラマン

2021/10/16

ウルトラマントリガー 第13話 感想夫婦対談 / ネタ回かと思いきや総集編!パロディ満載で話も進む

『ウルトラマントリガー』第13話「狙われた隊長~マルゥル探偵の事件簿~」の感想を、夫婦対談形式でお届け。『ティガ』未視聴の夫婦による感想記事です。

映画レビュー

映画「情婦」 レビューbyとも

2017年3月13日

イメージ画像

映画のイメージ

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

原題 WITNESS FOR THE PROSECUTION
初公開年 1958年
ジャンル ドラマ
監督 ビリー・ワイルダー
主なキャスト タイロン・パワー、チャールズ・ロートン、マレーネ・デュートリッヒ、エルザ・ランチェスター

 

あらすじ

未亡人の殺害容疑をかけられたレナード(タイロン・パワー)は、敏腕弁護士ロバーツ(チャールズ・ロートン)に弁護を依頼する。しかしロバーツは老齢。
看護師プリムソル(エルザ・ランチェスター)がロバーツの体を心配して、付きまとう。

 

原作

アガサ・クリスティの小説と戯曲を基にした「検察側の証人」が原作。

スポンサーリンク

感想

白黒だから見ない?
古いから見ない?
なんともったいない!!

人によっては、淡々と進んでいると感じて、おもしろくないかもしれない。
けれど、ラストの衝撃で、それが吹き飛んでしまってほしい。
老弁護士が見せる、チャーミングさとか、ちりばめられたエンターテイメントに気付くか、気がつかぬかがポイントかなぁ。

 

夫婦

老弁護士役(チャールズ・ロートン)と看護婦(エルザ・ランチェスター)は実の夫婦で、この二人のセリフの掛け合いが絶妙で、素晴らしいです。

 

邦題

残念なことと言えば、この「情婦」という邦題。
やはり情婦=破廉恥というイメージがある。
でもこれは、そんな大人のウフフな映画ではない。
だから、ウフフ目的で観た人はガッカリするだろう。

原題の「WITNESS FOR THE PROSECUTION」を直訳すると「起訴のための証人」になる。
「情婦」ではなく、「証人」の方がよかったのではないだろうか。

総合 ★★★★☆
脚本 ★★★★☆
演出 ★★★★☆
映像 ★★★★☆

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-映画レビュー
-,

© 2021 ゲーマー夫婦 みなとも =夫婦で運営するゲームブログ= Powered by AFFINGER5