ゲーム情報 特別企画

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ) バラエティキット 開封・セット内容 紹介

2018/04/23

はじめに

2018年4月20日。

ニンテンドーが提案する「新しいあそび」。
『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)』が発売されました。

わたしたちが買ったのは、5つのあそびがセットになった「バラエティキット」です。

早速、その箱とその中身、セット内容を紹介します。

『ニンテンドーラボ』は、Nintendo Switchを持っていないと遊べません。
購入の際は、注意してください。

スポンサーリンク

記事下広告1

外箱

外箱から見て行きます。

ちなみに側面には、セット内容。
そして、「つくる」対象年齢と組み立て時間の目安が書かれていました。
のちに詳しく説明します。

 

表面

 

裏面

 

外箱サイズ

外箱サイズは、縦約34.7cm×横約45.2cm×高さ約6.5cmです。

かなり大きいです。

 

セット内容

開封

さて、開けて行きます。

開けると、「HELLO NINTENDO LABO!」の文字が。
こういうの好きです。

一番上には、Nintendo Switchのソフトが。

「はじめかた」の表記もあります。

「はじめかた」を取ると、

主となる段ボールと部品が出てきました。

 

ダンボールシート

ダンボールシートを取り出してみました。

見てください!こんなに入っています。

合計28枚

1枚1枚は軽いですが、28枚ともなると、そこそこ重く感じます。

それぞれ、どのToy-Conに使うのかが、絵と色でわかりやすくなっています。

またアルファベットでも表記されているので、わかりやすいです。

 

再帰性反射材シート

再帰性?
あまり聞きなれない言葉が使われています。
ただの反射材シールに見えるのですが、なにか違うのでしょうか。

こちらは3種類が1枚ずつ入っていました。

 

スポンジシートと、ひも(ブルー)

約52cmの青いひもが1本
そして3枚のスポンジシート

スポンジシートの裏はシールになっています。

 

ひも(オレンジ)

約216cmのオレンジのひもが1本

とても長いひもです。
なにに使うんで・・・あっ、釣り糸かな。

 

ハトメセット(グレー、ブルー)

グレーのハトメが1セット
ブルーのハトメが4セット

なお、グレーとブルーでは高さが違います。

 

輪ゴム(小)

同じ大きさの輪ゴム(小)が9個
9個の内3個は予備だそうです。

天然ゴムを使用。

 

輪ゴム(大)

同じ大きさの輪ゴム(大)が4個
4個の内2個は予備だそうです。

こちらも天然ゴムを使用。

 

対象年齢

外箱の側面書かれていた、対象年齢。

保護者と一緒に組み立てる場合は6歳~

1人で組み立てる場合は10歳~

と書かれていました。

 

組み立て時間の目安(10歳の場合)

こちらも外箱の側面に書かれていました。
表記の通り、記載します。

  • リモコンカー Toy-Con
    10分
     
  • つり Toy-Con
    90~150分
     
  • おうち Toy-Con
    120~180分
     
  • バイク Toy-Con
    90~150分
     
  • ピアノ Toy-Con
    150~210分
     
  • Toy-Con ガレージ
    アイデア次第!

結構時間がかかるものがありますね。
一番時間がかかりそうなのは「ピアノ Toy-Con」。
150分~210分ということは、2時間30分~3時間30分。
子どもの場合、途中で集中が途切れそうですね。

ちなみにこの時間の目安は、10歳の子どもが作った場合ですので、その通りにはならないと思います。
工作が得意、不得意も関係すると思います。

 

段ボールが壊れた。部品を失くした。

子ども、大人関係なく、作っている時や遊んでいる時にダンボールが壊れたり、部品を失くしたりすることがあると思います。
任天堂では、そういった時の対処法として、ダンボールシートだけ購入できたり、部品を購入できるようにしてくれています。

[18年4月23日追記]
ダンボールシートのPDFデータを無料で配布中です。
詳しくは下記にて。

 

ダンボールキットを買う

マイニンテンドーストアにて、ダンボールキットのみ18年4月26日から販売します。

こちらはダンボールシートや部品、ゲームソフト以外の全てがセットになった商品です。

バラエティキットは3,218円(税込)、
ロボットキット3,758円(税込)です。

下記のリンクから飛べます。

Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit(ダンボールキットのみ)

Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit(ダンボールキットのみ)

 

個別に買う

個別に買いたい場合は、任天堂公式HPのパーツ販売から購入できます。

ラインナップは以下の通りです。
また各リンクへ飛べます。

▼バラエティキット

 

▼ロボットキット

 

無料で手に入れる / PDFデータ活用術

[18年4月23日追記]
任天堂公式サイトにて、ダンボールシートのPDFデータを無料で配布中。

PDFデータはこちら
→ https://www.nintendo.co.jp/labo/parts/

これはとても嬉しいですが、ダンボールシートのサイズ(A3より大きい)で印刷するのは、家庭ではなかなか難しいと思います。

そこで、以下の方法を提案します。

  1. 家庭用プリンターで「A4」でプリントアウト(60%でコピー/自動的に60%縮小になっているかと)。
  2. 欲しい部品をハサミ等で切り取る。
  3. 「A3」サイズに対応しているコピー機(コンビニや本屋にある)でその部品を166%に拡大コピー。
    選択する用紙は部品サイズによるが、「B4」か「A3」に。
  4. 拡大コピーしたものを普通のダンボールに貼りつけて、切り抜き。

数ミリのズレは発生すると思いますが、だいたいはこれでいけるはず。

ちなみにPDFデータをダウンロードして、フォトショップで切り取りをしようと試みましたが、エラーになりました。
もしかすると、ロックがかかっていて、編集できないようになっているかもしれません。

 

マスキングテープ

Nintendo Laboと同時に発売された、マスキングテープ。

試しに1つ買ってみました。

 

外箱

意外にも小さく、外箱サイズは縦約6.8cm×横約9cm×奥行き約1.7cmです。

マスキングテープは幅15mmで、7mです。

 

このマスキングテープはLABOにも貼れますし、普段使いにも使用できます。
ただ、剥がれやすいので、荷物や手紙の「封」にマスキングテープは適しませんのでご注意を。

 

まとめ

さて、気になる「組み立て」ですが、私たちの長女(7)に組み立ててもらうことにしました。
1人で組み立てられる推奨年齢は10歳からですが、工作好きの長女。
1人で組み立てられるのかどうかや、実際にかかった時間などをひとつの参考になるよう、レビューしていきたいと思います。

お楽しみに。

関連記事はこちら
→ Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)予約開始! 最新動画をチェックしよう!
→ Nintendo Labo(ニンテンドーラボ) それは、Switch×工作で学び、楽しむ「新しいあそび」

初報の段階で、当ブログなりにニンテンドーラボについて思うことを書いた記事はこちらです
→ 「ニンテンドーラボ」への、期待と不安

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲーム情報, 特別企画
-, ,