ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略

ピアノ ゲーム内容・レビュー byとも【Nintendo Labo(ニンテンドーラボ) バラエティキット】

2018年4月20日発売の、『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)』。
私たちは5つのキットがセットになった「Toy-Con 01 バラエティキット」を購入しました。

4作目の制作は、「ピアノ Toy-Con」
私たちの長女(7歳)が作りました。
その様子は、こちら
→ Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)ピアノ Toy-Con 娘(7歳)が作ってみた

 

さて、このToy-Conを使って「あそぶ」「わかる」を体験しました。
ゲーム内容紹介や操作解説、レビューを書いていきます。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2018年4月20日
発売元 任天堂
開発元 任天堂 
ハード Nintendo Switch
ジャンル つくる、あそぶ、わかる
プレイ人数 1人
CERO A(全年齢対象)
公式サイト ニンテンドーラボ
画像の出典 画像はハード本体のスクリーンショット機能で撮影したものと、デジカメで撮影したもの

 

ニンテンドーラボの基本

この項目は、『ニンテンドーラボ』共通のシステム内容の解説です。
『ニンテンドーラボ』に関するレビュー記事には、全て同じ解説を載せています。

すでに読んでいる方は、この項目は飛ばして、下の「ゲーム内容」までスキップしてください。

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

『ニンテンドーラボ』は、大きく分けて3つの項目があります。

  • つくる
  • あそぶ
  • わかる

「つくる」でToy-Con(トイコン)作り方を動画で確認し、「あそぶ」で実際に遊んでみて、「わかる」では仕組みや応用を学べます。

 

つくる

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

「つくる」は、進化した電子説明書です。

 

基本は静止した動画で、読み進めたい時に「すすむ」を押し続けます。
戻りたい時も同様に、「もどる」を押し続けます。

 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

ちなみに、「すすむ」をグイッと右にスライドして押し続けると「早送り」になります。
「もどる」の時も同様です。

 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

画像の回転やスライド、拡大縮小も可能です。

 

あそぶ

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

「あそぶ」では、作ったToy-Con(トイコン)を使ってゲームができます。

その内容はToy-Con(トイコン)によってさまざまです。

 

わかる

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

「わかる」では、

  • Toy-Con(トイコン)を使ってどんな遊びができるか
  • 動く仕組みや、機能の仕組み
  • その機能を使った応用
  • Toy-Con(トイコン)のデコレーションや修理
  • 新しい遊びや、新しいToy-Con(トイコン)の作り方

などを学べます。

 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

案内は、「Toy-Con発明室」のメンバーです。
新キャラですね。

「わかる」は、Toy-Con(トイコン)ごとに、いくつかのトピックが用意されています。
全て読み、最後のクイズに正解すると、「マスター」の称号が得られます。

 

ピアノToy-Con ボタンの名前

「ピアノToy-Con」の各種ボタンの名称を、先にここでまとめておきます。

 

ピアノ Toy-Con「トイピアノ」ゲーム内容

「トイピアノ」の基本的操作

基本的な操作は以下の通り。

本体左のレバー 弾いている音の高さを少し上げ下げする
画面台右のボタン 押している間、音がバンド調になる
画面台左のボタン 内蔵している曲を流す。画面ではどの音が出ているか表示される
カード差し込み口 音の波形カードを読みこむ
読みこみボタン 挿しこんだカードを読みこむスイッチ
(何も差し込まずに押すと、読みこんだ内容をリセット)
各種ツマミ 音色を変える。回すとエコーがかかる。

弾きながら本体を揺らすと、音が揺れる。

 

▼各種ツマミ

  • 1番ツマミ
    ネコの音色
     
  • 2番ツマミ
    コーラスの音色
     
  • 3番ツマミ
    おっさんの音色(時々、せき込む)
     
  • ○ツマミ
    アコースティックモード(LのJoy-Conを空箱に乗せると振動が伝わり、空箱がスピーカーになる)

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

 

ピアノ Toy-Con「録音スタジオ」ゲーム内容

「録音スタジオ」の基本的操作

基本的な操作は以下の通り。

本体左のレバー オクターブ上げ下げする
画面台右のボタン 録音ボタン
画面台左のボタン 録音された演奏を再生する
カード差し込み口 リズムカードや波形カードの差し込み口
読みこみボタン 挿しこんだカードを読みこむスイッチ
(何も差し込まずに押すと、読みこんだ内容をリセット)
各種ツマミ 下記に詳細を記載

録音された演奏を消すには、左のボタン(再生)を押しながらレバーを下げる。
間違えて消した場合は左のボタン(再生)を押しながらレバーを上げる。

 

▼各種ツマミ

  • 1番ツマミ
    ボリューム(音量を調整する)
     
  • 2番ツマミ
    エンベロープ(音の始まりから終わりまでの音量変化の形を変える)
     
  • 3番ツマミ
    リバーブ(響き方を調整する)
     
  • ○ツマミ
    アコースティックモード(LのJoy-Conを空箱に乗せると振動が伝わり、空箱がスピーカーになる)

 

指揮棒トイコン

LのJoy-Conを振ることにより、曲のテンポを変えることができる。

 

リズムカード

リズムカードをカード差し込み口に入れ、読みこませることにより、リズムを奏でてくれます。

穴がふさがっている場所=音が鳴る場所
左から再生され、ループします。

リズムを奏でる楽器は上から

  • ライドシンバル
  • ハイハット
  • スネアドラム
  • バスドラム

丸いツブツブは、穴をふさぐのに使うので、捨てないように。

 

▼小箱バコ

丸いツブツブは大事ですので、小箱バコにしまいましょう。

 

波形カード

波形カードをカード差し込み口に入れ、読みこませることにより、音色が変わります。
波形=音の波形です。

2番ツマミの「エンベロープ」と組み合わせることにより、さらに音色は変わります。

また、2種類の波形カードが付属していますが、自分で紙(厚紙の方が折れにくい)で切って、様々な波形カードを作ることが可能です。

 

鍵盤が戻ってこない場合は

使っているとバネがへたってしまい、鍵盤を押しても戻ってこなくなります。

その場合は、テープを使って補強すれば元通り。

 

良い点

心地よい

本物のピアノの鍵盤にある「重さ」はありませんが、段ボールピアノは段ボールピアノなりに弾いていて心地よいです。

 

「気軽」でも「本格的」でも

「トイピアノ」では、気軽に。
「録音スタジオ」では、本格的にピアノを楽しむことができます。

「録音スタジオ」では、自分が演奏したとおりに自動演奏してくれるので、ピアノ経験者はもちろん、初心者の方でも作曲が可能。

音量、リズム、テンポ、音色等、細かいところまで設定ができるので、ハマるとのめり込むこと間違いなし。

ただし、不満点も・・・。

 

小物バコが付属

リズムカードで使用する、小さなツブツブ。
「絶対失くすやつだ」と思っていたら、小箱バコを作って、そこに入れられるという配慮付き。

すばらしいです。

しかも、かなりかわいいです。

 

不満点

レバーでオクターブを変える

オクターブを変えるのはレバーの上げ下げで行いますが、これがなかなか大変です。
テンポを遅くしたとしても、うまくいきませんでした。

右手と左手が別々の動作で動くせいなのか。
不器用さが災いしているのか。

なにせ、混乱してしまいました。

練習すればうまくいったのかなぁ。

 

本格的すぎてついていけない

上級者向きの「録音スタジオ」。

楽譜を打ち込む方法ではなく、演奏をして覚えさせる方法なので、ピアノが弾けなければ、既存の曲の本格演奏は難しい

夫婦ともども、楽譜は読めるのですが、小学生の鍵盤ハーモニカレベル。

  • 「拍」の取り方や演奏するタイミングが難しい
  • 和音の作り方がわからない
  • そもそも弾けない

そうして、できないから遊ばない。
作った娘も、すぐに飽きてしまいました。

DSソフト『大合奏!バンドブラザーズ』のように楽譜を打ち込む方法も、取り入れてくれれば、もっと遊べたのにと思います。

 

まとめ

期待していただけに、とても残念でした。

家にある楽譜を打ちこんで、披露したかったなぁ。

 

「ピアノ Toy-Con」作成のようすはこちら

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)ピアノ Toy-Con 娘(7歳)が作ってみた

関連記事はこちら
→ 「 Nintendo Labo 」 記事一覧

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー, 解説・操作方法・攻略
-, , ,